iPad 使い方!フローティング・キーボード表示方法&解除方法

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで入力を伴う作業を行う場合に有ると便利なのがApple純正のMagic Keyboard や Smart Keyboard などのキーボードケースになります。

これらのキーボードケースを装着すると持ち運びが不便になるため、必ずしも最適という訳ではないのが実情になります。

幸いな事に、iPadにはソフトウェア・キーボードも利用できるため、外付キーボードを利用しなくても入力作業が行えます。

でも、ソフトウェア・キーボードを利用すると画面の下半分がキーボードに専有されてしまうので不便に感じます。このような場合はフローティングにした方が良い場合もあります。

今回の記事は『iPadで、フローティング・キーボードの表示方法 及び フローティング解除方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで入力作業を行う場合

iPadはPC周辺機器のキーボードやマウス、USBハブ等も利用する事が出来るため、入力を伴う作業にも活用する事ができます。

キーボードが必要

iPadで入力作業を行う場合では基本的には、Magic Keyboard や Smart Keyboard Folio などのキーボードケースが必要になります。

PC周辺機器のBluetooth接続キーボードも利用する事が出来るため、外出先に持ち歩く場合では、折りたたみに対応したキーボードの方が良い場合もあります。

また、ノートPCのように利用する場合では、マウスも必要になる場合があります。臨機応変に自分にとってベストに感じる機器を使いこなして作業の効率化を行った方が良いです。

 

ソフトウェア・キーボード

App純正のキーボードケースやBluetoothキーボードを利用しない方法もあります。いわゆるiPAdのソフトウェア・キーボードを表示する方法になります。

この方法でも入力作業を行う事ができるのですが、実際の使い勝手は、ハードウェアよりも劣ります。

タッチ操作での入力となるため、慣れも必要になります。でも、絵文字も使えるため、使い方によっては便利に使えると思います。

 

iPadにキーボードは必要なのか?

そもそも入力を伴う作業というのは実際にどのぐらい有るのでしょうか?iPad本体よりもキーボードは利用頻度が少ないと思います。

別に買わなくてもソフトウェア・キーボードで十分なのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

 

iPad 使い方!ノートPC化してiPadを便利に使用する方法
皆さん こんにちは! iPadはタブレット端末になるため、キーボードやマウスを利用して、ノートPC化のように利用する事も出来ます。 入力を伴う作業を行う場合ではキーボードが有ると便利に使えるため、いっそのこと、ノートPC...

 

スポンサーリンク

iPad ソフトウェア・キーボードについて

iPadでは外付のMagic Keyboard や Smart Keyboard を利用しなくてもソフトウェア・キーボードを利用する事が出来ます。

ソフトウェア・キーボードのデメリット

ソフトウェア・キーボードを利用する場合ではデメリットがあるため、便利に使えるという訳ではないのが実情です。

その内の1つが画面の占有率になります。キーボードを表示すると、画面の下側半分がキーボード表示になってしまうため、見づらい感じになります。

この状態でタイピングを行うことになるため、効率的な入力が行えるとは限りません。むしろ、効率的ではないと感じます。

 

ソフトウェア・キーボードのメリット

① 携帯性(軽量化)
外付キーボードを利用しなくてもディスプレイ上にキーボードを表示できるため、iPadを持ち運びする場合に軽量化する事ができます。

 

② トラックパッド
ソフトウェア・キーボードを利用すると、いくつかの便利な機能を利用する事が出来ます。例えば、キーボードをトラックパッドのように利用できるといった感じ。

トラックパッドを利用したい場合は、Magic Keyboard や ロジクールFolio Touchなどのキーボードケースを利用する必要があります。

これらのキーボードケースを使わなくても画面上で同様の操作が行えるのは便利かも知れません。

 

フローティングに変更できる

フローティング表示にする事も出来るため、Apple Pencil を利用している場合でも入力作業が行えます。

但し、フローティングにしたからと言って、必ずしも便利に使える訳でもないため、注意も必要になります。

 

iPad フローティング・キーボード表示方法

ソフトウェア・キーボードをフローティングにした場合のメリットは何があるのでしょうか?任意の場所に自由自在に配置できるのが便利です。

フローティングの表示方法

① アプリ起動
Office や メモ帳、App Store などのアプリを起動してソフトウェア・キーボードを表示します。

 

② キーボードマーク
画面右下に表示されているキーボードマークを長押しすると「固定解除」、「分割」、「フローティング」が表示されます。

 

③ フローティングをタップ
「固定解除、分割、フローティング」が表示されている状態で、タップしている指を滑らせるようにフローティングまで持っていき、離します。

※ 指を滑らせないで離してしまうと、表示が消えてしまいます。

 

④ フローティング表示
画面左下に小さい表示になったフローティング・キーボードが表示されます。

 

フローティングのメリット

① 画面を有効に使える
ソフトウェア・キーボードをフローティングさせた場合では、画面を有効に活用する事が出来るようになります。

画面に対するキーボードの占有率が圧倒的に小さくなるため、画面表示が見やすくなります。

 

② 配置場所も自由自在
フローティングにした場合では、画面の何処でも自由にキーボードを配置しておけるのも便利に感じます。

 

フローティングのデメリット

フローティングにした場合では、キーボードサイズがとても小さくなってしまうため、タッチ操作するには不便に感じます。

特に、画面サイズが小さい iPad mini の場合は、Apple Pencilで利用する場合でも、フローティングさせない方が良いと思います。

Apple Pencil などのiPadタッチペンでの入力に便利

 

iPad フローティング・キーボード解除方法

ソフトウェア・キーボードをフローティング表示にした場合では、どうやって解除すれば良いのだろおうか?と悩んでしまう場合があります。

フローティングの解除はどうする?

意図しないで(間違って)フローティングにした場合では、どうやって元のサイズのキーボード表示に戻るのかな?で悩みます。

何せ、フローティング表示ではキーボードマークの表示が無いため、戻したくても戻せないからです。

この場合では、ピンチアウトの操作を行えば解除できます。

 

ピンチアウトでフローティング解除

① ピンチアウト
任意の2本の指をフローティングしているキーボードにおいて、同時に2つの指を開くように伸ばして離す(ピンチアウト)と元のサイズのキーボードに戻ります。

 

② ドラッグ&ドロップ
又は、ブラウザなどのアプリを開いている場合では、画面の一番下側にキーボードをドラッグ&ドロップ(離す)すると、元のサイズに戻ります。