iPad 仕事活用!仕事に役立てる使い方のメリット&デメリット

スポンサーリンク
iPad 活用 生活

 

皆さん こんにちは!

iPadを仕事に活用したいと考えていても実際には最適なアプリと用途がないと厳しいのが実情になる場合が多いです。

自分の頭の中ではそれなりのイメージが既に完成していたとしても、頭の中のイメージと実際は大きく異るため、仕事に活用する事は出来ても満足できるのか?は微妙になります。

活用というのは「便利に使いこなす」という意味も含まれていると思います。便利じゃないけれども仕事に使えるのは活用ではないと考えます。

今回の記事は『iPadを仕事に役立てる活用・使い方のメリット&デメリット』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは仕事に役立てる使い方もできる

タブレット端末のiPadを使っている人は多いと思いますが、どのような用途に利用しているのか?はとても気になると思います。

趣味も含めて生活用途

iPadは、動画視聴からゲーム用途まで便利に利用できるガジェットになるため、生活用途(趣味も含む)に利用する場合が多いです。

個人的には電子書籍の読書活用が便利に感じます。何せ、紙の書籍を購入する場合では本棚の整理整頓も必要になります。

でも、本棚はiPad、何冊読んでも重量はiPad本体+アクセサリーの重量で済むので便利です。

 

仕事に活用

PC周辺機器のキーボードやマウスもiPadで利用できるため、仕事用途にも使えるのでは?と思ってしまう場合も多いです。

何せ、キーボードとマウスを利用すれば、PCのように使えるので、ノートPCの代用になるのでは?と勘違いする場合もあります。

職種によってはビジネス用途にも十分に対応できるガジェットになるため、最適な用途が見つかれば、仕事にも使えると思います。

でも、実際には業務用ツールが有るのが前提になる場合が多いです。 自分で活用方法を見つける場合では、挫折 又は 自己満足という結果も十分にあります。

 

勉強の用途にも使える

Apple Pencil などの iPad対応タッチペンが有れば、書いて覚える学習の用途に使えるため、勉強用途に最適なデジタルノートなどのアプリがあれば、勉強用途にも活用できます。

外国語の単語を覚える用途に向いていると思います。実際の話、この用途で使っています。

 

スポンサーリンク

iPad 仕事活用は用途とアプリで決まる

所持しているiPadを仕事に活かす場合では、適切な用途 及び 最適なアプリが用意できているのか?という部分が大きく関係してきます。

適切な用途が有るのか?

タブレット端末の iPad仕事用途に活用する場合では、適切な用途が有るのか?が重要な要素になります。仮に用途が無いのに仕事に利用してもそれは活用ではありません。

単なる自己満足になるのでは?又は、確かに仕事に使っているだけに過ぎないと思います。この状態を果たして本当に活用と言えるのでしょうか?とても疑問に感じます。

活用というのは、少なくとも「役立つ」という要素が含まれていると個人的に考えます。そうなると、仕事に使って役立つ用途が必要になります。

先ずは自分の仕事内容について振り返り、検討してみるのがiPadを仕事に活用する最短コースになると思います。

 

用途を活かせるアプリが有るのか?

iPadを仕事に活かせる用途が見つかったと仮定して、話を進めますが、次に重要になるのはアプリになります。

どんな用途に活用するにしても根幹部分であるアプリが重要になります。何のアプリを使って仕事に役立てるのか?になるため、用途に適切に対応できるアプリがインストールされている必要があります。

仮に、まだ見つけていないという場合では話にならないため、先ずは探す事から始める必要があります。その上で、使いこなす必要があります。使いこなせない状態で活用なんて有りえません。

 

用途を活かせるツールが有るのか?

用途に最適なアプリが見つかったら、次に準備するのは他に必要になる物は有るのか?という部分になります。

たいていの場合は、iPadを購入した時点で、一緒に Apple Pencil や Smart Cover(Smart FロジクールFolio)、Smart Keyboard(Magic Keyboard)等の周辺機器アクセサリーを購入している場合が多いです。

そのため、新たに買い求める必要は無いと思います。

 

スポンサーリンク

iPad仕事活用のメリット&長所

ここでは、iPadを仕事に活用した場合のメリットについての紹介になります。実際に使ってみた用途になるため、参考になるのか?分かりません。

Officeアプリが利用できる

自宅や会社ではPCでOfficeソフトを利用している場合が多いですが、iPadでも利用する事が出来ます。PCで作成したファイルをiPadで編集や確認が行えるため、この用途には便利に感じます。

特に営業ツールとして利用する用途に最適なのでは?

但し、前提条件があり、あくまでもExcelなどはPCで新規作成を行い、必要に応じて、iPadで編集や確認を行う用途に徹する使い方になります。

正にこの用途であれば、仕事にiPadを役立てる事が可能になります。iPadでも新規作成を行う事は出来ますが、操作性や使い勝手も含めると新規作成の用途には向いていないと感じます。

 

Apple Pencil 手書きスケジュール管理

仕事ではスケジュール管理も必要になりますが、この用途にはシステム手帳を利用している場合が多いのでは?と思います。

幸いな事に、iPadはApple Pencilを利用する事が出来るため、システム手帳で行っていた作業が全てiPadでも行えるようになります。

スケジュール管理の用途は完全に互換できる関係にあるため、手書き手帳の代用が行えます。

 

ノートPCのサブ端末

iPad仕事活用では、ノートPCのサブ端末としての用途も便利です。基本的には仕事用ノートPCの方が便利に使えますが、PCを持参するまでもないといった場合に利用できます。

iPadだけで十分といった用途も実際にあるため、サブ端末としての使い方も十分に有りだと思います。

但し、iPad+周辺機器アクセサリーの合計重量が、ノートPCよりも軽量である事が求められます。もし逆転している場合は、この用途には向いていません。

 

iPad 活用方法!PCのサブに徹する使い方が仕事用途に役立つ
皆さん こんにちは! iPadを生活用とに活用を考えた場合に真っ先に思い付くのが仕事用途に活用できないだろうか?といった感じになります。 何故か?と言うと、仕事は毎日のように継続して行う事になるため、iPadを活かせる機...

 

iPad仕事活用のデメリット&短所

iPadを仕事に活用した場合のデメリットについての紹介になります。あくまでも筆者が実際に使ってみて感じた感想になるため、必ずしも参考になるとは限りません。

iPadでキーボード入力の場合

iPadを仕事に活用する場合でネックになるのが、ノートPCのようにキーボードを利用して入力作業を行うのか?という部分になります。

Apple純正のSmart Keyboard や Magic Keyboard をドッキングすると、iPadがノートPCのように入力作業が行えるようになります。

キーボードを利用する分には何も問題ないですが、文書作成などの用途で長めの文章を作成する場合は不向きに感じます。

先ず日本語変換がイマイチです。ユーザー辞書を整備しておけば対応も可能ですが、最適な選択とは言い難いです。

 

フォルダ作成やファイル作成

PCで、ExcelやWordなどのファイルを新規作成する場合では、デスクトップからマウスで右クリックメニューで簡単に作成できますが、iPadでは出来ません。

iPadでフォルダを作成する場合はアプリのアイコンを重ねて作成するパターンになるため、PCのように空のフォルダを作成する事ができません。

 

iPadマルチタスクは便利ではない

マルチタスクでは、画面を2画面に分割できるSplit View 及び アプリを重ねて浮いているように表示できるSlide Over という便利な機能があります。

この機能を利用すれば2つのアプリを同時に利用できるようになるため、「何かを行いながら何かをする」といった用途に最適です。

実際にこの機能を利用した場合では、11インチサイズのiPadだったとしても2分割する事になるため、便利に使えません。

2画面表示を仕事に活用するのであれば、間違いなく、12.9インチiPad Pro が最適です。