iPad 活用方法!電子書籍サービス利用で読書ガジェットに使用

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadをそのように利用するのか?は個々の判断に委ねられますが、便利な活用方法は用途次第でいくらでもあります。

特に便利に感じるのが電子書籍サービスを利用してiPadで読書が快適でかつ、省スペースで便利に感じます。

紙の書籍を書店で購入する場合だと、本棚に収納する事になるため、本棚が必要ですが、電子書籍であればiPadで全て完結するので本当に便利に使えます。

今回の記事は『iPad活用方法は、電子書籍サービスを利用して読書ガジェットに使う』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

書籍を購入する場合

紙の書籍を購入する方法としては書店とネット通販の2択がありますが、どちら?を利用しているのでしょうか?

書店で購入

専門書も含めて書籍が欲しいと感じた場合では、書店に買い物に出かける事になります。書店で買うメリットとしては、種類別に陳列されているため、目的の書籍が見つかりやすい事に尽きます。

逆にデメリットとしては、紙の書籍になるため、ズッシリ感が有る部分になります。バッグの中に収納すると余計に重みを感じるため、近場のお店で購入するのが賢明です。

 

インターネットで購入

ネット通販で書籍を購入する場合では、1冊購入の場合はポスト投函になるため、日時を決めて宅配してもらう必要がありません。

それでいて、書店に出向く必要がないため、購入する場合はネット通販が最適のように感じます。

でも、同じジャンルの書籍を閲覧できないため、必ずしも最適という訳ではないので一長一短もあります。

 

書店 及び ネット通販 共通事項

① 本棚が必要
書店やネット通販で紙の書籍を購入する場合では両方とも共通して自宅の本棚に収納する事になります。

 

② 重量
紙の書籍はそれなりに重量があるため、重たいです。

 

スポンサーリンク

iPadで電子書籍で読書活用する方法が最適

紙の書籍を購入する場合では、「書籍が重たい」及び「本棚が必要」というデメリットがありますが、電子書籍であればiPadで全て完結できます。

iPadを電子書籍の読書に活用する方法

紙の書籍の場合はデメリットに感じる部分が有りますが、これを上手くメリットに変える事が出来るのが電子書籍になります。

電子書籍を利用するには、電子書籍を取り扱っているサービス 及び 対応しているアプリが必要になります。

アプリはスマホでもiPadでも利用できるため、利便性は高いです。さらに電子書籍であれば重量もiPad本体の重量で済みますし、アプリ内の本棚に収納できるため、省スペースで利用できます。

 

電子書籍リーダー

電子書籍をスマホやiPadで利用する場合では、電子書籍リーダーが必要になります。電子書籍リーダーは専用端末とアプリが有るため、自分にとって最適に感じる方法を選択する事ができます。

使い方は、電子書籍ストアで電子書籍を購入して、電子書籍リーダーで読むといったパターンになります。

 

楽天kobo iPadアプリ

筆者の場合は、楽天市場の会員でもあるため、電子書籍サービスは楽天koboをメインで利用しています。AmazonのKindleも利用した事があります。

専用端末ではなく、iPad で利用できる電子書籍リーダーのアプリを使っています。アプリは、App Storeでインストールできます。

但し、必ずしも便利ではないのも事実です。なんと!アプリから書籍を購入する事が出来ないのである。いつもブラウザから購入しています。

 

自宅で電子書籍の読書は、iPad Pro が最適

iPad Air 及び iPad mini を所持していますが、自宅で電子書籍を読む場合ではディスプレイサイズが小さいように感じます。

iPad Pro 12.9インチが良いのでは?

自宅で、iPadを利用して電子書籍を読む場合では11インチサイズよりも12.9インチサイズで読んだ方が良さそうに感じます。

画面サイズが大きくなればなるほど見やすくなるため、視力があまり良くない場合は大きいサイズのiPadの方が良いと思います。

とはいえ、筆者の用途では、iPad Pro 12.9インチを必要としていないため、購入する事はありません。

 

書籍サイズでも変わってくる

書籍には文庫本サイズから雑誌サイズまであるため、一律的に判断する事は出来ません。文庫本サイズであれば、iPad mini が最適に感じますが、雑誌サイズではiPad mini よりも 11インチ以上のiPadが良いです。

自分はどのサイズの書籍を読むのか?によっても変わって来るため、現在所持しているiPadでも十分に役立ちます。

 

電子書籍リーダーの使い勝手

iPadで電子書籍を読書する場合では使い勝手も関係してきます。自分にとって最適に感じるアプリなのか?という部分も考慮した方が良いです。

個人的にはAmazonの Kindle の方が使いやすいと感じます。

 

iPad 活用方法!買い替え後や使い道はインターネットラジオ利用が便利
皆さん こんにちは!iPadを新しく買い替えた場合では今まで愛用していたiPadが邪魔になる場合があります。この場合は下取り売却する 又は 色々な事情で残す選択を行う場合もあります。仮に残す選択を行った場合では、とりあえずは使い道が他にある

 

外出先で読書の場合は iPad mini が最適

外出先にiPadを持ち歩く場合では、iPad mini が便利に感じます。本体重量は300gなので、iPadシリーズの中では最軽量になります。

iPad mini は通勤(外出時)に便利

筆者の場合は通勤用ボディバッグに iPad mini を収納しています。電車通勤なので、座席に座る事が出来た場合に読書しています。

iPad Air も所持していますが、外出先に持ち歩く場合は重たいので最適ではありません。やっぱり通勤といった用途では、とにかく軽くてコンパクトに感じる iPad mini が最適です。

但し、最適に感じるのは電子書籍の読書に限ります。入力を伴う作業には iPad mini は向いていません。用途に適合した使い方をするのが良いと思います。

 

外出先でiPad読書はminiを選択

iPad mini を所持している場合では、外出先に持ち歩く用途で活用できるので便利ですが、所持していない場合では持ち歩かない方が最適です。

その理由の1つに重量が挙げられます。ハッキリ言って300gでもズッシリ感があるため、これ以上重たいiPadは持ち歩かない方が賢明の選択だからです。

読書の用途だったとしても外出先で読むのではなく、自宅で読んだ方が良いと思います。