iPad 活用方法!PCのサブに徹する使い方が仕事用途に役立つ

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを生活用とに活用を考えた場合に真っ先に思い付くのが仕事用途に活用できないだろうか?といった感じになります。

何故か?と言うと、仕事は毎日のように継続して行う事になるため、iPadを活かせる機会になるからである。

でも、実際には自分の仕事や用途によっても左右されるため、漠然に仕事に利用するぞ!と頭の中で考えていると空回りして結局は何も利用できなかった!という結果に終わってしまう事も珍しくありません。

今回の記事は『iPad仕事活用する場合は、PCのサブに徹する使い方が仕事用途に役立つ』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを仕事用途に活用する場合

iPadを実際の仕事に活かしている人も多いと思います。でも、他の人は仕事に活用できても自分は出来ない場合も多いです。

自分の仕事に対してiPadを活用できるのか?

iPadを仕事用途に活用する場合で、一番の大いに悩める事は、自分の仕事で利用する事が出来るのか?という部分に尽きます。

営業やデザイン系の仕事であれば、使う機会も有りますが、それ以外の職種の場合では、iPadをどのように活用するのか?悩みます。

視点をずらす事によって用途は見つかる場合が多いですが、上手く活用 又は プラスになる活用方法なのか?という部分になります。

 

具体的にどんな用途で使うのか?

iPadが自分の仕事に活かせる事が判明した場合は、直ぐにでも行動に起こすと思いますが、この場合では具体的にどんな用途で活用するのか?を明確に決める必要があります。

何故か?と言うと、仕事に必須なグッズはiPadでなくてもPCがあるからです。PC代用はiPadには出来ないため、役割分担が必要になります。

計画や検討を行う場合では漠然にiPadを利用すればOKという考え方で大丈夫ですが、実行に移す段階では、具体的にどのように使うのか?を決めないと上手く活用する事は難しいです。

 

スケジュール管理の用途が多い

iPadを仕事に活用する場合では、何だかんだ言ってもスケジュール管理の用途ぐらいしか利用できない場合もあります。

スケジュール管理ならば、プライベートでも行いますし、仕事も兼ねる事が出来れば、それこそ一石二鳥になるので効率的です。

 

スポンサーリンク

iPadを仕事に活用する場合に利用するアプリ

iPadを仕事用途に使う場合では、アプリも必要になりますが、どのアプリを利用しますか?筆者であればデジタルノートやOfficeアプリが該当します。

自分に最適なOfficeアプリ

iPadでもOfficeアプリを利用する事が出来ますが、Microsoft Office なのか?それともOffice互換アプリを使うのか?によっても操作方法も変わってきます。

仕事でOfficeアプリを使うのであれば、自分にとって使いやすいのか?という部分は特に重要になると思います。

というのも、操作性が悪いと効率的ではないからです。仕事では効率性も求められるため、操作方法が効率的でないと全くではないですが、何の為にiPadでOfficeアプリを使っているのか?という部分に影響します。

 

iPadで使うOfficeの役割

iPadを仕事に活用する場合ではOfficeアプリも使う機会も有ると思います。Officeといっても、「Word,Excel,PowerPoint」の3種類が有りますが、どれをメインで使うのでしょうか?

基本的にPCでもOfficeを利用している場合が多いため、iPadで利用するOfficeはどんな目的で利用するのか?という部分も重要な要素になります。

まさか新規作成の用途では利用しないと思います。逆に新規作成も行うのであれば、PCで行った方が圧倒的に効率的のため、オススメしません。

iPadでの役割はPCのサブ端末として活用する用途なので、編集 又は 確認に徹するのが最適です。

 

PCとiPadの役割分担

仕事用途でiPadを利用する場合では、PCとiPadの役割分担が重要になります。全てにおいて何でも対応できるのがPC。iPadはPCの補完的なポジションに該当する場合が多いです。

また、Officeアプリだけでなく、スケジュール管理やメモ帳やノート、デザイン系などのアプリも利用する場合があるのが実情です。

これらのアプリや関係性を上手く活用する事が出来れば、仕事の効率性も高まりますが、逆にゴチャ混ぜ 又は ノートPC代用として考慮すると完全に詰んでしまいます。

 

iPad デジタルノートも仕事に活用する機会あり

筆者の場合は、OfficeとOneNoteを仕事用途に使っていますが、iPadでこれを上手く活用する事が出来ません。

iPadで上手く活用できない

確かにPCで使う分には、Microsoft OneNote は、とても快適に利用できるのですが、全く同じ事をiPadで行う場合では、あまり便利に使っていないと言った方が正解になります。

その1つの理由として、考え方の問題と言った方が良いかも知れません。PCではデータはローカルで管理しているのですが、iPad用OneNoteは、OneDriveで管理されます。

OneDriveはMicrosoft会員であれば無料で5GBまで使う事ができます。でも、iPadでOneNoteを使いまくると5GBを超えてしまうのでは?という不安。

そのため、仕事から生活用途まで色々な用途に使える便利なアプリなんですけど、実際には不完全燃焼になっています。

 

iPad用OneNote(デジタルノート)

デジタルノートのMicrosoft OneNote は無料で使える便利なアプリになりますが、このアプリは色々な用途に利用できるため、iPadにインストールしておいて損はないアプリです。

但し、ファイルの保存先はMicrosoft OneDrive になるため、無料で使うのであれば容量5GBを超えない利用方法に徹するしかありません。

 

他のノートアプリ

iPadで利用できるノートアプリは他にもありますが、Microsoft OneNote 以外は使った事がないため、どのように便利に使えるのか?がちょっと分かりません。

Microsoft OneNote よりも便利なアプリも有ると思いますが、自分にとって最適に感じるアプリが良いと思います。

 

iPad 活用方法!Officeアプリを仕事や生活用途に役立てを
皆さん こんにちは! iPadは色々な用途に利用する事が出来ますが、同時にスマホと自宅PCの中間的なポジションに該当するガジェットでもあります。 このポジションの弊害としては、どっちの用途にも被ってしまうため、メインで使...

 

iPad仕事活用方法はPCのサブに徹する使い方

筆者の場合は、iPadを実際の仕事に活用できるように努力していますが、実際には上手く活用する事ができていません。

ゲームを除いて、PCが便利

これは仕事に限った話ではないのですが、全てにおいてPCで作業した方が便利に感じるので、同じ事をiPadで行うと逆に不便に感じます。

もし、これが逆転する事が出来れば、iPadで仕事も行えると思うのですが、現状においては残念ながらゲームを除いてPCが最適です。

 

入力作業もiPadよりPCが最適

iPadでもSmart Keyboard や Magic Keyboard を利用してノートPCのように入力を伴う作業に活用する事が出来ますが、それでもPCの方が便利に感じます。

どうしてなのか?と言うと、PCでは普通に利用できる事でもiPadでは出来ない場合が多いからです。これはPCに慣れてしまっているから、そのように感じている部分も含まれていると思います。

でも、ただ単に日本語入力だけを行う作業だったとしても、残念ながらPCの方が便利に感じます。日本語変換がイマイチに感じます。

 

iPad仕事活用はPCのサブで使う方法が最適

総合的に勘案すると、iPadを仕事用途に活用する場合は、デザイン系の職種でない限り、完全なるPCのサブ端末としての用途で使う事に徹する使い方が最適だと考えます。

むしろ、iPadにMagic Keyboardをドッキングした重量よりも軽量なノートPCの方が応用力があって便利に使えるのでは?と思います。

あくまでも筆者の場合に限定されるため、皆さんは必ずしも同じような結果にならないと思います。