iPad 活用方法!Officeアプリを仕事や生活用途に役立てを

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadは色々な用途に利用する事が出来ますが、同時にスマホと自宅PCの中間的なポジションに該当するガジェットでもあります。

このポジションの弊害としては、どっちの用途にも被ってしまうため、メインで使うのではなくサブの用途での使い方になってしまう場合が多いです。

サブ用途の場合では利用頻度が少なくなるため、生活に役立つアプリを使いこなしてメイン用途で活用できる努力も重要です。

今回の記事は『iPad活用では、Officeアプリを仕事や生活用途に役立てるのが最適』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは色々と便利に使えるサブ端末

皆さんはiPadをどのように使っているのでぢょうか?筆者の場合はサブ端末になっている場合が圧倒的に多いです。

iPadはサブ端末の場合が多い

どうしてサブ端末の用途での利用方法になってしまうのか?と言うと、最大の理由が、スマホと自宅PCの中間的なポジションだからです。

どっちの用途にも被ってしまうので、サブ用途での利用が丁度よいと感じてしまいます。これでも使っているから良いのですが、メインで使用しているスマホやPCと比べると利用頻度が少ないです。

それなのにiPad購入時にはキーボードケースなどの周辺機器も購入している場合が多いため、これらのiPad周辺機器が宝の持ち腐れになりやすいのが実情になります。

 

iPadはノートPC代用として利用できない

iPadをメインで利用するには、ノートPCのように使い勝手が良くないと厳しいと思います。確かにiPadはPC周辺機器を利用する事が出来るため、ノートPCのように使えます。

でも、あくまでもノートPCのように利用できるという事に尽きます。PCのように利用できても中身が伴わないと代用は難しいです。

中身とは何なのか?と言うと、用途 及び アプリだと思います。この2つのピースが揃ってキーボードなども含めた周辺機器が活用できるのではないか?と個人的に考えます。

iPadが得意な分野ではPC代用は行なえますが、そうでない分野はPCの方が便利に使えます。総合的にに考慮するとiPadはPCの代わりにならないです。

 

スポンサーリンク

iPad活用を考慮すると生活用途に使うのが最適

iPadの活用を考えた場合では、何だかんだ言っても生活に密接に関係ある事に利用した方が役立つ使い方が行えると思います。

生活用途といっても色々ある

iPadを生活用途に活用する場合では、具体的にどの用途?を決める必要があります。生活と言っても範囲がとても広いので漠然に生活に使えば問題ないといった感じだと、結局は永遠のサブ端末で終わってしまうと思います。

何でも良いのでメイン用途で利用できる事を見つけるのが最適ですが、そう簡単には見つからないのが現実なので、可能ならばiPadを購入する前に考えておいた方が賢明です。

iPadは一般的なノートPCよりも高性能なCPUを搭載しているため、メイン用途で使わないのは逆に勿体ないです。

 

趣味の用途に活用もOK

生活用途にiPadを活用する場合では、趣味などに利用している場合もあります。と言っても、趣味の場合ではゲームも含まれてしまうため、必ずしも最適という訳ではありません。

とはいえ、ゲーム用途でも毎日継続して利用する事が出来れば、立派なiPad活用方法の1つになるため、これはこれで良い選択かも知れません。

可能ならばゲーム以外の用途で活用した方が良さそうに感じます。

 

メイン用途で使うなら仕事に活用

iPadをメイン用途で活用を考慮した場合では、仕事に役立てるのが最適に感じます。仕事ならば用途や考え方次第で色々に使えるため、自分にとって役立つかも知れません。

そのためには、自分にとって最適に感じるアプリが必要になりますし、そのアプリを活かせる道具や知識も必要になる場合があります。

どんなに優秀なアプリが有ってもそれを自分が使いこなす事が出来なければ活用の機会も少なくなってしまいます。

先ずはアプリを使いこなせるようになる事からチャレンジするのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

iPadを仕事や生活に活用ならOfficeアプリが必要

iPadを仕事や生活に役立てるのであれば、Officeアプリは必要になると思います。何だかんだ言ってもWord、Excel、PowerPointは使う機会が多いです。

iPadでOfficeアプリを利用する場合

iPadでもMicrosoft Officeを利用できますし、Office互換ソフトも有るため、インストールして使えるようにしておく事をオススメ致します。

但し、くれぐれもインストールして満足という展開にならないように注意が必要になります。アプリというのは使わないと全く意味がないため、使いこなせる事が求められます。

仮に使いこなす事が出来なければ活用なんて出来ないため、iPadを便利に使いこなす事も厳しくなります。

 

Officeを利用する上で必要な物

OfficeをiPadで利用するには最適でもキーボードが必要になります。Apple純正のMagic Keyboard 又は Smart Keyboard があれば問題ありません。

たいていの場合は、実際によく使っているのか?は別として、iPad購入時に一緒に購入している場合が多いため、新たに用意する必要はないと思います。

※ キーボードの場合は買って満足になってしまう場合が多いため、実際の利用頻度は少ない傾向になります。

 

ユーザー辞書の整備

iPadで利用できるOfficeアプリを使う場合では、キーボードが必要になりますが、それ以外にもユーザー辞書を整備しておく必要があります。

Officeをビジネス活用する場合では、キーボード入力した場合に文字を変換する必要があるため、自分にとって最適に感じる変換でないと効率的ではありません。

仕事活用を行うのであれば効率性も重要な要素になるため、ユーザー辞書はしっかり整備しておいた方が良いです。

 

https://ipad-use.com/entry/ipad-use-tips-37/post-391/

 

iPadで利用できるOfficeアプリ

筆者の場合は残念ながら、最適に感じるOfficeアプリに出会えていません。iPadで実際に使ってみると、どれも一長一短に感じるのである。

WPS Office

iPadで利用するOfficeアプリは表計算のExcel系が圧倒的に多いため、表計算アプリを利用できれば問題ありません。

自宅で使うOfficeソフトとして、WPS Office を利用している事もあり、iPadでもWPS Office をインストールして利用しています。

PC版は確かに便利に使えるのですが、iPad版の場合は便利に使えるのかな?といった感じで最適に感じないのが実情になります。

操作性が異なると、実際の使い勝手にも影響して来るように感じます。

 

Google スプレッドシート

PCとiPadでの操作性を考慮した場合では、両方とも共通した操作性の方が便利に感じるため、それならば「Google スプレッドシート」が魅力的に感じると思って試してみたのですが、こちらも一長一短があります。

Googleドライブに保存だけでなく、ローカルに保存できて便利なのですが、それでも何かイマイチな感じがするのである。

これは実際の使ってみないと本当の良し悪しが分からないため、試して良かったと思います。やっぱり結局のところ、iPadで利用するのであれば、本家本元であるMicrosoft Officeが良さそうに感じます。