iPad 活用方法!キーボードやマウスを利用しても便利に使えない

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズは、PC周辺機器のキーボードやマウス、USBハブ等を接続して利用する事が出来るため、ノートPCのように使えるという魅力を持っています。

この特徴を上手く活用する事で、入力を伴う作業にも利用できます。その結果、活用の幅も広がり、今までとは違った用途での使い方も可能になります。

とはいえ、残念ながらiPadにキーボードケースやUSBハブ等をドッキングしても便利に利用できる訳ではないのが実情になります。

今回の記事は『iPadでキーボードやマウスを利用しても便利に使えない』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadではPC周辺機器を利用する事ができる

iPadを購入する場合では、Apple純正品も含めて。色々な周辺機器アクセサリーを利用できるため、iPadと同時期に揃えてしまう場合も多いです。

キーボードやマウス利用のメリット

iPadではキーボードやマウスといったPC周辺機器も利用する事が出来ますが、これらの周辺機器を利用した場合ではメリットに感じる事があります。

それは、ズバリ!活用の幅が広がります。今まではタブレット端末としての活用の幅だったのが、ノートPCのような利用範囲も行えるようになります。

活用の幅が広がれば、広がるほど、iPadを利用する機会も増えるため、必需品の用途での使い方も可能になります。

その結果、使い道活用方法で悩んでしまうような展開にならない可能性も高くなります。

 

周辺機器を利用するデメリット

メリットが有るのであれば、デメリットも当然の事ながらあります。色々な用途に活用できるようになると、サブの用途では満足できなくなる可能性が高いです。

キーボードやマウスを利用できるため、ノートPC代用として利用できると勘違いする場合があります。この勘違いを選択すると、気が付くまでに余計な出費が増える事になります。

この際、ハッキリ言いますが、ノートPCのように利用できても、ノートPC代用は行なえません!この事をよく理解した上で、iPad活用を行ってください。

 

スポンサーリンク

iPadで入力作業する場合のキーボード

iPadシリーズではパソコンのようにキーボードも含めてPC周辺機器を利用する事が出来ます。その結果、iPadノートPC化も簡単に行えるようになります。

Smart Keyboard と Magic Keyboard 違い

Smart Keyboard と Magic Keyboard の異なる部分は何が有るのか?というと、トラックパッドの有無が挙げられます。

Smart Keyboardにはトラックパッドが搭載されていないのに対して、Magic Keyboardにはトラックパッドが搭載されているという点。

実はこれだけではなく、Magic Keyboardは、USB Type-C端子を搭載しているiPadで利用できるため、実質的に iPad Air 及び iPad Pro 限定といった感じになります。

 

ロジクール Folio Touch

ロジクールのキーボードケースである Folio Touch もトラックパッドを搭載しているキーボードケースになりますが、こちらもiPadシリーズで利用する事ができます。

自立できるスタンドを搭載しているため、Microsoft Surface Pro のようなスタイルで利用する事もできるのが特徴の1つになります。

しいて言えば、ドッキングするとノートPCのように見えるのが魅力的に感じます。

 

ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケース(iPad Air 4)レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 で入力を伴う作業を行うにはキーボードが必要になります。 幸いな事に iPad Air 4 には Smart Connector が搭載されているため、Apple純正の Smar...

 

Bluetooth や USBキーボードなど

BLuetooth接続に対応したキーボード 及び USB接続のキーボードも利用できます。但し、USB接続の場合はUSB Type-Cハブが必要になります。

あと、マウスも利用できるため、自宅のPCと同じような環境で利用する事も可能です。

 

iPadにキーボードやマウスを利用しても便利ではない

iPadシリーズで入力を伴う作業を行う場合に有ると便利な周辺機器はキーボード 及び キーボードケースになります。必要に応じてマウスやトラックパッドなども含まれます。

iPadでキーボードを利用する場合

入力を伴う作業を行う場合では、Smart Keyboard や Magic Keyboard を利用する事になりますが、iPadに装着してドッキングしても便利に利用できるとは限りません。

どうしてなのか?と言うと、キーボードを使う用途 及び キーボードを活かせるアプリが適合していない場合が多いからです。

具体的に言えば、自分にとって最適に感じるアプリ(使いこなす事ができるアプリ)が無い状態で入力作業を行っている場合が多いです。

残念ながら、これでは便利にキーボードを活用する事が出来ません。

 

iPadでマウスを利用する場合

PCマウス(Bluetooth、Wi-Fi、USB接続)を利用する事が出来ますが。iPadにマウスを接続して利用したからといって、便利に使える訳ではありません。

何故か?と言うと、使い勝手が悪いです。特にPCでマウスを利用する場合では可能な事が、iPadでは出来ないからです。

これでは、マウスを使っているだけなので便利ではないです。特に不便に感じるのは、スクロールボタンの動作になります。

丸っきり反対の動作になるため、とてもじゃないですけど、iPadでマウスを利用したいとは思いません。

 

操作性はとても重要

iPadにキーボードやマウスを接続しても、操作性が悪いと効率的な作業が行えません。効率的ではないのに、それでもiPadで入力を行うのは自己満足に過ぎないと思います。

どうしてもiPadで入力作業を行いたいのであれば、少なくともどうやったら効率的に入力が行えるのか?について追求 及び 努力が必要になると思います。

 

iPadで入力作業しても便利に活用できない

ここでは、具体的にどうしてiPadで入力作業を行っても便利に活用できないのか?についての紹介になるため、参考になるのか?分かりません。

キーボードの関係

iPadで入力作業を行う場合ではキーボードが必要になりますが、Apple純正のSmart Keyboard や Magic Keyboard を利用しても便利に入力が行える訳ではありません。

というのも、普段、毎日のように使っているPCのキーボードサイズ 及び キー配列が異なると思います。

丸っきり同じ場合では、いつもと同じ環境なのでブラインドタッチできると思います。でも、少しでも異なる場合は見ながらタッチになるため、効率的ではありません。

慣れてしまえば、多少は改善されると思います。

 

日本語入力の関係

次に重要な要素になるのが日本語入力になります。キーボードを接続したからといって、便利に入力できる訳ではありません。

特にローマ字入力で日本語変換する場合では、自分にとって最適な変換じゃないと入力作業がイライラします。

ユーザー辞書を整備する事によって多少は改善されますが、整備するのに時間を要します。

 

長めの文章入力はPCが便利

何だかんだ言っても、iPadに自分にとって最適に感じるキーボードを利用できる状態だったとしても、長めの文章入力を行う場合では残念ながらPCに軍配が上がります。

メール作成の用途であれば、キーボードケースでも十分に対応できますが、長文などの入力を行う場合では不向きに感じます。

その理由としては、キーボードの薄さが挙げられます。薄いと入力のし易さに影響が出るので、ある程度の厚みは欲しいです。