iPad 活用方法!planner for ipad使用レビュー

iPad 活用 アプリ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadでスケジュール管理を行う場合ではカレンダーアプリを利用すると思います。

iPad標準インストールされているカレンダーでも十分なのですが、プライベートだけでなく仕事にも活用する場合では物足りなさを感じます。

長く継続的に利用するのであれば、自分にとって最適に感じるアプリで管理した方がストレスも発生しませんし、ベストな選択になります。

今回の記事は『iPad スケジュール管理アプリである planner for ipad の使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadでスケジュール管理する場合

iPadには標準でカレンダーアプリがインストールされているので、通常であればカレンダーを利用して管理すれば大丈夫だと思います。

標準のカレンダーアプリ

iPadには標準でカレンダーアプリがインストールされていますが、日付を跨いで矢印を書き込む事が出来ないため、不便に感じます。

カレンダーにイベントを書き込む場合は、キーボード入力になるため、素早く予定をチェックして書き込みした場合は不便に感じます。

そのため、仕事のスケジュールには利用しないで、主にプライベート専用での利用になっている場合が多いです。

https://ipad-use.com/entry/ipad-use-tips-47/post-434/

 

Planner for iPad アプリ

スケジュール管理アプリの Planner for iPad という手書きできるアプリを利用する方法もあります。

このアプリは無料で利用できるアプリにも関わらず、仕事用途にも十分に対応できるスケジュール管理アプリになります。

仕事にも便利に利用したい場合は有料アプリを購入した方が最適に感じるパターンが多いのですが、一般的な利用の範囲内であれば無料で使えます。

但し、全ての機能が無料という訳ではなく、あくまでも一般的な利用に限ります。それでも、十分に満足できるため、とても重宝しています。

 

メモ帳

iPad標準のメモアプリも利用する場合があります。特にApple Pencilでタッチするとメモアプリが起動するため、素早くメモを取りたい場合に便利に使えます。

特にロック画面で Touch ID 認証しなくてもメモを書き込めるので重宝します。

 

スポンサーリンク

iPad活用方法としてのPlanner for iPad

ここでは、Planner for iPad を実際にどのような用途で活用しているのか?についての内容になります。基本的には手書きスケジュール管理ですが、それ以外の用途にも使っています。

基本的には仕事のスケジュール管理

筆者の場合は、スケジュール表には、日付を跨いで矢印を記入したりする場合も意外と多く行っているため、この用途に利用する事が多いです。

進捗状況も含めて書き込めるので、便利に使っています。厳密に言えば、このアプリで全てを管理している訳ではありません。

あくまでも手書きなので下書きの用途での利用となります。何処に清書しているのか?と言うと、Google カレンダーになります。

 

書いて覚える学習に活用

Planner for iPad 手書きスケジュール管理アプリですけど、学習用途にも活用しています。個人的な趣味で中国語(台湾華語)を学習しているため、単語を書いて覚える学習の用途での利用となります。

筆者の場合は昔から、単語を覚える場合では、とにかく書いて覚えるような勉強法を行っている手前、この用途に活用できるのは助かります。

但し、書いて覚える勉強活用の場合は、iPad mini では全くではないのですが、役に立たないため、11インチサイズのiPad Air で使っています。

実際には11インチでも小さいな~と感じています。この用途でiPadを活用する場合は12.9インチiPad Pro が最適に感じます。

 

基本的には2つの用途で活用

他の用途も探してみたのですが、どれも上手く活用できなかった事もあり、基本的には仕事のスケジュール管理 及び 手書き学習の用途での活用となります。

何でも活用すれば便利に使えるという訳でもないため、向き・不向きを考慮すると、現実的にはこの2つしかないかな?といった感じです。

 

Planner for iPad 使用レビュー

iPadで Planner for iPad を実際に利用した場合の使用レビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

イマイチに感じる部分

どんなに便利で最適に感じるアプリだったとしても、何かしらの不満に感じる部分は有ると思います。

このアプリのイマイチに感じる部分は、Split View で2画面に分割した場合になります。上下に大きな余白が出来てしまうので、2画面表示での利用方法には不向きです。

フル活用したい場合は、必ず全画面にて使用が最適な選択になります。

 

Apple Pencilで手書き

Apple Pencilで手書きできるので便利に感じていますが、その中でも手書きなので日付を跨いで書き込めるのが良いと思います。

カレンダーアプリだと、日付を跨いで矢印を書き込むといった作業ができないため、これを実現できるPlanner for iPadはこの用途には最適に感じます。

さらには、Apple Pencilのダブルタップによるツール切り替えにも対応しているため、記入を間違えてもスムーズに消しゴムに切り替えられるため、効率的に記入できます。

 

実際の使い勝手

無料で利用する場合では2つのテーマ(背景画面)が利用できるのですが、どっちもどっちかな?といった感じになります。

ホワイト」及び「ブラック」なので、どうなんだろう?というのが率直な感想になります。この2色しか選択できないのは微妙に感じます。

とはいえ、無料で利用できるので仕方ない部分になります。これで満足できない場合は必要に応じて購入するのが最適です。

 

Planner for iPad メリット&デメリット

ここでは、Planner for iPad の一長一短についての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

デメリット

イマイチに感じる部分にも記載しましたが、Planner for iPad は2画面に分割する Split View で利用しようとすると、とても不快に感じる表示になるため、便利に使えません。

特に「何かをしながら何かをする」といった用途でSplit Viewが利用される場合が多いため、マルチタスクには上手く対応できない部分。

 

メリット

メリットを挙げるとすれば、手書きできるスケジュール管理アプリという部分だけなので、特に無いのでは?と感じています。

これといってズバ抜けてメリットに感じている部分が無いのにも関わらず継続的に利用できる不思議な魅力を兼ね備えているアプリ。

おそらく、この不思議な魅力がメリットかも知れません。

 

よく利用している機能

Planner for iPad の機能でよく利用しているのはスタンプになります。印鑑のような感覚でポンポン押せるのが便利なのですが・・・一長一短もあります。

確かにスタンプはよく利用していますが、カラーがイマイチだったりします。自分の好みに合った色を指定したい場合には不向きかも知れません。