iPad 活用方法!WPS Office アプリの使用レビュー

スポンサーリンク
iPad 活用 アプリ

 

皆さん こんにちは!

iPadで利用するOfficeアプリと言えば、Microsoft Officeになりますが、有料での利用になるため、必ずしも最適な選択とは言い難いです。

この場合では、Office互換ソフトという選択肢も考慮する必要があります。色々な事情で正規版Officeを利用できない場合も当然のようにあるため、互換ソフトも要検討して良いと思います。

それならばiPadで利用できる互換ソフトは何があるのか?と言うと、キングソフトのWPS Office という選択も可能です。

今回の記事は『iPadで利用できるWPS Officeの活用も含めての使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで活用する WPS Office for iOS

Windows PC用 Office互換ソフト WPS Office 2 のモバイル版アプリである WPS Office for iOS についての紹介になります。

WPS Office 利用環境

Windows PC 及び iPad Air 4、iPad mini 5 を所持していますが、どれも現役で用途別に使い分けています。

Windows PCでは正規版Officeではなく、WPS Office 2を購入してインストール 及び 利用している関係で、モバイル版WPS Officeも利用できる状態になります。

当初は、通勤に持参している iPad mini 5 にモバイル版WPS Officeを入れる予定だったのですが、色々な事情で入れなくて、iPad Air 4 にインストールして使っています。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー!使い勝手&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad Air 4 及び Smart Folio を購入して1ヶ月が経過しましたが、流石にiPad mini とは違って画面も大きくて使いやすいと感じます。 iPad mini 5も所持しているの...

 

WPS Office for iOS の内容紹介

① WPS Office Writer
文書作成・編集・閲覧といった作業を行う場合に利用するMicoroSoft Word相当の文書作成アプリです。

 

② WPS Office Spreadsheets
表計算の作成・編集・閲覧といった作業を行う場合に利用するMicoroSoft Excel相当の表計算アプリです。

 

③ WPS Office Presentation
プレゼンテーションの作成・編集・閲覧といった作業を行う場合に利用するMicoroSoft PowerPoint相当のプレゼンテーションアプリです。

 

WPS Office for iOSは Office互換

iPad用のモバイル版アプリですが、Officeとの互換性があるため、Word・Excel・PowerPointの各ファイルを開いて編集及び閲覧する事ができます。

但し、ここで注意があります。確かに互換ソフトなのでOfficeファイルの編集も可能ですが、何から何まで同じという訳ではないため、完全に互換性が保たれているという訳ではないです。

また、操作方法も同じではないため、いつもと同じように使えば大丈夫という訳ではありません。

 

スポンサーリンク

WPS Office for iOS マルチライセンス認証方法

WPS Office for iOS を利用する場合では、マルチライセンスを利用した方が便利に使えます。Windows PC版のシリアル番号を利用できるため、有効活用に繋がります。

マルチライセンス認証を行う場合

① ORコードを発行
キングソフトWPS Officeのホームページを開いて、マルチライセンス認証のページにアクセスします。マルチ認証のORコードを発行します。

 

② 必要になる物
Windows PCのシリアル番号

 

③ iPadでの作業
マルチライセンス認証QRコードを発行したら、iPadでWPS Office for iOS を開いて、QRコードを読み込みます。

 

マルチライセンスの補足

① 一部の機能
一部の機能を利用するには、モバイル版のWPS Officeを購入する必要が発生しますが、外出先でiPadで閲覧・編集する程度の利用ならば購入する必要はありません。

 

② 広告非表示
マルチライセンス認証を行った場合では、広告非表示にて利用できます。広告が表示されている場合では、間違って開いてしまう場合もあるため、非表示の方が便利に使えます。

 

③ マルチデバイス
マルチライセンスで利用できるデバイスは、Windows PC + Android端末 又は Windows PC + iPhone 及び iPad

 

スポンサーリンク

iPad活用 WPS Office for iOS 使用レビュー

iPad Air 4 に、ロジクールFolio Touchをドッキングして使っている WPS Office for iOS の使用レビューになります。気になった事や感じた感想になるので参考になるのか?分かりません。

Spreadsheetsの操作性がイマイチ

表計算のSpreadsheetsをよく利用していますが、操作性が良くないと感じます。特にセル範囲の指定は操作が異なるので違和感を感じます。

使い慣れれば違和感もなくなるので多少は改善すると思いますが、慣れるまでに時間を要すると逆に使い勝手に影響が出て来ると思います。

そのため、暇さえあればSpreadsheetsを使って操作に慣れる努力もしています。何だかんだ言っても使いこなす事が出来れば、仕事にも役立てる事が可能になるため、それなりに努力も必要になります。

 

編集作業の用途が最適に感じる

操作性の事を考慮すると、新規作成で新たにOfficeファイルを作るのは得策ではありません。iPadで少しでも便利に使うのであれば、編集 及び 閲覧の用途で活用するのが賢明の選択になります。

だからといって、ガッツリ編集の用途も不向きに感じます。あくまでも、外出先でちょこっとデータを編集する用途が丁度よいとと思います。

又は、学習の用途での利用が最適に舵ます。

 

iPadでの評価 及び 使用レビュー

操作性に関して言えば、圧倒的にWindows PC版の方が使いやすいです。このイメージの状態でiPad版を利用すると、大きなギャップを感じると思います。

さらに、この状態を引きずると、使い勝手が悪いじゃん!やっぱり、正規版Officeを購入した方が良いかも知れない!という疑心暗鬼に陥ります。

可能ならば、正規版Officeを利用した方が良いと思います。でも、色々な事情でそれが出来ないから、WPS Office を使っている訳なので、我慢するしかありません。

それに操作方法に慣れてしまえば、そんなに苦に感じるという訳ではないため、割り切ってしまえば普通に使えます。

 

iPad WPS Office 実際のデータ入力作業

WPS Office for iOS を iPad で利用する場合ではソフトウェア・キーボード 又は Smart Keyboard や Magic Keyboard などのキーボードケースを利用する事になります。

自分にとって最適に感じる組み合わせの選択

WPS Office for iPad は Windows PC版と比べると操作性がイマイチに感じるため、必ずしも最適な選択とは言い難いです。

でも、iPadで利用しているキーボードが自分にとって最適に感じる物なのか?も関係あると考えます。仮に、最適なキーボードだった場合では全てではないですけど、もうちょっと評価は高くなると予測します。

少なくとも操作性というのは、「アプリ」、「キーボード」、「日本語変換」が関係してくるため、全てアプリが悪いとは言い切れません。

そのため、自分にとって最適に感じる組み合わせは何なのか?も考慮した方が良いです。

 

作業の効率化への鍵はキーボード

筆者の場合は、Windows ノートPCをメインで利用しているため、ノートPCのキーボードに慣れている状態になります。

iPad Air にロジクールFolio Touchをドッキングして、WPS Officeを使う用途では、いつもキーボードを見ながら入力しています。

Windows PCとロジクールFolio Touchのキー配列が異なるため、見ながら入力しないと入力間違いが発生するからです。

そのため、効率的に作業を行う場合では、iPadで使っているキーボードに使い慣れる事も必要になります。