iPad 勉強活用!Split View 画面分割の勉強&学習法

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを勉強や学習の用途に利用する事も出来ますが、この場合ではどのように行えば自分にとって最適に感じるのでしょうか?

色々な方法がありますけど、実際には何のアプリを使うのか?によっても勉強が捗るのか?も影響があると思います。

また、iPadの便利な機能である Split View や Slide Over というマルチタスクを利用した勉強法もあるため、それらの機能も使った方が良さそうに感じます。

今回の記事は『iPadのSplit View 画面分割(2画面表示)による勉強活用 及び 学習法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを勉強に活用する場合

iPadを勉強や学習の用途に活用する場合では、アプリだけでなく、タッチペンやキーボードといったiPad周辺機器も利用する場合が多いです。

必要になるアイテム

たいていの場合、iPadシリーズを購入する時に、Apple Pencil や Smart Keyboard などのキーボードケースを購入する場合が多いです。

これらの周辺機器 及び アクセサリーも便利に活用した方が良いと思います。実際に使えるのか?は別として、使わないと勿体ないです。

特にiPad周辺機器の場合では、iPad よりも利用頻度が少ないため、宝の持ち腐れになる可能性も高くなります。それこそ買って満足といった状態も多いのでは?

 

勉強に役立つアプリも必要

勉強に役立つアプリと言っても色々有ると思います。受験勉強や資格試験、言語学習といった感じで勉強といっても種類が豊富にあります。

それと同様にアプリも豊富にあるため、自分の勉強に役立つアプリなのか?という判断も行う必要があります。

実際に勉強用途で使ったは良いけど、全然使えないアプリだった!という感じあだと、逆に非効率的になります。

勉強用途に使うのであれば、最低限必要になる物はしっかり用意しておくべきです。

 

スポンサーリンク

iPad勉強活用方法(Apple Pencil)

iPadを勉強用途に活用する場合では、Apple Pencil も必要になります。単語などを覚える場合では書いて覚える必要があるからです。

Apple Pencil などのiPad対応タッチペン

Apple Pencilを勉強用途に活用する場合では、iPadを使えば良いという訳ではありません。どのように使えば勉強に役立つのか?という部分を考慮した上で使う事になります。

勉強に利用すると言っても、色々な方法があるため、どれも魅力的に感じてしまうので、結局のところ、何でも良いのでは?といった感じになります。

iPadをこの学習に使うのではあれば、自分にとって最適に感じるアプリも必要になるため、一通り準備してから実行する事も必要になります。

 

Apple Pencilを勉強に活用

Apple Pencil を利用する活用方法の場合では、書いて覚える学習に最適だと思います。

文字などを覚える場合では、何回も書いて覚えるのが最適に感じます。必ずしもそのようになるとは限らないため、自分にとって最適に感じる方法で学習するのが良いと思います。

筆者の場合は、書いて覚える方が自分に合っている感じなので、文字などを勉強する場合では、とにかく書いて覚えるようにしています。

この用途に、iPadを実際に利用しています。

 

iPadをノート代わり

紙のノートに記入する場合では、何冊も必要になる場合が多いですが、iPadであれば、その必要がないので便利に感じます。

でも、必ずしも最適という訳ではありません。何故か?と言うと、何回も書いているのでApple Pencilのペン先が摩耗するのである。

ペン先チップやペン先カバーといった消耗品の事も考えると、どうなんだろうね?といった感じになります。

 

iPad 活用方法!Apple Pencilで書いて覚える勉強法
皆さん こんにちは!iPadをどんな用途に利用するのか?は個々の判断に委ねられますが、キーボードやUSBハブも利用できるため、一見すると色々な用途で利用できる便利ガジェットのように感じます。でも、このように考えるのは時期尚早になります。何故

 

iPad Split View 2画面表示(画面分割)勉強活用方法

iPad を勉強&学習に活用する場合では、2画面表示で使えるSplit Viewという方法もあります。これが果たして本当に使えるのでしょうか?

参考書を見ながらノート記入の用途

Split View で2画面表示(画面分割)する場合では、利き手によっても異なりますが、右利きの場合は左画面に参考書、右画面にノートを表示する事になります。

一見すると、とても効率的に感じるのですが、仮に11インチのiPadで実際に使ってみると、そんなに便利なのかな?と感じます。

というのも、右画面でノートに記入する場合に作業スペースが小さくて狭く感じるので、効率的な勉強に繋がらないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

とはいえ、このように思うのは筆者の場合だけかも知れないので一概には何とも言えないと思います。

 

ノート記入しない用途で活用する場合

11インチサイズで2画面表示で勉強に活用した場合では、参考になるサイト 及び 辞書などを組み合わせるパターンもあります。

実際にこのパターンもチャレンジしてみましたが、サイトの場合は拡大縮小を行う手間は全く考慮しないのであれば有効に感じます。

でも、画面を分割する時点で表示される文字も小さくなるため、ディスプレイサイズが小さいiPadでは厳しいのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

Split View 勉強活用のメリット&デメリット

① メリット
Split View を勉強用途に活用する場合では、普段の勉強環境に近い状態でiPadを利用できるのが便利に感じます。その他は紙のノートを何冊も必要ないといった感じ。

 

② デメリット
筆者の場合は正直のところ、メリットよりもデメリットの方が多いと実感します。これを活かすのであれば、11インチサイズのiPadでは画面が小さいと感じます。

 

iPad 使い方!Split View スプリットビュー操作方法
皆さん こんにちは! iPadで、2画面表示(画面分割)で作業を行いたい場合に便利に使えるのがSplit View(スプリットビュー)になります。 本来であれば画面いっぱいでアプリを利用するところ、画面を分割して2画面表...

 

Split View 勉強活用はiPad Proが最適

筆者の場合はSplit View 勉強活用はデメリットにしか感じなかったのですが、12.9インチサイズのiPad Pro であれば、十分に活用できるのではないか?と考えます。

画面分割による勉強活用は最適ではない

iPad Air 10.9インチで、Split View を使うと、表示される文字サイズがググーンと小さくなるため、自分にとって最適な文字サイズになるようにする必要があります。

画面を拡大・縮小はそんなに手間に感じないので別に良いのですが、Apple Pencil で記入する場合は話は別になります。

A4ノートよりも小さい作業スペースで記入する事になるため、どうやってこの中に纏めれば良いのか?悩みます。という理由で、最適ではないと判断した次第です。

 

iPad Pro 12.9インチが最適

筆者の場合は、iPad Air と iPad mini を所持していますが、iPad Pro 12.9インチは所持していません。

Split View 画面分割による勉強活用では、iPad Pro 12.9インチは丁度よいと思います。ディスプレイサイズが大きいので、2画面に分割しても作業スペースを確保できます。

読書するにしても画面サイズが大きい方が見やすいので、活用を考えた場合ではディスプレイサイズも考慮した方が賢明になります。