iPad 勉強活用!Apple Pencilで書いて覚える学習法

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadをどんな用途に利用するのか?は個々の判断に委ねられますが、キーボードやUSBハブも利用できるため、一見すると色々な用途で利用できる便利ガジェットのように感じます。

でも、このように考えるのは時期尚早になります。何故か?と言うと、iPadは確かに便利ですが、スマホとPCの中間的なポジションになるので用途が被ります。

用途が被ってしまう事による弊害として活用の機会が減ってしまうのである。これを何とか回避する方法として、勉強や学習の用途に活用するのが良さそうに感じます。

今回の記事は『iPadを勉強や学習に活用する場合は、Apple Pencilで書いて覚える勉強や学習活用が使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは色々な用途に活用できる

iPadはPC周辺機器とも連携できますし、豊富なアプリを利用する事が出来るため、適切な用途とアプリを活用する事が出来れば、便利に使えるガジェットになります。

入力作業の用途

Magic KeyboardロジクールFolio Touch と連携する事で、ノートPCのように利用する事が出来るようになります。

トラックパッドも搭載しているため、マウスを利用しなくても同様な操作性を得られるので入力を伴う作業を行う場合は便利に感じます。

また、必要に応じてマウスも利用できるため、ノートPC代用は出来ませんが、用途次第ではPCに準じる使い方も可能になります。

 

デザイン等や趣味の用途

① デザイン
デザイン系の仕事や趣味の場合では、デザインできるアプリ 及び Apple Pencil を組み合わせる事で便利に使えます。

iPadは、Apple Pencil との親和性も非常に高いため、自分にとって最適に感じるアプリが有れば、趣味にも活用できるようになります。

 

② 趣味等
一般的なノートPCよりも高性能なCPUを搭載している事もあり、スマホよりも大画面でゲームプレイが行えるのも魅力的です。

 

ビジネス用途

仕事でiPadを利用する機会も多いです。持ち運べるので営業ツールとしても利用できますし、個人でも仕事に役立てる事が出来ます。

とはいえ、具体的にどのように役立てるのか?は用途次第となります。実際には用途はありますが、それを具現化できない場合も多いです。

 

スポンサーリンク

iPad で Apple Pencil を活用する場合

iPadではApple Pencilも含めて、ロジクールCrayon for iPad などのiPad対応タッチペンを利用する事ができます。

ロック画面で使える

Apple Pencil を使っていて、便利に感じるのは、ロック画面でディスプレイにタッチするとメモ帳アプリが起動する部分になります。

iPad Air で利用しているのですが、Touch ID で認証しなくてもメモを取る事が出来るので、とてもスムーズでかつ快適に使えます。

但し、このように感じるのは、あくまでも素早くメモを取る場合に限ります。ホーム画面を表示する場合では、Touch ID で認証が必要になります。

 

ダブルタップでツール切り替え

ロック画面で素早くメモを取る場合に利用する標準のメモ等のアプリを使う場合では、Apple Pencilをダブルタップすると、簡単にツール(えんぴつ、消しゴム)を切り替える事ができます。

マーカーと鉛筆といった切り替えも設定を変更する事で行えるようになるため、Apple Pencilがあると便利に使えます。

 

便利グッズも魅力的

Apple Pencil には対応する便利グッズも有るため、持っていて細いな~と感じたら、シリコンカバーを装着する事も出来ます。

ペン先を保護するシリコンカバーも販売しているため、ペン先が摩耗しないように対策を施す事も可能になります。

 

iPad と Apple Pencil は勉強や学習に活用

iPad活用を考慮した場合では、勉強や学習に活用するのが最適だと思います。何故か?と言うと、人は常に勉強や学習して成長するのでこの用途は年齢問わず常に誰でも関係して来るからです。

Apple Pencil 勉強活用

Apple Pencilを勉強用途に活用する場合では、漠然にiPadを使えば良いという訳ではありません。どのように使えば勉強に役立つのか?という部分を真っ先に考える必要があります。

何故か?と言うと、勉強に利用すると言っても、何から始めれば良いのか?分からなくなってしまうからです。いわゆる空回り状態という訳です。

iPadをこの学習に使うのではあれば、自分にとって最適に感じるアプリも必要になるため、見つけてインストールする事になります。

 

Apple Pencilは書いて覚える学習に最適

Apple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用する場合では、書いて覚える学習に最適だと思います。

漢字学習言語学習などの場合では、何と言っても実際に何度も書いて文字を習得した方が覚えやすいです。もっとも、これは筆者の場合に該当するため、他の第三者は異なる習得方法があると思います。

紙のノートに同じような作業を行う場合では、ノートが何冊も必要になりますが、iPadで行えば、書いては消しての繰り返しも容易なので便利に使えます。

それでいて、iPadの有効利用にも繋がるので一石二鳥になります。

 

Apple Pencilを活用するアプリ

書いて覚える勉強 及び 学習に用いるアプリになりますが、基本的には最初からインストールされているメモアプリ 又は Planner for iPad を利用しています。

Planner for iPadはスケジュール管理に利用していますが、メモ書きの用途でも使っています。

但し、このアプリの場合はSplit Viewで画面分割すると不便に感じるため、2画面表示では利用していません。

 

Apple Pencil 2 レビュー!メリット&デメリット(iPad Air 4)
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と一緒に購入した Apple Pencil 2 もよく使っているアクセサリーの1つになっていますが、ロジクール Crayon for iPad と比べると充電方法もタイプが異なります...

 

Split View 勉強活用という方法もある

iPad と Apple Pencil の組み合わせでは書いて覚える勉強に利用できますが、Split View で画面分割する勉強活用方法もあります。

Split View 勉強活用

iPadを勉強に活用する場合では2画面表示できるSplit Viewを使う方法もあります。便利に活用できる場合もあるという程度なので、実際には不便に感じる場合もあります。

どのように活用するのか?と言うと、右利きの場合は左画面に参考書、右画面にノート(メモ帳)を開いて利用するパターンです。

但し、この場合では、iPad のディスプレイサイズが大きく影響する事になるため、必ずしも便利に使えるという訳ではないのが特徴の1つになります。

あくまでも勉強&学習法の1つと考えて頂ければ幸いです。

 

Split View 勉強活用のデメリット

2画面表示で勉強&学習に活用する場合では、デメリットがあります。一見すると、便利に使えるのでは?と思うのですが、そうとは限りません。

2画面表示で勉強に使う場合では、左側に参考書、右側にノートというスタイルになる場合が多いです。この場合ではノート記入が不便に感じます。

ノートを記入するには作業スペースが小さいので便利に使えないのが最大の理由になります。これでも全然問題ないよ!という場合は行っても問題ないと思います。

ハッキリ言って、11インチサイズのiPadでは使いづらいと感じます。この勉強法を便利に活用できるのは、おそらく iPad Pro 12.9インチだと考えます。