iPad 活用方法!電卓はウィジェット計算できる電卓+アプリ使用

スポンサーリンク
iPad 活用 アプリ

 

皆さん こんにちは!

iPadには電卓アプリが初期インストールされていません。どうして何だろう?と思ってしまうのですが、自分で好きな電卓アプリを入れて下さいね!という事なのかも知れません。

でも、電卓アプリって本当に必要なのかな?と思うのも事実です。何故か?と言うと、iPadには確かに電卓はないですけど、計算できる機能が搭載されているからです。

例えば、Spotlight検索やSiriなど。簡単な計算であればこれらの計算できる機能を利用すれば良いと思います。とは言うものの、電卓も必要に感じる場合もあるのが実情です。

今回の記事は『iPadで利用する電卓はウィジェット計算できる電卓+アプリを追加』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadには電卓アプリがないけど計算できる機能あり

iPadを購入して電卓を使いたいと思った場合に気が付くのですが、iPadには電卓機能が無いため、必要に応じてアプリをインストールする事になります。

デフォルトで電卓アプリなし

ハッキリ言ってiPadで電卓を利用しなくても何ら問題ないのですが、それでもiPadを仕事に活用している場合では電卓も使う場合があります。

正にこのような場合に困るのが電卓なのである。必要に感じた時に最適な電卓アプリが無いのは時間的に勿体ないため、可能ならば利用しなくても体裁だけは整えておいた方が賢明です。

特に仕事に活用したいと考えている場合では、簡単な計算も利用する機会があるため、自分にとって最適に感じる電卓アプリは用意しておくのが最適です。

 

計算できる機能は搭載している

① Spotlight検索
Spotlight検索の場合では演算子も含めてキーボード入力になるため、素早く簡単に計算できないです。

使う演算子によっても異なりますが、何回かキー配列を変更する必要も発生するのが実情になります。これでは、効率的とは言い難いですし、逆に面倒に感じるため、計算するのが嫌になってしまいます。

 

② Siriで計算
計算できる機能としては Siriに話し掛ける方法もあります。こちらの場合では、音声で話し掛けるだけなので便利に感じますが、音声認識の関係で上手く聴き取ってくれない場合もあるため、必ずしも最適という訳ではないです。

 

標準の計算機能では不十分

iPad標準の計算できる機能を使って電卓代用に利用する場合では、残念ながら一長一短があるため、満足できない場合もあります。

この場合では、App Storeで自分にとって最適に感じる電卓アプリをインストールするのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

iPadに電卓アプリを追加する場合

iPadに搭載されている計算できる機能では満足できない場合もあります。この場合では、電卓アプリをApp Store からインストールする事になります。

電卓アプリで良いのか?

App Storeには豊富に電卓アプリがあるため、自分にとって最適に感じる電卓アプリを見つける事も可能になります。

但し、ここで重要になる要素が1つあります。自分にとって最適とは、どういうアプリを指すのでしょうか?これは自分しか分からない部分になるため、自分で探すしか方法がありません。

計算できれば何でも良いというのであればアプリをインストールしなくても、若干不便に感じますが、標準機能だけで十分だと思います。

 

ウィジェットで計算できる電卓アプリにするのか?

電卓で計算する場合では、素早く手間を掛けないで計算したい場合もあります。この場合ではアプリを起動しないでウィジェットで計算できると助かります。

幸いな事にウィジェット計算できる電卓アプリも有るため、インストールしてウィジェットに配置しておくと色々と役立ちます。

とりあえず使ってみて良ければそのまま配置し、使い勝手が悪ければ削除すれば良いと思います。

 

スポンサーリンク

iPadの電卓はウィジェット計算できる電卓+が便利

iPadのウィジェット計算できる「電卓+」アプリが便利に使えるため、その紹介となります。勿論、他の電卓アプリも同様に使い勝手が良いのもあるので、あくまでも参考になれば幸いです。

ウィジェットで計算できるのが便利

アプリを起動しなくてもウィジェットだけで計算できるのが電卓+アプリの特徴の1つになります。簡単な計算するだけなのにアプリを起動しないで済むと便利に感じます。

とは言え、フル機能を利用しないといけない場面に遭遇する場合もあるため、この場合ではアプリを起動して対応できるのも便利だと思います。

アプリ起動ボタンも搭載しているため、臨機応変に必要に応じて切り替えできるのが良いです。

 

ウィジェットは折り畳める

電卓+のウィジェットは重ねてスマートスタックできない代わりに、折りたたみ機能が搭載されています。

55%ぐらい小さく折り畳めるので、利用しない時は小さく配置しておくこともできます。

 

アプリを起動すれば音声入力に対応

電卓+アプリの特徴として、ウィジェットだけで計算できる部分が魅力的に感じますが、それ以外でも音声入力に対応しています。

但し、音声入力に対応しているのは、あくまでもアプリを起動した場合に限定されてしまうため、ウィジェット状態では利用できません。

そのため、実際には。この機能は使い勝手が悪いように感じます。やっぱりアプリを起動してしまうと、手軽さという部分が無くなってしまうので必ずしも最適という訳ではありません。

 

iPad 使い方!ウィジェットは重ねてスマートスタックが便利な配置方法
皆さん こんにちは! iPadではスマホと同様にウィジェットを利用する事が出来ますが、どのように利用するのか?によっても活用の幅が変わってきます。 何も利用しない場合では、ホーム画面を整理整頓する方法が1つ減ってしまうの...

 

iPad 電卓+アプリのメリット&デメリット

ここでは、iPadで使える電卓+アプリのメリット 及び デメリットについての紹介になります。

iPad 電卓+のメリット

① ウィジェットで計算
iPad で電卓+アプリを利用する場合のメリットは、ウィジェットの状態で計算できる部分に尽きます。別にアプリを開いて計算しても良いですが、そこまでしなくても良い場合もあります。

 

② ロック画面で使える
その他にはロック画面でウィジェットを呼び出すと計算できるのもメリットの1つに該当します。

 

iPad 電卓+のデメリット

iPadで電卓+を利用するにあたり、デメリットに感じる部分があります。基本的にはウィジェットで計算するだけなので特に問題ないのですが、それでもスマートではありません。

というのも、ウィジェットの魅力は重ねてスマートスタックだと思うのですが、このアプリはこれが出来ないのである。

重ねて配置できないので、大きなサイズのウィジェットが余計に配置されてしまうといった感じになります。

 

便利に感じる部分

電卓+アプリに限った話ではないのですが、ウィジェットの場合では、ロック画面でも利用できるのが便利に感じます。

iPad Air ではTouch ID でロックを解除する必要がありますが、いちいちロック解除してまで電卓を利用するというのは面倒に感じます。

でも、ウィジェットをホームに固定していない場合では、ロック画面中にウィジェットを呼び出してそのまま計算できるため、とても便利に使えます。