iPad 使い方!PCとiPadファイル転送方法(USB・アプリ)

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadとPC間で写真や画像・音楽といったファイルを移動する場合も有ると思います。この場合ではどのように行えば良いのでしょうか?

基本的にはUSBケーブルを利用すればPCとiPad間で行えるという知識は何となくあるので特に問題ないのですが、USBケーブルを使うとスマートではないので可能ならばワイヤレスで行いたいでしょう!

特に自宅ではWi-Fiを利用しているパターンが多いですから、Wi-Fiでファイルを送受信できると便利です。

そこで今回の記事は『iPadとPCのファイル転送方法はUSBケーブルの利用と転送アプリを使う方法がある』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadとPC間でファイルを送受信(転送)方法

iPadのカメラで撮影した写真やスクリーンショットの画像ファイルをPCに転送する場合もあります。この場合ではどのような方法で転送すれば良いのでしょうか?

USBケーブル

iPadを購入時に付属されてくるUSBケーブルを利用して、PCとiPadを接続してUSB経由にてファイルを転送する事が出来ます。

USBケーブルを利用する場合は、おそらく一番簡単にファイル転送が行える方法なのではないかな?と個人的に考えます。

とはいえ、コードが邪魔に感じる場合もあるため、一概には何とも言えません。

 

ファイル転送

iTunesアプリケーションを利用する方法も便利だと思います。筆者の場合は確かに最初の内は利用していたのですが、そもそもアプリを起動するのが面倒に感じた事もあり、現在では使っていません。

iPadでミュージックを聴かないので、iTunesを利用しなくても問題ないのが実情になります。自分の目的に合致する方法でファイル転送を行うのが最適です。

因みに、iTunesの場合はWindowsバージョンも有るため、Windows PCでも便利に利用できます。

 

ファイル転送アプリ

ワイヤレスWi-Fiファイルを転送できるアプリを利用しても良いです。アプリの場合では、好みや使い勝手も関係するため、自分にとって最適に感じるアプリに巡り合うのか?という部分も重要になります。

また、Wi-Fi通信だけでなく、電話回線で送信できるアプリも有るため、実際に利用する場合は初期設定状況を確認した上で利用するのが賢明の選択になります。

但し、所持しているiPadがWi-Fiモデルの場合は電話回線を利用できないため、余計な心配をしなくても済むと思います。

 

スポンサーリンク

USBケーブルでiPadからPCに転送する方法

筆者が一番ベストに感じるのが、USBケーブルにてファイルを移動する方法になります。厳密に言えば、移動しないでコピー&削除していると言った方が正解になります。

3in1自動巻取り式USBケーブルを利用

毎日の通勤時に持ち歩いている「USB Type-C、Micro USB、Lightning」端子に対応した3in1自動巻取り式USBケーブルを利用しています。

所持しているiPadシリーズは、iPad mini と iPad Air なので、USB Type-C と Lightning端子が必要になります。

さらにはiPad mini で入力を伴う作業に利用するBluetooth接続の折りたたみキーボードがMicro USB にて充電のため、3in1タイプの自動巻取り式USBケーブルが最適なのである。

 

iPadとWindows PC間のファイル転送

筆者の場合はWindows PCを所持しているため、iPadでスクリーンショットなどを行ったらPCに転送しています。

この場合に好んで使っているのはUSBケーブルになります。USB経由の場合では、コードが邪魔に感じますが、何だかんだ言っても不思議と一番便利に使えるという感じなので、この方法でよく転送しています。

 

特別なソフトやアプリが不要

コードが邪魔に感じているのにUSBケーブルを好んで使っている理由は、端子に差し込んでしまえば、PC側から簡単にファイル移動や削除が行えるので快適だからです。

 

スポンサーリンク

ワイヤレスWi-FiでiPadからPCに転送する方法

Wi-Fiを利用してiPadからPCにファイルを転送する方法もあります。この場合ではPCのOSによっても方法が異なります。

iPadとMacの場合

筆者の場合は、Macbookも含めてApple製品のPCを所持していないため、どのように行えば良いのか?サッパリ分かりません。

iPadユーザーガイドを閲覧 又は 「MacとiPad間の同期を設定」で検索して方法を調べて自分でやって頂くのが最適な方法になります。

 

iPadとWindows PC の場合

iPadとWindows PCとのWi-Fi経由でファイル転送を行う場合では、WindowsバージョンのiTunesアプリケーションをダウンロードしてインストールする必要があります。

その上で、iTunesを起動して、オプションにある「Wi-Fi経由でこの<デバイス>と同期する」を選択する事でファイル転送が行えるようになります。

 

Windows PCでファイル転送の補足

何だかんだ言っても一番便利にファイルが転送できるのは、USBケーブルだと思います。これは実際に何度も行っているからこそ断言できます。

3in1ケーブルを利用しているのですが、PCとipadでUSBで接続してしまえば、アプリも不要ですし、エクスプローラーでPC側からiPad内に保存してある写真や画像などをアクセスできるため、筆者の場合は便利に感じます。

 

Apple Pencil 使い方!スクリーンショットを撮る方法
皆さん こんにちは! iPadを利用している場合では、画面のスクリーンショットを撮影したい場合も発生します。この場合では、自分にとって最適に感じる方法で撮る事になります。 Apple Pencil を利用している時に画面...

 

ファイル転送アプリでiPadからPCに転送方法

iPadとPC間で写真などのファイルを転送する場合では、ファイル転送アプリを利用するのが便利に感じます。

AirMore

筆者の場合は、AirMoreを好んで利用しています。シンプルに目的のファイルをiPadからPCに転送できるため、便利に感じます。

しかもWi-Fiファイル転送なので、USBケーブル不要で利用できるのが良いです。

USBケーブルを使うとどうしても、ケーブルが邪魔に感じるため、この煩わしさがなくなるだけでも快適に感じます。

使い勝手については賛否両論あると思いますが、筆者的にはSend Anywhereよりも便利に使える感があります。、

 

Send Anywhere

Androidスマホでは、Send Anywhereを利用しているのですが、こちらのファイル転送アプリの特徴としては、Wi-Fiファイル転送だけでなく、電話回線を利用して送信も行えます。

でも、画像や動画ファイルの場合では、うっかりWi-Fi圏外で送信すると、電話料金が大変な事になってしまうので、Wi-Fi時のみに設定して使っています。

iPadでは多機能過ぎて利用したくないといった感じなので使っていません。こればっかりは好みや使い勝手も関係して来るため、自分にとって最適に感じるファイル転送アプリを利用するのが最適だと思います。