iPad 活用方法!PCマウスも利用できるが使用しなくて問題ない

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadは、キーボードやマウス、USB Type-CハブといったPC周辺機器も利用する事ができるため、一通り揃えてパソコンのように使ってみたいと思う場合もあります。

Apple純正のキーボードケースを利用すれば簡単にノートPCのようなスタイルで入力作業が行えるようになるため、PCで便利なマウスも使った方が良いかも知れないと感じてしまいます。

でも、このように考えている場合は、実際の使い勝手の事を考慮してからでも遅くはありません。

今回の記事は『iPadは、PCで利用するマウスも利用できるタブレット端末だが、使用しなくて問題ない』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadはノートPC化する活用方法もある

iPadの場合は一般的なノートPCよりも高性能なCPUを搭載しているため、キーボードやマウスを利用する事で、ノートPC化を実現する事が出来ます。

iPadノートPC化

Apple純正のキーボードケースを利用する場合では、Smart Keyboard Folio や Magic Keyboard をiPad Air 及び iPad Pro にドッキングする事でノートPC化を実現する事ができます。

ノートPCのような利用方法になるため、入力を伴う作業にも利用できますし、趣味の用途も含めて、活用の幅が広がります。

その反面、キーボードやマウスを利用できるようになったとしても、パソコンの代用として使う事ができないため、一長一短があります。

結局のところ、自己満足という結果に終わってしまう場合もあるため、キーボードを利用する用途がどのぐらい有るのか?も含めて考慮が必要になります。

 

ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケース(iPad Air 4)レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 で入力を伴う作業を行うにはキーボードが必要になります。 幸いな事に iPad Air 4 には Smart Connector が搭載されているため、Apple純正の Smar...

 

iPadノートPC化のデメリット

iPad活用方法の1つとして、ノートPC化が有りますが、メリットが有るという事はデメリットも有るという事になります。

最大のデメリットは、ノートPCの代用として利用する事が出来ない事に尽きます。パソコンも必要になる展開となるため、何の為にキーボードを購入したのかな?といった感じになる場合もあります。

仕事に活用するにしても、キーボードを活かせるアプリも必要になるため、ちゃんと用意する事が出来るのか?も重要になります。

 

iPad日本語変換も関係あり

もう1つ重要な事があります。キーボード入力する場合ではローマ字入力が多いと思いますが、その場合に関係のある日本語変換になります。

残念ながらパソコンと同じように便利に利用できる日本語変換ではないため、慣れも必要になります。

 

スポンサーリンク

iPadでマウスを利用する場合の注意事項

iPadで利用できるマウスは、USB接続マウス 及び Bluetooth対応のマウスになりますが、これらのマウスを実際に利用する場合は注意事項があります。

Wi-Fiワイヤレスマウスを使う場合

USBレシーバーが必要になるWi-FiワイヤレスマウスをiPadで使う場合は、USB Type-Cハブが必要になります。

そのため、必然的に利用できる機種は、iPad Air 又は iPad Pro になるため、Lightning端子が搭載されているiPadでは利用できません。

因みに、USB Type-CハブにマウスのUSBレシーバーを接続すれば直ぐにでも利用できるようになるとは限りません。

何故なら、iPadの設定で AssistiveTouch のスイッチがONになっている必要があります。

 

ノートPC化してもiPadに過ぎない

iPadにキーボードやマウスを接続して利用できるようにした場合でも、パソコンの代わりとして利用する事は出来ません。

あくまでもパソコンのように利用する事ができるに過ぎないため、勘違いが発生しやすいです。お金を投資してノートPC化はしなくても問題ないと思います。

そのため、iPadでマウスを利用しなくても何ら問題ないです。どうしてもマウスを使いたい場合は、トラックパッド付キーボードを利用する選択の方が利便性が高いと考えます。

但し、Magic Keyboard や ロジクールFolio Touchを利用する場合は、iPad Air 又は iPad Pro が必要になります。

 

iPadでマウス利用できるが便利に使用できない

iPadでキーボードやマウスを利用した場合では、パソコンのように便利に使えるかも知れないと思ってしまいますが、そのように思うのは時期尚早になります。

iPadでマウスを利用しても便利ではない

iPadにUSB Type-Cハブを接続した上で、USBレシーバー付のWi-Fiワイヤレスマウスを利用した場合では、自宅のパソコンと同様の操作を行う事はできません。

パソコンでマウスを利用する場面は色々ありますが、ブラウザでネット閲覧する場合を想定すると仮定します。

ホームページにアクセスして画面下の項目を表示するにはマウスのスクロールボタンで下にスクロールさせますが、この時に不便に感じます。

何故か?と言うと、iPadでマウスのスクロールボタンを動作する場合では、スクロールする方向真逆になるため、操作性が悪いです。

慣れてしまえば問題ないかも知れませんが、毎日のようにPCでマウスを利用している状態で慣れるというのは至難の業だと思います。

 

マウスの右クリックメニュー

iPadでマウスを利用した場合では、スクロールボタンの操作性の他に右クリックメニューも厄介に感じます。

マウスで右クリックすると、メニューが表示されますが、PCと同じ動作が行えないため、マウスを使っても便利に感じません。

特に空のフォルダ作成や新規でファイルを作成するといった用途をPCでも普通に行っている場合は全くと言って良いほどマウスを利用する意味はないです。

因みに、iPadではフォルダ作成を行う場合は、アイコンを重ねてフォルダを作る方法になるため、空のフォルダは作れません。

 

iPadはマウスよりもトラックパッドが便利

iPadでマウスを使ってもパソコンのように便利に使えないので良い選択とは言えません。むしろ、トラックパッドの方が便利に使えると思います。

iPad ソフトソフト・キーボード

iPadのソフトウェア・キーボードにはトラックパッドの機能が搭載されています。任意の2本の指を画面上にタップして、上下左右に動かすと、トラックパッドのように利用する事が出来ます。

とは言え、キーボードを表示した状態での利用となるため、この機能を使ったからと言って便利に使えるとは限りません。

限定的な利用方法になってしまうのが実情になります。

 

トラックパッド(タッチパッド)

iPadでトラックパッドを利用したい場合ではApple純正の Magic Trackpad 2 が最適になります。但し、重量が231gあるため、ちょっと重たいです。

価格もApple純正品であるため、それ相応の価格になっているため、トラックパッドを利用する目的だけで購入するのは賢明の選択とは言い難いのが実情になります。

もし、購入したいのであれば、Amazon や 楽天市場で購入できる市販のタッチパッドの購入を検討した方が良いかも知れません。

 

トラックパッド付キーボード

Apple純正の Magic Trackpad 2の購入を検討するのであれば、トラックパッド付キーボードを購入する選択も有効な方法になります。

どっちが最適な選択なのか?は正直のところ、よく分かりませんが、少なくとも選択肢が他にもある状態になるため、色々と検討のしがいが有って良いと思います。

一見すると、トラックパッド付キーボードの方が良さそうに感じますが、iPadでキーボードの利用頻度はどのぐらい有るのでしょうか?

少なくともこの部分を考慮しないと、買ったは良いけど、実際にはそんなに利用していないという展開も十分に想定できます。