iPad 使い方!ユーザー辞書に単語を登録&編集・削除する方法

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズとキーボードを利用すると、ノートPCのように入力を伴う作業に利用できるようになりますが、これだけでは便利に利用できるという訳ではありません。

入力作業に最適なアプリも必要になりますし、スムーズに入力できるように、ユーザー辞書の整備も必要になります。

iPadを入力作業で活用する場合では、手始めとして「ユーザー辞書」の整備から始めるのが最適です。

今回の記事は『iPadで、ユーザー辞書に単語や文章を登録&編集・削除する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを入力を伴う作業に活用する場合

iPadはキーボードやマウスを利用する事が出来ますが、これらの周辺機器を利用すると、ノートPCのように入力を伴う作業に使えるようになります。

入力作業に必要なキーボード

iPadを入力作業に使う場合は、キーボードが必要になります。Apple純正の Smart Keyboard Folio や Magic Keyboard が最適に感じます。

可能ならば、iPad Air 又は iPad Pro で入力作業が良いのではないか?と個人的に考えます。他の機種でも問題ないのですが、iPadとの連携という面を考慮すると、iPad Air 又は iPad Pro が最適に感じます。

この2機種の場合では、Smart Connector を搭載しているため、Smart Connector経由で電源供給及び接続が行えます。

それに、高性能なCPUも搭載してあるため、活用の幅も広がると思います。

 

入力作業に最適なアプリ

iPadで入力を伴う作業に利用する場合に必要不可欠になる存在がアプリになります。何のアプリを使うのか?によっても真価が問われます。

Smart Keyboard FolioMagic Keyboard と接続して使ったからと言って、快適に入力が行えるという訳ではありません。

自分にとって最適に感じるアプリの有無というのは重要な要素になります。仮に無い場合は残念ながら、iPadをノートPC化しないで、普通に自宅のPCで入力作業を行った方が良いです。

キーボードを活用できる自分にとって最適なアプリを見つける努力も必要になります。

 

ユーザー辞書も必要

仮にキーボードを活用できる最適なアプリが既にインストールされている場合では、ユーザー辞書が整備されているのか?も関係してきます。

何故か?というと、ローマ字入力を行った場合では変換が必要になります。自分にとって最適な読みがなで変換できた方が作業の効率化に繋がります。

iPadを利用して入力作業を行う場合は、効率化という面も考慮した方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

iPadで、ユーザー辞書を登録する方法

iPadを入力作業で活用する場合では、ユーザー辞書の整備も必要不可欠な要素になりますが、肝心要のユーザー辞書は何処で登録すれば良いのでしょうか?

iPadでもユーザー辞書を登録できる

スマホの場合ではユーザー辞書を登録できますが、当然の事ながらiPadでも登録できます。操作も3ステップで済むため、簡単なので便利に感じます。

但し、本当の意味での便利という訳ではなく、単純に単語を登録するという部分においては便利ですよ~という意味になります。

何が言いたいのか?というと、Androidスマホのように「単語リスト」感覚で複数のユーザー辞書を使い分ける事が出来ないので、必ずしも便利という訳ではありません。

 

ユーザー辞書の登録方法

① 操作方法
設定 → キーボード → ユーザー辞書

※ 因みにキーボードの下に表示されている「辞書」はユーザー辞書ではないため、間違えないようにしてください。

 

② 単語登録
ユーザー辞書を開くと画面右上にが表示されています。
をタップすると、「単語」と「よみ」を入力すれは登録できます。とてもシンプルでかつ簡単なので迷う事はありません。

 

③ 編集
単語登録したけど、読みがなを間違えてしまった場合は修正も行えます。この場合は、該当する単語をタップして、読みがなを変更して保存を行います。保存は画面右上に表示されています。

 

iPadでユーザー辞書の編集&削除方法

ユーザー辞書では単語の登録及び編集が行えますが、削除はどのように行えば良いのでしょうか?削除したい単語を「長押し」を行っても編集しかできません。

単語削除ではなく、編集で対応

「長押し」でも編集画面が開いてしまうので、削除は行えないのかな?と思ってしまう場合もあります。この場合では、別の単語を登録して対応するのも1つの方法となります。

この場合でも、結果的には削除して他の新しい単語を登録したとも解釈できるため、ある意味、一石二鳥に該当します。

この方法で良いのか?それとも、ちゃんと間違えて登録してしまった単語は綺麗サッパリ削除したいのか?を決める必要があります。

 

ユーザー辞書の単語を削除する場合

間違えて単語を登録した場合は、編集を開いて、別の単語&読みがなを登録する方法もありますが、純粋に単語そのものを削除したい場合もあります。

この場合は削除したい単語を「長押し」するのではなく、「左にスワイプ」すれば良いです。そうすると右側に削除が赤く表示されます。

表示された「削除」をタップすると単語が綺麗に削除されます。

 

iPad 使い方!ノートPC化してiPadを便利に使用する方法
皆さん こんにちは! iPadはタブレット端末になるため、キーボードやマウスを利用して、ノートPC化のように利用する事も出来ます。 入力を伴う作業を行う場合ではキーボードが有ると便利に使えるため、いっそのこと、ノートPC...

 

iPadでユーザー辞書を登録方法「まとめ」

ここでは、iPadで簡単な文章や単語をユーザー辞書に登録する場合の「まとめ」及び 関連事項についての内容になります。

文章 及び 単語登録&編集の方法

iPadでユーザー辞書に新しい単語を登録する場合は、Androidスマホのユーザー辞書のように単語リストで使い分ける事はできません。

iPadで出来る事は、「単語」と「よみ」を登録するのみとなります。

 

単語の編集&削除方法

単語を削除してから新しい単語を登録するのでは、非効率的な作業になるため、この場合は単語を削除しないで編集を行うのが最適です。

削除したい単語をタップして、「単語」と「よみ」に新しく登録したい単語を入力して対応するのが賢明の選択になります。

 

単語の削除方法

単語を削除したい場合は削除したい単語を「長押し」ではなく、削除したい単語を左にスワイプして赤の削除ボタンを表示します。

この方法では、新しく単語を登録しない事が前提になります。ハッキリ言って、一度削除してから新たに単語登録するのは非効率的です。

iPadの使い方の一部として知っておくという目的に特化した方が良いのでは?