iPad 使い方!ソフトウェア・キーボードの便利な操作方法を紹介

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadで、キーボードケースを利用しないで、ソフトウェア・キーボードを使う場合も有ると思います。この場合では色々と不便に感じる事も多いのが実情です。

でも、そのように感じている時に限って、便利な機能を使っていない場合が多いです。便利機能?と思うかも知れませんが、入力時に便利で役立つ機能が搭載されているのである。

ちゃんとしっかり理解した上で、使うと便利に感じると思います。

今回の記事は『iPadでソフトウェア・キーボードを利用する場合に便利な操作方法を紹介』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadソフトウェア・キーボードの使い方

iPadで入力作業を行う場合に外付キーボードを利用する場合が多いですが、これらのキーボードを利用しなくても画面に表示する事ができます。

使い方は入力できるアプリを起動

画面上にキーボードを表示するにはどのように行えば良いのか?と言うと、入力が行えるアプリを起動します。

その上で、入力エリアをタップすると画面の中央から下半分にキーボードが表示されます。後は普通に入力すればOKです。

但し、弊害として画面の下半分以上は表示されないため、決して便利に使えるという訳ではありません。この場合では画面の有効利用が行えないので不便に感じます。

 

便利な機能が搭載

画面上にキーボードを表示した場合では、いくつかの便利な機能を利用できるようになります。この便利な機能は通常では表示されていないので、使い方が分からない事もあります。

その1つの例として、「カット」、「コピー」、「ペースト」といった機能があります。ブラウザなどのアプリを開いた上でURL等の文字を選択すると表示される機能になります。

何も文字を選択していない場合では戻るボタン等が表示されているので、気が付かない場合が多いです。

その他にも使うと便利に感じる機能があるため、覚えておくと便利に使えます。

 

スポンサーリンク

iPad ソフトウェア・キーボードの便利な機能

iPadで画面上にキーボードを表示する場合では、色々と便利に感じる機能があります。その一例を紹介したいと思います。

数字入力する場合

iPadのソフトウェア・キーボードを利用して数字入力をする場合では、基本的に数字キーを押して切り替える必要がありますが、これは手間が発生します。

このような入力を行っている場合は便利に使いこなしていないのだと思います。このような手間を掛けないで数字入力を行う事が出来ます。

その方法は、上に数字が表示されているキーを下にスワイプするだけで、数字入力が行えます。とっても簡単かつ、効率的に数字入力できる機能になります。

 

シフトロックする場合

英文字の大文字を入力する場合では、Shiftキーをタップすると、最初の1文字は確かに大文字になりますが、2つ目以降の文字は小文字に戻ってしまいます。

通常ではこれでも良いのですが、大文字だけで入力したい場合もあります。この場合に1文字入力する度にShiftキーを押すのは面倒に感じます。

この場合に便利なのが、シフトロックになります。操作方法は、Shiftキーをダブルタップするだけです。

 

音声入力や絵文字入力

① 音声入力
音声ボタンをタップすると、音声入力を行う事が出来ます。スマホでも音声入力する機能がありますが、タイピングしなくても入力できるのは便利に感じます。

 

② 絵文字入力
絵文字を入力したい場合でも、キーボードの切り替えボタンをタップすると、絵文字の選択も出来るようになっています。

 

② コピー&ペースト・カット
入力中の文字やURLをコピー&ペーストしたい場合でも、文字を選択すると、「コピー・カット・ペースト」ボタンが表示されるので便利に使えます。

 

スポンサーリンク

iPad ソフトキーボードはフローティングできる

iPadで画面上にキーボードを表示して利用する場合では、フローティング機能を使う事が出来ます。この機能を利用すると、Apple Pencil 操作時に便利に感じます。

フローティング・キーボード表示方法

① アプリ起動
Office や メモ帳、App Store などのアプリを起動してソフトウェア・キーボードを表示します。

 

② キーボードマーク
画面右下に表示されているキーボードマークを長押しすると「固定解除」、「分割」、「フローティング」が表示されます。

 

③ フローティングをタップ
「固定解除、分割、フローティング」が表示されている状態で、タップしている指を滑らせるようにフローティングまで持っていき、離すと、画面左下に小さい表示になったフローティング・キーボードが表示されます。

 

フローティング・キーボード解除方法

① ピンチアウト
任意の2本の指をフローティングしているキーボードにおいて、同時に2つの指を開くように伸ばして離す(ピンチアウト)と元のサイズのキーボードに戻ります。

 

② ドラッグ&ドロップ
又は、ブラウザなどのアプリを開いている場合では、画面の一番下側にキーボードをドラッグ&ドロップ(離す)すると、元のサイズに戻ります。

 

Apple Pencil 操作時に便利

フローティング・キーボードを表示した場合では、主に Apple Pencil などのiPad対応タッチペンを操作している時に役立ちます。

フローティングにすると弊害としてキーボードサイズがとても小さくなってしまいますが、Apple Pencil で入力する場合に最適なサイズ感になります。

 

iPad 使い方!フローティング・キーボード表示方法&解除方法
皆さん こんにちは!iPadで入力を伴う作業を行う場合に有ると便利なのがApple純正のMagic Keyboard や Smart Keyboard などのキーボードケースになります。これらのキーボードケースを装着すると持ち運びが不便にな

 

iPad ソフトキーボードはトラックパッドになる

iPadでソフトウェア・キーボードを利用する場合では、便利な機能がありますが、トラックパッドとしても利用できる機能もあります。

トラックパッド機能の操作方法(使い方)

具体的にどのように操作すれば、トラックパッドとして利用できるのか?について説明したいと思います。

画面上にキーボードを表示させて、任意の2本の指を置くだけで良いです。後は、2本指を同時になぞるように動かすだけなのですが、そんなに便利に感じないと思うのは気のせいでしょうか?

全ては用途次第といったところかも知れません。

 

トラックパッド機能のデメリット

この機能にはデメリットがあります。ソフトウェア・キーボードを表示させている状態でしか利用する事が出来ないです。

さらには、ブラウザ等で上下にスクロールする用途にも使えないので、実際には、あくまでも入力エリアでの利用に限定されている感じです。

因みにブラウザで利用すると検索エリア 及び URL表示の所で使えますが、左右に動かせるだけなので全くもって意味がありません。

 

Magic Keyboard や Folio Touch が便利

トラックパッド機能のデメリットを考慮すると、何だかんだ言っても外付キーボードケースである Magic KeyboardロジクールFolio Touch の方が便利に使えます。

この機能を利用する場合では、トラックパッド付キーボードケースを購入した方が良さそうに感じます。