iPad 活用方法!WPS Office Writer 使い勝手

スポンサーリンク
iPad 活用 アプリ

 

皆さん こんにちは!

仕事や生活の用途への活用方法として、iPadを利用する場合もあります。この場合では、自宅のパソコンと同様にOfficeソフトを利用する場合もあります。

でも、Microsoft Office の場合は正規版になるため、価格もそれなりに高い事が影響して、なかなか手を出せなかったりします。

そのような場合に便利なのがOffice互換ソフトなのですが、iPadで利用できるのは WPS Office が該当します。

今回の記事は『iPadで利用できる Office互換ソフトの WPS Office Writer 実際の使い勝手』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

WPS Office for iOS をiPadで活用

iPadシリーズで利用する事ができるOffice互換アプリのWPS Office for iOS(iPad)についての紹介になります。

3つのアプリから構成される

① Writer
文書作成・編集・閲覧といった作業を行う場合に利用するMicoroSoft Word相当の文書作成アプリです。

 

② Spreadsheets
表計算の作成・編集・閲覧といった作業を行う場合に利用するMicoroSoft Excel相当の表計算アプリです。

 

③ Presentation
プレゼンテーションの作成・編集・閲覧といった作業を行う場合に利用するMicoroSoft PowerPoint相当のプレゼンテーションアプリです。

 

iPad 活用方法!WPS Office アプリの使用レビュー
皆さん こんにちは! iPadで利用するOfficeアプリと言えば、Microsoft Officeになりますが、有料での利用になるため、必ずしも最適な選択とは言い難いです。 この場合では、Office互換ソフトという選...

 

マルチライセンスも利用できる

Androidスマホ や iPhone 及び iPad でもWPS Office を利用する事が出来ます。iPadで利用する場合は、WPS Office for iOS を App Store からインストールします。

但し、Windows PC でもWPS Office を利用している場合に限り、マルチライセンス認証を利用する事ができます。

マルチライセンスは、Windows PCに加えて、モバイル端末(1台限定)でも WPS Office を利用できる特典になります。

 

スポンサーリンク

WPS Office for iOS Writer について

WPS Office for iOS Writer の場合は、Word相当の文書作成アプリのため、Office互換になりますが、全ての互換しているという訳ではないのが特徴になります。

外出先で編集や閲覧に向いている

WPS Office Writer では、新規で文書を作成する事ができますが、編集や閲覧といったといった用途で利用した方が逆に便利に使えると思います。

というのも、普通に利用するのは何ら問題ないのですが、変換方法が必ずしも自分にとって最適ではないからです。

文書作成においては、長い文章になる場合も多いため、日本語変換という部分は根幹に該当します。この事を考慮すると、新規作成はPCで行い、外出先にて必要に応じて編集や閲覧の用途で利用する活用方法が最適に感じます。

 

iPadの日本語変換との相性

iPadでWord相当の WPS Office Writer を利用して文章を作成する場合では、iPad日本語変換との相性も関係してきます。

日常生活において、普段からパソコンでWord 及び Word相当のOffice互換ソフトを利用している場合は、iPadで新規作成のパターンで文書を作ってはいけません。

文書を作っても良いのですが、日本語変換の違いも関係して、違和感を感じます。これで済めば良い方だと思います。

 

スポンサーリンク

WPS Office for iOS Writer iPad 使い勝手

ここでは、iPad版のWPS Office Writer についての実際の使い勝手についての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad WPS Office Writer イマイチな部分

英文字を入力する場合では、英数ボタンを押して入力しないとスムーズに入力できません。ローマ字入力を行って英数に変換も可能ですが、この場合では変換候補をいくつも表示になります。

流石にこんな事はやってられないので、効率性を優先する場合は英数ボタンを押して入力となる訳ですが、ココで1つイマイチさに気が付きます。

それは、英数ボタンを押して英文字を入力した場合と全角入力した場合では明らかに段差が発生しているような見え方になります。

 

ソフトウェア・キーボードでの入力は良くない

iPad でWriter を利用する場合では、ソフトウェア・キーボードを利用するのは賢明の選択ではないです。

何故か?と言うと、画面上にキーボードを表示すると、画面のほぼ6割以上がキーボードになってしまうので、前後の文章を確認したい場合に困ります。

一切何も確認しなくて良いという場合は別に気にする必要もありませんが、文章作成の用途でそれは有り得ないため、WPS Office Writer をiPadで使う場合は、キーボードケースをドッキングさせて利用した方が良いと思います。

 

iPadでの使い勝手 及び 評価

WPS Office Writer の入力についての評価になりますが、新規作成の用途で使う場合は、評価はガタ落ちと言った方が正解になります。

その理由としては、iPadの日本語変換が良くないからです。でも、この部分はWPS Office Writerが悪いという訳ではないです。

iPadの日本語変換がイマイチだから、結果として、Writerの評価も下がってしまうだけです。逆にこの部分さえ、どうにか?する事が出来れば意外と使えるのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

iPad活用方法としてWriterの利用について

ここでは、iPad活用方法としてWPS Office Writer を利用する方法はどうなのか?についての内容になります。

iPad活用方法として使うのは良くない

文書を新規で作成しない用途に特化する活用方法の場合は、iPad活用方法として十分に検討しても良いと思います。

その反面、そうでない場合は、大変申し訳ございませんが、iPadで利用する使い方は諦めた方が賢明の選択になります。

操作性も含めて、Windows PC で利用した方が圧倒的に便利に感じるので、iPadの活用で困っているからといった感じの利用方法は得策ではありません。

 

外出先で編集や閲覧に向いている

iPadを仕事で利用する活用方法もありますが、このような場合では、簡単な編集目的で使うのであれば問題ありません。

ガッツリ文章を編集するといった目的での利用には向いていません。特にキーボードの使い勝手も考慮した方が良いです。

外付キーボードを利用する場合では、iPadとパソコンとではキー配列が異なる場合も多いため、使いので利用するキーボードに自分が慣れているのか?という問題が発生します。

この事を考慮すると、使い慣れているキーボードを持参するのが賢明の選択になります。