iPadホーム画面の整理方法!ランチャーウィジェット・アプリ活用

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadのホーム画面は使う人によっても異なりますが、綺麗に整理整頓している場合もあれば、アプリのアイコンで満杯になっている場合もあります。

これは自分にとってどのような並び方が最適なのか?によっても変わって来るため、ホーム画面が満杯になっていても便利という場合もあります。

感じ方にも個人差があるため、一概には何とも言えないのが実情になります。

そこで今回の記事は『iPadホーム画面の整理方法は、ランチャーウィジェット・アプリを活用』についての紹介になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad ホーム画面を整理整頓する場合

iPad ホーム画面を自分にとって最適な表示&並び方にする場合では、手間を掛ける必要があります。自分だけのオリジナルな仕様にする訳ですから仕方ありません。

ホーム画面はどのように配置したいのか?を決める

ただ闇雲にアイコンを纏めてフォルダ化してしまうのは良くないです。この場合だと後で、このフォルダには何のアプリが入っているのか?分からなくなってしまうので、ある程度の規則性も必要になります。

ここで言う規則性とは何なのか?と言うと、「目的」や「用途」、「アプリの種類」が該当します。フォルダ化する場合では名称も分かりやすい名前にする必要があります。

最後に、自分のiPadホーム画面はどのようにアプリのアイコンやフォルダを配置するのか?という漠然としたイメージを決めます。

 

アプリのアイコンを配置する場所を決める

パッと見て直ぐに分かる場所にアプリのアイコンを配置するのが最適になります。そのような場所は何処なのでしょうか? それは Dock 又は ホーム画面の1ページ目が該当します。

よく使うアプリはDockホーム画面1ページ目に配置するのが最適なので、アイコンを整理整理整頓する場合では、よく使うアプリとあまり使わないアプリ、全く使わないアプリの3種類に分ける必要があります。

あまり使わないアプリはホームの2ページ目に移動、全く使わないと分かっているアプリはフォルダ化して別ページに移動 又は、削除(アンインストール)が望ましいです。

でも、iPadに最初からインストールされているアプリも有るので、そのアプリに関しては後で使う可能性も否定できないため、とりあえず残して様子を見るのが得策かも知れません。

 

スポンサーリンク

iPadホーム画面の整理方法(アプリの活用)

あまり使わないアプリのアイコンをホーム画面の2ページ目以降にアプリを移動した場合では、利用する時に探す手間が発生します。これを解決する方法もあります。

よく使うアプリはホーム画面1ページ目に配置

よく使うアプリはDockに追加して格納するパターンが多いと思いますが、実は一長一短があります。直ぐに呼び出せるのが長所になりますが、短所はマルチタスクする場合に困る場合がある部分になります。

Dockには全てのアプリを追加する事が出来ないため、追加できるアプリが限定されています。ここによく使うアプリを追加してしまうと、画面分割で便利なアプリが追加できない可能性があります。

そのため、よく使うアプリはホーム画面1ページ目に配置するのが最適に感じます。

 

画面分割で利用するアプリはDockに追加

よく使うアプリの中にはマルチタスクできる Split ViewSlide Over で使うアプリも含まれています。これらの画面分割で利用するアプリはDockに追加して格納(配置)します。

このようにする事でホーム画面の整理整頓が行えて利便性を高める事が出来るようになります。

でも、これだけでは不十分になります。何故か?と言うと、あまり使わないアプリはホーム2ページ目にフォルダ化して配置されているため、使いたい時に直ぐに使えないです。

これをどうにか?する必要があります。

 

ランチャーウィジェット・アプリの活用

ホーム画面2ページ目にフォルダ化して配置しているアプリの利便性を高めるには、ランチャーウィジェット・アプリを使うのが最適です。

あまり使わないアプリというのは、確かに頻繁には使わないけれども、利用する場合もあるので削除する事も出来ません。実際に使う時はアプリを見つける手間が発生するので便利ではないです。

でも、ウィジェットならば、使いたい時にウィジェットを呼び出せば良いので便利だと思います。

※ ウィジェットを固定化していれば、呼び出す必要はありません。

 

ランチャーウィジェット・アプリの活用方法

iPadホーム画面を整理整頓する場合では、ランチャーウィジェットを利用する方法もあります。使い方によっては便利に使えるスグレモノだったりします。

ランチャーウィジェットの使い方

ランチャーウィジェット・アプリを利用する場合では、自分にとって最適に感じるアプリをインストールする必要があります。

インストールしたら、初期設定を済ませないとウィジェットが利用できない場合も有るので、とりあえずアプリを開いてみて、ウィジェットが直ぐに使えるのか?を確認します。

ココまで済ませたら、あとはランチャーアプリをウィジェットに追加するだけです。基本的には大・中・小の3パターンのウィジェットが用意されていると思います。

自分にとって最適に感じるサイズのウィジェットを選択するのが賢明です。

 

ランチャーウィジェットは便利

大・中・小のウィジェットサイズを組み合わせる事によって、よく使うアプリをホーム画面1ページ目に配置しないでウィジェットから実行するといった事も容易になるので便利に感じます。

ホーム画面には何も表示させないで利便性を損なわずに綺麗にしておくといった使い方も出来るので自分だけのオリジナル感が有って良いと思います。

 

ウィジェットは重ねてスマートスタック

アプリのアイコンの場合では重ねるとフォルダ化する事が出来ましたが、ウィジェットの場合は重ねるとスマートスタックできます。、

同じサイズのウィジェット同士を重ねる事が出来るので、ウィジェットエリアをスマートに利用できるようになるのも便利に感じます。

だからと言って、多く重ねてしまうと利便性も落ちるので、自分にとって最適な数で重ねた方が使いやすいと思います。

 

ランチャーウィジェット 及び Dock併用が最適

最適か?どうか?は分かりませんが、筆者の場合は、Dockとランチャーウィジェット・アプリの併用するパターンでホーム画面を整理整頓するのが最適に感じます。

最適に感じる理由

ランチャーウィジェットの場合では、配置するサイズや登録するアプリを選択できるので、ピンポイントで自分が求める物を実行できるメリットがあります。

また、Dockに格納するアプリを画面分割などのマルチタスク専用として活用できるのも魅力的に感じます。

とはいえ、あくまでも筆者の場合に限定されるため、他の第三者が同じように感じるとは限りません。これは人の感じ方には個人差があるため、仕方のない部分だと思います。

 

実際に利用しているランチャーアプリの紹介

Launcherという名称のアプリをインストールして利用しています。ウィジェットサイズは小を使っており、カレンダーウィジェットに重ねています。

ウィジェットの配置も簡単ですし、使い方も簡単なので、誰でも便利に使えるアプリだと思います。

但し、重ねてスマートスタックする場合では、画面を有効に利用できるのは便利ですが、あまり重ねてしまうと逆に利便性が悪くなります。

というのも、下に表示されているウィジェットを確認しよとすると、スマートスタックされているウィジェット内でクルクル回ってしまうといった感じ。

 

ウィジェットの一長一短

ランチャーアプリも含めて、ウィジェットを配置していると、全てにおいて最適に感じるように思いますが、一長一短に感じる部分もあります。

それは、ウィジェトに配置されているアプリは常に最新状態を維持しているため、情報系のアプリの場合は通信状態にあるという事になります。

情報系の中にはニュース天気予報、鉄道の乗り換え案内等も含まれます。Wi-Fiに設定しておけば通信費用は掛かりませんが、その代わりにバッテリー消費への影響が少なからずあります。

便利に感じるからといって、いくつも配置してスマートスタックするよりも配置するウィジェットは厳選した方が良いと思います。

 

iPadホーム画面の整理方法!アプリのアイコンはフォルダ化&移動(別ページに移動)
皆さん こんにちは! iPadのホーム画面に並んでいるアプリのアイコンはそのままにしておくと、どんどん増えていくため、気が付いた時にはホーム画面のページがいくつも増えているといった状態になりやすいです。 この状態でも別に...