Apple Pencil 使い方!素早くメモ書きできる便利な方法

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadを仕事やビジネスに活用している場合では、必要に応じてメモを取る場合もあります。このような場合では、自分にとって最適に感じるメモ帳アプリが便利です。

でも、自分のお気に入りのアプリはどんなに素早く起動してもロックを解除する必要があるため、流石にササッとメモ書きできません。

正にこのような場合に便利なのが、iPadに初期インストールされているメモアプリです。

今回の記事は『Apple Pencil 2 を利用して、iPad Air 及び iPad Pro で素早くメモ書きする場合に便利で役立つ方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad 手書きメモを記入する場合

iPadをどのように利用するのか?は個人差があるため、一概には何とも言えないと思います。仕事で活用する場合ではスケジュール管理やメモ書きにも利用すると思います。

標準アプリを利用(初期インストール済)

iPadには、アプリストアで、ノートアプリやスケジュール管理アプリをインストールしなくても、標準アプリのカレンダーやメモアプリが初期インストールされています。

既に購入と同時に、直ぐに利用できる環境が整っている状態になります。これを使わないのは実に勿体ないと思います。

とはいえ、使い勝手という面に限って言えば、必ずしも自分にとって最適に感じるという訳でもないのが実情になります。

このように感じている場合では、自分にとって最適に感じるノートアプリ等を利用するのが賢明の選択です。

 

お気に入りのノートアプリを使う

仕事や生活の用途でiPadを活用する場合では、初期インストールされている標準アプリでは対応できない場合もあります。

特に或る用途に特化して作業などを行う場合では、使い勝手が良いアプリじゃないと効率的ではありません。

効率性や自分にとって使いやすいのか?を考慮した場合では、標準アプリよりもアプリストアでインストールできるアプリの方が魅力的に感じる場合もあります。

この場合では、お気に入りのアプリを使ってiPadを便利に活用する事になります。

 

スポンサーリンク

iPadでメモを記入する場合に必要な物

ここでは、iPadシリーズで、メモを取る場合に必要になるiPad対応アクセサリー(デジタルペンシル)についての紹介になります。

Apple Pencil(第1世代、第2世代)

iPad を購入したら、是非とも一緒に購入したいアクセサリーの1つに該当するのがApple Pencilになります。ホワイトを基調としたカラーになっているのが特徴的です。

Apple Pencil と iPadシリーズとの相性は抜群であるため、逆に使わないのは勿体ないといった感じのベストパートナーになります。

とはいえ、充電方法に限って言えば、第1世代はイマイチになりますが、Apple Pencil 第2世代はベストと言っても過言ではないぐらいに素晴らしいです。

iPad Air 及び iPad Pro とマグネット接続でかつ、ワイヤレス充電&自動ペアリングなので、煩わしいペアリング設定が必要ないのも魅力的です。

さらにダブルタップするだけで、ツール(鉛筆と消しゴム)を切り替える事が出来るのもスマートで便利に利用できます。

 

iPad 対応タッチペン

iPadで利用できるデジタルペンシルは、Apple Pencil だけではなく、ロジクールCrayon for iPad も含めて、ESR iPad タッチペン等があります。

実際に利用する場合では、全ての機能が全く同じではないため、不便に感じたりする場合もあるのが実情になります。

特に、Apple Pencilに対応しているアプリだからといって、iPad対応タッチペンで同じように使えるという訳ではないので注意も必要です。

とはいえ、Apple Pencil や ロジクールCrayon for iPad よりも安価で購入できるのは十分に魅力的に感じます。

Appleストアで購入できるアクセサリーはそれなりに価格が高いのでお財布との相談も必要になります。この点から考慮すると、iPad対応タッチペンという選択も十分に有りなのでは?と考えます。

 

スポンサーリンク

iPadで素早くメモを取る場合はApple Pencilが最適

Apple Pencil 2 を利用できるiPadシリーズを使う場合では、メモなどを取る場合に効率的に行えるようになるので便利に感じます。

ロック画面を解除しないで使える便利さ

Apple Pencil 2 に対応しているiPadの場合では、カバーケースのSmart Folio や Smart Keyboard Folio などを利用している場合も有ると思います。

ディスプレイ保護カバーを開けるとロック画面になりますが、ここでApple Pencil 2 を画面にタッチするだけで、標準のメモアプリが起動します。

ロックをわざわざ解除しなくてもメモアプリが起動するので、直ぐにApple Pencilで書き留める事が出来るのである。

これならば、仕事中にササッと手書きメモを取る事が出来るため、職種によっては仕事の効率化に繋がる場合があります。

 

ダブルタップでツールを切り替えできる

Apple Pencil を利用する場合では、ロック画面でも直ぐにメモを取る事が出来ますが、これ以外にも便利に利用できる機能があります。

お気に入りの手書きノートアプリを使用している場合では、入力箇所を間違ってしまったり、誤字脱字なども有ると思います。

この場合では、鉛筆と消しゴムをササッと切り替えて効率よく記入したいものです。この場合に便利なのがダブルタップになります。

iPadと接続する面をダブルタップすると、現在使用中のツールを切り替える事が出来ます。

 

鉛筆とマーカーを切り替えたい場合

Apple Pencil のダブルタップを行った場合では、標準で現在使用中のツールと消しゴムの組み合わせになっていますが、これを前回使っていたツールと現在使っているツールのパターンに変更する事も出来ます。

この場合は、先にマーカーやスタンプを使ってから、鉛筆を使った上で、Apple Pencilの設定を変更するだけで良いです。

具体的には、設定のApple Pencil を開いて、ダブルタップの欄にある「現在使用中のツールと前回使用したツールの切り替え」をタップして✓を入れます。

設定変更の切り替えが選択してタップするだけという簡単さなので、臨機応変に必要に応じて行う事で、効率も向上します。

 

Apple Pencil 使い方!ツールの切り替え設定変更の方法
皆さん こんにちは! iPadで、Apple Pencil 2を利用してデザインやメモなどを記入等を行っている場合では対応しているアプリでは、Apple Pencil 2だけでツールの着替えが行えて便利です。 標準では、...

ロック画面でApple Pencil を利用する場合の注意事項

Apple Pencil 2 をiPadのロック画面で実際に使う場合はメモアプリが起動して便利に使えますが、必ずしも便利という訳ではありません。

マルチタスクを利用する場合

ロック画面中にApple Pencilを画面にタッチして標準メモアプリを起動した場合では、マルチタスク(Split ViewSlide Over)を利用する場合に注意が必要になります。

2画面に分割する場合や重ねて表示する場合ではDockに配置しているアプリをドラッグ&ドロップする必要がありますが、そもそもロックを解除しないとDockは表示できません。

ロック画面で、ロックを解除しなくても利用できるアプリは、あくまでもApple Pencilをタッチして起動できる標準メモアプリだけです。

 

他のアプリに切り替える場合

iPad のロック画面でApple Pencil をタップすると、標準メモアプリが起動します。この時点では、Touch ID や パスコードを入力しなくても利用できます。

ここまでは確かに便利に感じますが、ここからが本番になります。Face ID であれば、何も問題ないのですが、iPad Air の場合は、他のアプリに切り替え場合にロックを解除する必要があります。

ホーム画面に戻る 及び Appスイッチャーを起動 又は Dockを表示するにしても「Touch ID 又は パスコードを入力」する表示に切り替わります。

この煩わしさを感じるのが嫌な場合は、iPad Pro を購入した方が良いのではないか?と個人的に考えます。