iPad 活用方法!周辺機器アクセサリーも含めた使い道や役立てを

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズを購入する場合では、連携して利用すると便利に感じる周辺機器やアクセサリーもどうに購入する場合が多いです。

でも、購入したは良いけど、頻繁にたくさん使っているのか?というとそうでもありません。確かに Apple Pencil やSmart Cover(Smart Folio)に関して言えば、利用している場合が多いと思います。

でも、その他の周辺機器というとそんなに多く使っていないのではないか?というのが個人的な見解になります。

今回の記事は『iPad活用を考えた場合では、周辺機器アクセサリーも含めた使い道や役立てを』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadシリーズを購入する場合

iPadを購入したいな~と思った時にiPad本体だけを購入するのでしょうか?買い替えの場合は本体だけで良いかも知れませんが初めて購入する場合は周辺機器アクセサリーも購入すると思います。

iPadを買い替えるの場合

iPadを購入する場合では、今まで愛用していたiPadは古くなってしまったので新しく購入したいといった場合もあります。

この場合では新しく購入しても周辺機器 及び アクセサリーが利用できる場合も有るため、iPad本体と同時に購入する周辺グッズは少なくなる場合が多いです。

とはいえ、流石にディスプレイサイズが変更されてしまうと、カバーケースなどのアクセサリーは購入する必要が発生するため、一緒に購入するパターンになります。

 

iPadを初めて購入する場合

それに対して、今までiPadを所持した事はなく、初めて購入する場合もあります。この場合では、不思議と同時に色々と購入する傾向が高いです。

実際にはそんなに用途が無いのにも関わらず、Smart KeyboardMagic Keyboard などのキーボードケースも同時購入するパターン。

実際の利用頻度の事は一切考慮しないで一通り揃えてしまうパターンが多いので、購入したは良いけど自宅で眠っている 又は 宝の持ち腐れになっているグッズもあるのが実情という場合もあります。

 

スポンサーリンク

iPad周辺機器アクセサリーの利用頻度

iPadシリーズを購入する場合に一緒に購入する機会がある周辺機器アクセサリーの実際の利用頻度はどのぐらいあるのでしょうか?

利用頻度が高い周辺機器アクセサリー

iPad購入時に一緒に購入する可能性が高い周辺機器アクセサリーと言えば、Apple PencilSmart Cover(Smart Folio)が該当します。

実際の話、この2つのアクセサリーに関して言えば、本当によく使っていると言っても過言ではないと思います。

カバーケースはiPad本体と一体運用している場合が多いため、必然的によく利用して便利グッズになります。

それに対して、Apple Pencil は別に無くても問題ないガジェットですが、キーボードよりも手軽で携帯性も良いため、使いやすいです。

 

利用頻度が低い周辺機器アクセサリー

iPadで利用できる周辺機器 及び アクセサリーの中で実際の利用頻度が少ないと感じる周辺機器は、キーボードマウスが該当するのではないか?というのが個人的な見解になります。

確かにそれなりには使っているのですが、Apple Pencil 並みに利用しているという訳では無いと思います。

何故なら、既に自宅には入力作業が行えるパソコンが有りますし、スマホを携帯しているため、別にiPadを利用しなくても特に問題ない環境が整備されているのである。

さらにトドメを言えば、ノートPCを所持している場合では、タッチ操作を除いて用途が被っている状態になります。これでは残念ながらiPadノートPC化を活用できません。

 

用途と利用頻度が適切でない買い物は良くない

実際の用途が無い 又は 少ない のにも関わらず、iPadと一緒に利用すると便利に感じる周辺機器アクセアリーを購入するのは考え方としては良くないです。

せっかく買っても使う頻度が少ないのでは購入する意味が無いので、ハッキリ言えば買わない選択の方が正しいと思います。

 

iPad活用方法は周辺機器と連携も考慮が必要

iPadの使い道や活用方法を考慮した場合では、iPad本体だけ、どうにか?すれば良いという訳ではありません。本体と同時に購入した周辺グッズも含めて活用しないと勿体ないと思います。

購入したのに利用頻度が少ないのは勿体ない

iPadに限った話ではありませんが、有ると便利に感じるという理由で買った場合、実際の利用頻度が少ないと、自然に手元から離れてしまいます。

使わないから何処かに収納したり、近くに置かないため、利用する機会を失ってしまうパターン。これでは購入したのに勿体ない展開になります。

常にとは言いませんが、少なくとも自分の手元(目に触れる場所)に置いて置かないと、使わなくなります。

iPad周辺機器は近くに置いて、自分の関心興味が薄れないようにしておく事が求められます。

 

用途に応じて使い分ける選択も必要(役割分担)

iPadの場合では、スマホとパソコンの中間的なポジションに該当するガジェットなので、どっちの用途にも用途の奪い合いに遭う可能性大です。

スマホとパソコンどちらからもiPadの用途の一部を奪う事が出来るため、iPadで行う事が少なくなってしまいます。

これでは完全にスマホとPCのサブ端末に成り下がってしまう訳である。これでも継続的に利用していれば良いのですが、そんなに用途が無いのに使っている感じだと困る展開に発展します。

それは、スマホと自分にとって最適に感じるPCが有れば、iPadなんて要らないじゃん!と心の中で思ってしまう場合があるのです。

 

iPad活用方法は、周辺機器も考慮

iPadを活用する場合では、少なくとも本体と一緒に購入した周辺機器 及び アクセサリーも含めた活用方法を考慮しないといけません。

何故か?と言うと、いったい何の為に周辺機器を購入したのでしょうか?という根幹部分への自分なりの答えを見出す必要があります。

有ると便利に感じるからという理由で購入するのは全然問題ないですが、買ったは良いけど利用していないという場合は何の為に買ったんだろう?となります。

お金は有限なので、継続的に利用できる用途に投資した方が良いと思います。

 

iPad 仕事活用!仕事に役立てる使い方のメリット&デメリット
皆さん こんにちは! iPadを仕事に活用したいと考えていても実際には最適なアプリと用途がないと厳しいのが実情になる場合が多いです。 自分の頭の中ではそれなりのイメージが既に完成していたとしても、頭の中のイメージと実際は...

 

用途に合わせたiPad活用を

ここで注意しなければいけないのが、iPadに周辺機器を組み合わせて活用すれば良いという訳ではない部分に尽きます。これでは肝心要である中身が伴っていません。

購入目的の用途で使うのが最適

iPad活用の中身は何なのか?と言うと、アプリではなく、用途になります。本来であれば、iPad購入目的の用途で使うのが最適です。

でも、これが途中で挫折したり、購入目的の用途が既に達成できてしまった場合に活用を考慮する必要が発生すると思います。

本来ならば活用なんて考えなくても良いんですけど、目的が失ってしまった場合には必要不可欠となる訳です。

 

途中で挫折した場合の用途も考えておく

これはiPadシリーズを購入する前の話になりますが、本来の購入目的の用途が達成できてしまった場合 又は 挫折した場合に備えて第三の選択肢を用途しておく事が求められます。

たいていの場合は、購入する前は頭の中がiPadでいっぱいになっているため、そんな事を考えなくても良い状態になります。

頭では分かっていても、実際には中身を伴っていない場合が多いので、第三の選択肢は用意していない場合が多いです。

このパターンだと確実に使い道に困った場合は上手く活用する事が出来ないため、時間の浪費に繋がります。