iPad 活用方法!キーボード入力をしない利用方法が便利に使える

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadを毎日のように使っている場合では、どんな用途に使っているのか?ほぼ固定化されていると思います。

仮にこの場合では、黄金の活用パターンになっているため、あまりそれ以外の用途では利用しなくなる場合が多いです。

その結果として、iPad購入時に一緒に買った周辺機器やアクセサリーだったとしても利用する機会が必然的に少なくなってしまいます。

今回の記事は『iPadは、キーボード入力をしない利用方法がが便利に使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadはどのような用途に利用しているのか?

iPadを毎日どのように使っているのか?については各々異なると思います。こればっかりは好みや考え方が異なるので皆さん同じではありません。

生活用途に活用

生活用途と言っても範囲がとても広いため、具体的にどんな用途にiPadが向いているのか?幅が広すぎて逆に困ってしまいますが、趣味も含めて考えれば色々と見つかるものです。

その中でも有効に感じる用途は読書活用。趣味が読書の場合では、電子書籍サービスを利用すればiPadを便利に活用する事ができます。

また、iPad mini であれば、サイズも小さいですし、軽量なので通勤にも持参できます。

 

ネット閲覧や動画視聴

現実的に一番有用なのではないか?と考えられる活用方法が、インターネット関連の用途に利用する方法になります。

毎日の日常生活では自宅のPCでネット利用している場合が多いため、ネット閲覧や動画視聴といった用途だけiPadに移管して使うのが最適に感じます。

それにこの用途であれば、料理の合間の時間にレシピを閲覧するといった用途にも使えるため、生活に密着できる使い方になります。

 

勉強用途に活用

iPadは勉強用途にも向いているガジェットになるため、この用途で利用できます。特に電子書籍サービスを利用する事で、参考書を見ながらノート記入といった使い方も可能です。

とはいえ、2画面分割での用途で勉強利用する場合は、12.9インチサイズのiPad Proが最適に感じます。

ディスプレイサイズが小さいiPadだと、2画面表示にするとノート記入が便利に行なえません。

 

スポンサーリンク

iPadと同時購入のキーボードケースの使い道

iPad Air と同時購入したロジクールFolio Touchになりますが、実際にはそんなに利用頻度がないように感じます。

Smart Keyboard Folio や Magic Keyboard

iPadシリーズを購入する場合では、必ずではないのですが、Apple純正のSmart Keyboard FolioMagic Keyboard を購入する場合が多いです。

どうして購入するのか?は購入者の判断に委ねられるため、特に異論はないのですが、購入時点では、実際の利用頻度の事は何も考慮していない場合が多いです。

Apple純正のキーボードケースの有無が重要になっている感じなので、上手く表現できませんがステータス的な感じに近いのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

iPadと同時購入の周辺機器アクセサリーの利用

iPadシリーズを購入する場合では、iPadと連携して利用すると便利に感じる周辺機器アクセサリーを一通り揃えてしまう感じになる場合が多いです。

買うのは全然構わないのですが、欲しいが先行している状態になるため、思い留まるという判断が疎かになります。

実際の利用頻度の事を考慮して買わないと買ったは良いけど、あまり使っていない感じなのでは?と思う展開も珍しくありません。

 

iPadキーボードの使い勝手

例えば、キーボードケースを同時購入したと仮定して、話を進めますが、この場合では、iPadをノートPCのように利用できるようになります。

でも、トラックパッド付キーボードケースをiPadに装着してドッキングしたからといって、ノートPCの代用として利用できる訳ではありません。

それに入力を伴う作業では、メールなどの入力程度なら何も問題ありませんが、それよりも長い文章の入力には不向きに感じます。

残念ながら、仕事やプライベートの用途だったとしてもノートPCも必要になるのが実情になります。あくまでも筆者の場合だけかも知れないため、一概には何とも言えないと思います。

 

スポンサーリンク

iPadはキーボードよりApple Pencilと連携活用

iPadにキーボードを接続すればノートPCのような利用方法も行えるようになりますが、それでも実際には利用頻度は多いとは言えません。

キーボードは利用頻度が少ない

どうして利用頻度が多くないのか?と言うと、既に同じ用途で利用できるパソコンが自宅に有るからです。PCは成人していれば、1人1台と言っても過言ではないと思います。

この状態でiPad 及び キーボードケースを利用しても何だかんだ言ってもPCの方が残念ながら使い勝手が良いです。

iPadは外出先に持参する用途には便利に感じますが、外出 及び 通勤に持参しなければ、PCの方がよく利用すると思います。

その結果、キーボードケースも余計にあまり使わないパターンになるのである。

 

実際の利用頻度はApple Pencilが多い

iPadを自宅で利用する場合では、Apple Pencil と連携する使い方が多いです。キーボードケースにドッキングしなくても利用できるのが便利です。

特にフローティング・キーボードを利用する事で、Apple Pencilでも簡単なキーボード入力が行えるのも魅力的に感じます。

さらには、手書きスケジュール管理も行えますし、手書きノート利用も出来るため、応用性も含めて対応できます。

 

ペン先の摩耗が気になる

iPadApple Pencilと連携する場合では、唯一の気掛かりな点が1つだけあります。それはペン先の摩耗になります。

Apple Pencilの利用が増えるに連れて、ペン先の摩耗も気になって来るのである。というのも、ペン先も消耗品なので交換も必要になります。

仮に毎日のように利用している場合では3~6ヶ月の何処か?でペン先の交換を行う事になると思います。

 

Apple Pencil 使い方!ペン先は消耗&摩耗するので交換も必要
皆さん こんにちは! iPadを購入する時に、Apple Pencil も購入すると思います。勿論、Apple Pencil は買わないでiPad対応タッチペンを選択する場合もあります。 Apple Pencil を頻繁...

 

iPadキーボード連携より他の活用方法で使う

ここでは結論的な内容の紹介になります。キーボードケースは色々と魅力的に感じますが、購入するのであれば、実際の利用頻度の事もよく考えた方が良いです。

実際によく使うのはApple Pencil

あくまでも筆者の場合になりますが、キーボードケースのロジクールFolio Touchよりも、圧倒的にApple Pencil 2 をよく使っています。

どうしてこんな結果になってしまっているのか?と言うと、購入時に実際の利用頻度を想定に含めないで買ってしまったのが一因になります。

これがあれば、Microsoft Surface Pro のように使えるので便利に感じるというイメージが先行しいてしまったので、自分にとって都合の悪い部分は頭の中から消えてしまったのである。

実際のキーボード利用はメール用途 及び Office や OneNote といったアプリを使う程度なので、そんなに多く使っていないのが実情になります。

 

iPadはキーボード連携しない活用方法が最適

キーボードケースが有ると便利に使えるという事で購入してしまうと、実際にはあまり使っていないという結果を招く可能性が高いので、キーボード連携しない活用方法を模索した方が賢明の選択になります。

つまり、Apple Pencil と連携する活用方法で見出す必要があります。どの年代でも勉強や学習は行いますから、この用途でもApple Pencilは便利に利用できるため、検討しても良いのでは?と思います。