iPad 活用方法!Youtube動画視聴やネット閲覧・メールが最適

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを購入してもスマホやPCと用途が被ってしまう場合が多いため、買ったは良いけどそんなに使っていないというまさか?の展開も有ると思います。

仮にこのような展開になってしまっている場合は何の目的で購入したのか?意味が不明になりますし、お金が勿体ないです。

購入する前にどんな用途で使うのか?よく検討を重ねた上で購入しないといけません。とは言うものの既に購入してしまっている状態なので、パソコンで行っている用途から一部を移行する利用方法をオススメ致します。

今回の記事は『iPadの活用を考えた場合では、Youtube動画視聴やネット閲覧、メールも含めてインターネット用途に利用するのが最適』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadはスマホ 及び PCと用途が被りやすい

iPadも含めてタブレット端末の場合は、スマホとPCの中間的なポジションに該当する場合が多いです。中間的という立場の場合では、どっちの用途にも補完しやすいです。

スマホとPCに用途が被る

用途が被ってしまうと、残念ながら統廃合を行う傾向が高くなるため、必然的に利用頻度が高い方に集中する傾向があります。

この場合では、スマホとPCに2極化する可能性が高くなるので、用途的に被りやすいタブレット端末は役割が減少しやすいです。

役割が減ってしまうとメインの用途での利用も減る事を意味するため、必然的にサブの用途での活用方法という役割になってしまう訳です。

 

両方の用途に補完できる

iPadは、PCとスマホの両方に補完できる立場になるため、必然的に利用方法がサブの用途になりやすいのも特徴の1つです。

サブの用途だとメインでは利用しない事を意味するため、どうなんでしょう?と思うのは気のせいでしょうか?

それなりに高い金額を投資している訳なので、サブの用途で使う目的で購入するのは勿体ないと思います。補完できるからといって、サブではなく、メインで利用できる用途での使い道を模索した方が良いです。

 

スポンサーリンク

PCで利用している用途をiPadに移管する活用方法

iPadの場合は、大変困る事に、PCとスマホの両方に用途が被ってしまう場合が多いです。そのため、両方から用途を逆に奪う必要も発生します。

スマホよりPCから用途を移管するのが賢明

スマホから用途をiPadに移管する場合だと、移管できる用途はゲームの1択になってしまうため、良くないと思います。

何故か?と言うと、大画面でプレイできるため、ゲームにハマってしまう可能性が大きいです。そうなると、PCから用途を移管した方がiPad的に良いのではないか?と考えます。

先ずは、どの用途ならばiPadに移管できるのか?検討する事から始めるのが良いです。

 

スマホゲームをiPadに移管するのは一長一短

iPad活用を考えた場合では、スマホゲームをiPadでプレイも選択肢の1つになりますが、これは正直のところ、一長一短があります。

スマホのバッテリー対策に繋がるのでメリットは確かにありますが、ゲームに特化する活用方法は勿体ないと思います。

iPad mini であれば、ゲームマシンに活用でも良いのですが、11インチサイズの場合は流石に微妙に感じます。

 

得意分野を活かす事も必要

PCからiPadに用途を移す場合では、iPadの得意分野に適合した用途でないと意味がありません。不得意な分野を押し付けても結果が目に見えています。

iPadは何が得意なんだろうか?という部分にスポットライトを当ててみて考える必要があります。

 

iPadでは、動画視聴、ネット、メール用途が丁度良い

iPadの得意分野を活かすのであれば、デザイン系が真っ先に思い浮かぶと思いますが、ネット利用も1つの方法だと感じます。

丁度良い理由

① 自宅
自宅でiPadを利用する場合では、自分の部屋という狭い空間に特化して利用しなくても、持ち運び性が良いので、台所やリビングといった場所でも利用できます。

自宅にWi-Fiが整備されていれば、何処にいてもネット利用ができるため、動画視聴やネット閲覧の用途には丁度良いガジェットになります。

 

② 外出先
外出先に持参する場合もあります。iPadを仕事に活用している場合も有るため、このような場合は通勤用バッグに収納して持参となります。

ノートPCを持参するまでも無い場合(メール確認等も含む)も実際に有るため、このような場合はiPadが有ると重宝します。

 

インターネット閲覧はPCでなくても問題ない

インターネットでページ閲覧動画視聴メールチェックといった用途は、ハッキリ言って、PCでなくても問題ありません。

この用途であればスマホでも十分だったりします。このようなスマホでもPCでも十分な用途の中で、実際にPCで行っている作業は、iPadに移管しても良いと思います。

とはいえ、効率性の観点から考慮すると、わざわざ用途を分けるのはどうかな?となります。そのため、それでも全然問題ないよ!という場合に用途を分けた方が賢明の選択です。

 

メールチェック 及び メール作成

メールチェックの用途はスマホで十分ですが、返信 及び 作成して送信といった場合では、残念ながらスマホだけで十分という訳にはいかない場合があります。

短文の返信や送信といった場合ではスマホで十分ですが、長文といった場合ではPCの方が便利です。そのため、この用途はiPadで対応するのが最適に感じます。

 

iPad 活用方法!キーボードやマウスを利用しても便利に使えない
皆さん こんにちは! iPadシリーズは、PC周辺機器のキーボードやマウス、USBハブ等を接続して利用する事が出来るため、ノートPCのように使えるという魅力を持っています。 この特徴を上手く活用する事で、入力を伴う作業に...

 

iPadの現実的な活用方法はインターネット用途

iPadの活用を考慮した場合では、特性を活かせるのか?も重要になります。それでいて、継続的な用途があるのか?という部分。そうなるとインターネット用途が良いのではないか?という結論に到達します。

現実的なiPad活用方法

iPad活用を考慮した場合では、スマホの小さな画面では満足できない用途 及び 別にPCで利用しなくても問題ない作業という物が何かしら有ると思います。

これは毎日の日常生活をどのように過ごしているのか?個人差が有るため、自分で見つけるしかありません。

その上で、現実的なiPad活用を考慮すると、自宅で使うのであれば、インターネットに接続できて、PCが設置されていない部屋で活用が最適なのではないか?というのが個人的な見解になります。

PCが無い部屋でインターネットを利用したいといった場合に便利なガジェットだと感じます。

 

iPad仕事活用は職種によっても異なる

次に仕事に活用という方法も有りますけど、仕事活用する事が出来るのか?は職種によっても異なると考えます。

自分の仕事がiPadを必要としているのか?という部分が重要になります。別に必要性を感じていないのにiPadを使っても効率的ではないと思います。

 

iPadノートPC化

最後に、iPadにキーボードケースを装着してドッキングさせると、正にノートPCといった感じになりますが、これも正直な話、一長一短があります。

本当に自分はキーボードケースを必要としているのか?はよく考慮した方が良いです。頻繁にキーボードを使って入力する機会が有るのか?という部分は真面目な話、よく検討すべきです。

買ったは良いけど、実際にはそんなに使っていないという場合も有るため、自己満足で終わらないように心掛けた方が賢明です。