iPad 活用方法!スマートウォッチ活動量計を連携して使う方法

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

毎日の日常生活を行う上で、定期的な運動や睡眠も含めて管理できる素晴らしいガジェットがスマートスウォッチになりますが、スマホと連携となります。

Apple製品には、Apple Watchシリーズもありますが、残念ながらiPadでは現状のところ、連携できないです。今後どうなるのか?は分かりませんが、今後に期待といった感じです。

それならば、iPadではスマートウォッチが利用できないのか?と言うと、そうでもありません。利用できる場合もあります。

今回の記事は『iPadとスマートウォッチ(活動量計)を連携して使う活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad対応スマートウォッチなら利用できる

Apple Watch も含めてスマートウォッチは基本的にスマホとペアリングして利用するガジェットになるため、iPadでは利用できない場合が多いです。

iPadでもペアリングできる機種もある

Bluetooth連携できるスマートウォッチの特徴としては、専用アプリが必須になります。この専用アプリでスマートウォッチとのペアリング設定が行われます。

つまり、iPadで専用アプリが利用できる場合も有るため、結果としてiPadでも利用できる場合があります。

だからと言って全てのスマートウォッチが、iPadに対応しているという訳でもないため、購入する場合は、iPadでも利用できるのか?確認した上で購入する事が求められます。

この確認作業を怠ってしまうと、買って後悔する羽目に陥ります。そういう失敗はくれぐれもしないように注意が必要になります。

 

iPad連携のメリット&デメリット

① デメリット
iPadとスマートウォッチを連携する場合のデメリットは、iPadも含めてタブレット端末で利用できない場合が多い事に尽きます。購入してもiPadで利用できなかったでは問題外です。

 

② メリット
iPadの活用方法の1つとして利用できるため、継続的な活用に繋がります。iPadの場合では、スマホとPCに用途が被ってしまう場合が多いので活用に悩む場合があります。

 

スポンサーリンク

iPadとスマートウォッチの組み合わせ

iPadの活用を考慮した場合では、毎日の健康生活の用途で活用するのも1つの方法になります。その為にはスマートウォッチとの連携が必要になる場合があります。

スマホと連携するデメリット

実はスマホと連携した場合ではデメリットがあります。スマートウォッチが高機能であれば有るほど、スマホのバッテリーがよく消費します。

よく通信しているのか?その辺の事情はよく分かりませんが、素晴らしいと思えるぐらいにバッテリーの持ちが悪くなります。

これでは流石にちょっと困る展開が訪れるため、それならば iPad活用方法の1つとして、iPad連携も視野に入れたくなってしまうのである。

 

iPadと連携活用

スマートウォッチを iPadと連携した場合では、どうなのか?と言うと、基本的にはスマホと同様にバッテリー消費は多くなります。バッテリー容量が大きいため、スマホのように気になるレベルではありません。

それに、スマホよりも大きな画面で毎日の活動量の確認が行えるため、見やすいですし、操作性も問題ありません。

iPad活用を考慮すると、スマートウォッチと連携する事で、毎日の健康管理も含めて活用の幅が広がるため、十分に魅力的に感じます。

 

iPadとスマートウォッチを連携して使う活用方法

iPadでスマートウォッチ(活動量計)を利用したい場合では、購入する方法が異なります。これを間違えてしまうと、買ったは良いけどiPadでは利用できなかった!という結果を招きます。

スマートウォッチを購入する場合

ネット通販でスマートウォッチを購入する場合では、普通は商品ページを確認したりして、これは!と思った物を注文すると思います。

この時に確認する事項としては、iPadに対応しているのか?が重要になります。でも、iPadの場合はiPhoneアプリも利用できます。

だから、何も気にしないでiPhoneに対応しているから、iPadでも利用できると勘違いをしてしまう場合が多いです。

実は、iPhoneに対応していても、iPadには対応していない場合も実際にあるため、通常パターンによる購入は良くないです。

 

iPadに対応しているスマートウォッチを選択

iPhoneに対応していてもiPadでは利用できないのであれば、どのように選べば良いのか?という事になりますが、通常の購入パターンとは異なる方法を選択する必要があります。

商品ページにはスマートウォッチの仕様も含めて詳細な記述が記載されている商品を選択します。逆に仕様等が簡素な場合は選択してはいけません。

スマートウォッチには専用アプリが有るため、どんなアプリ名称を確認した上で、メモを取ります。

 

iPadのApp Store でアプリ検索

① アプリ検索
購入したいスマートウォッチ専用アプリをiPadのApp Storeから検索してインストールできるのか?を確認します。この段階で表示されなかったら、iPadにはアプリが対応していないため、利用できません。

 

② インストール
アプリが表示されたら、利用できる可能性が高いです。実際にiPadにインストールして初期設定を済ませます。スマートウォッチの登録は行なえませんが、それ以外の項目はセットする事が出来ます。

ここまで無事に終える事が出来たら、iPadで利用できます。

 

アプリ動作確認後に購入

iPadにアプリをインストールして使う事が出来たのを確認する事が出来たら、やっとそのスマートウォッチは購入しても良いです。

他の商品も見たい場合では、同様の方法でアプリの動作確認を行ってから購入して下さい。

 

iPad連携活用できるスマートウォッチT98活動量計のレビュー!体温・血中酸素測定
皆さん こんにちは! スマートウォッチの場合はスマホと連携して利用するのが一般的ですが、テレワークの場合では通勤しないのでスマホと連携しなくても良い事に気が付きます。 このような場合では、iPadなどのタブレット端末とペ...

 

iPhone対応でもiPadで利用できない場合もある

iPadと連携する目的でF18スマートウォッチを購入したのですが、iPhoneに対応しているから問題ないと勘違いしたお陰もあり、iPadで利用できなくて大いにガックリな気分になりました。

大きな落とし穴

iPadとスマートウォッチを連携する場合では、Bluetooth接続による連携となるため、iPadとスマートウォッチがペアリングできれば基本的に問題ありません。

このように考えてしまうと、大きな落とし穴が待ち構えています。何故か?と言うと、スマートウォッチはスマホと連携するガジェットだからです。

実際にスマホと連携するには専用アプリを介する事になるため、重要になるのはスマートウォッチと連携できる専用アプリとなります。

専用アプリがiPadに対応していないと、ペアリング設定が行えません。この事にどの段階で気が付くのか?が運命の分かれ道という訳である。

 

買う順番を間違えた事に気が付く

筆者の場合は見事に、大きな落とし穴に落ちてしまいまして、iPadと連携する目的でF18スマートウォッチを購入したのにも関わらず、Androidスマホとペアリングする羽目になりました。

幸いな事にAndroidスマホでペアリングしたので、そんなに後悔はしていませんが、ガックリ感はハンパないです。

この時に、買う順番を間違えた事に気が付きました。ハッキリ言って、自分で言うのもなんですが遅すぎると思います。