Apple Pencil 使い方!スクリーンショットを撮る方法

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadを利用している場合では、画面のスクリーンショットを撮影したい場合も発生します。この場合では、自分にとって最適に感じる方法で撮る事になります。

Apple Pencil を利用している時に画面のハードコピーを撮りたい場合も実際にあるため、この場合では、AssistiveTouch を利用するしか方法が無さそうに感じます。

でも、ところがどっこい!そうではありません。何と、Apple Pencil だけで画面のスクリーンショットを撮る事が出来るのである。

今回の記事は『Apple Pencil だけで、画面のスクリーンショットを撮る方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで画面のスクリーンショットを撮る方法

iPadでスクリーンショットを撮る場合では、ハードボタンを利用して撮る事が出来ますが、両手を使う必要があるため、なんかちょっと面倒に感じてしまうのは気のせいでしょうか?

ハードボタンで撮る

iPad本体のハードボタンでスクリーンショットを撮る場合では、ホームボタンの有無によっても操作が異なります。

 

① ホームボタン有り
ホームボタントップボタンを同時に押す。

 

② ホームボタン無し
トップボタン音量を上げるボタンを同時に押す。

 

AssistiveTouchを利用する

設定のアクセシビリティを開いて、タッチの中にあるAssistiveTouchオンにすると、仮想ホームボタンが利用できるようになります。

この仮想ホームボタンに機能を割り当てる事によって、画面のスクリーンショットが撮影できます。

でも、標準設定では、このようになっていないため、自分で設定を変更する必要があります。

 

Apple Pencil を利用する

Apple Pencil も含めて、iPad対応タッチペンでも画面のスクリーンショットを撮る事が出来ます。

但し、全てのiPadシリーズがApple Pencilでのスクリーンショットに対応しているという訳ではないのが実情になります。

この機能を使う場合は、少なくとも、Apple Pencil 2 が利用できるiPadになると思います。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil 2 だけでスクリーンショットを撮る方法

Apple Pencil 2 だけで、画面のスクリーンショットを撮る方法は、AssistiveTouchを利用する方法とApple Pencil だけで撮る方法の2種類。

AssistiveTouchは賛否両論

どうしてAssistiveTouchを利用する場合は、賛否両論になるのか?と言うと、ハッキリ言えば、一長一短があるからです。

設定できるのは、「シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」の3種類だけなので、ここにスクリーンショットを割り当ててしまうと、利便性に影響が出る場合があります。

それに、スクリーンショットに限って言えば、ここに割り当てなくても他にも行える手段が2つも用意されているため、設定しなくても良いのでは?と個人的に考えます。

但し、iPad対応タッチペンを利用している場合では、AssistiveTouchに割り当てるのが最適です。

 

Apple Pencil 2 で撮る方法

iPadではApple Pencilも普通に利用する場合も意外と多いので、これだけでスクリーンショットを撮影できると利便性も良くなります。

実際にはどのように行えば良いのか?と言うと、画面右下の角 又は 画面左下の角 から画面中央に向かってApple Pencilで素早くドラッグするだけです。

因みに、上手く撮影できるのか?はコツが有るみたいです。コツを掴むまでは、ひたすらチャレンジあるのみが良いと思います。

 

右利きの人は画面左下の角が最適

これは筆者の場合だけかも知れませんが、同様に画面右下角よりも、画面左下の角からの方が最適に感じます。

右利きだからかも知れませんが、簡単にシュッ!と撮れます。それに対して、右下の角は、すこぶる相性が悪くて、10回やって1回できれば良い方だと思います。

 

スポンサーリンク

iPad対応タッチペンでもスクリーンショットが撮れる

iPadを購入する場合では、Apple Pencil も購入したいと感じますが、Apple純正アクセサリーを丸ごと全部、購入すると、雪だるま式に購入金額が増えてしまいます。

このような事情を考慮した場合では、純正品ではなくiPad対応タッチペンを購入する場合もあります。

iPad対応タッチペンでも撮れる

iPadシリーズで利用できるデジタルペンシルは、Apple Pencil(第1世代、第2世代)だけではありません。ロジクール Crayon for iPad や iPad対応タッチペンも利用できます。

それならば、Apple Pencil 2 と同じ方法で、iPad対応タッチペンもスクリーンショットが撮れるのかな?という部分も気になると思います。

実際に検証してみた感じでは、iPadシリーズによっても異なるという結果になりました。

 

iPad Air / iPad Pro では可能

筆者の場合は、iPad Pro は所持していないため、iPad Air 4 にて実際に試して検証してみましたが、ロジクール Crayon for iPad 及び ESR iPad タッチペン共に何も問題なく、スクリーンショットを撮る事が出来ました。

これならば、別にApple Pencil 2 を購入しなくても、スクリーンショットに限って言えば、同様に利用できるので便利だと思います。

但し、何から何まで全て同じという訳ではないため、それなりに一長一短も有ると思います.

 

iPad mini では出来ない

iPad mini 5 でも、iPad対応タッチペンでスクリーンショットが撮れるのか?を確認する目的で、実際に試してみましたが、iPad Air と同じ方法で撮る事が出来ませんでした。

因みに、使用したiPad対応タッチペンは、ロジクール Crayon for iPad 及び ESR iPad タッチペン の2種類になります。

もしかすると、この機能は、Apple Pencil 2 が利用できるiPadしか使えないのかも知れません。

 

Apple Pencil 2、Crayon、ESR iPadタッチペン3種・比較レビュー
皆さん こんにちは! iPadシリーズでタッチペンを使う場合では、Apple Pencil や ロジクール Crayon for iPad、iPad対応タッチペンを利用する事になります。 それならば、これら3種類の実際の...

 

AssistiveTouchが最適&便利な方法

iPadで簡単に画面のスクリーンショットを撮る場合では、AssistiveTouchのカスタムアクションを設定して利用するのが、どの場面においても便利に感じます。

AssistiveTouchが便利に感じる

① AssistiveTouchオン
設定を開く → アクセシビリティ → タッチ → AssistiveTouch → オン

 

② カスタムアクション変更
「シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」のどれかにスクリーンショットをを設定します。

実際に設定して使ってみた感じでは、ダブルタップ 又は 長押し に設定すると便利に使えます。

 

臨機応変に設定変更ができる

Apple Pencil ではなく、AssistiveTouchの方が便利に感じるのか?と言うと、iPadの場合は臨機応変に設定画面を開いて、設定変更が行えるからです。

Apple Pencil に拘らなくても、自分にとって最適に感じる方法で画面のハードコピーを撮影できるので便利に感じます。

但し、デメリットもあるのも事実です。ダブルタップ 又は 長押し にスクリーンショットを設定すると、Apple PencilだけでDockの表示Appスイッチャーを表示する場合に困ってしまうからです。

 

iPad 使い方!画面のスクリーンショットを撮る方法(3種類)
皆さん こんにちは! iPadで画面のスクリーンショットを撮る場合では、どの方法を利用していますか? iPad では3種類のスクリーンショットを撮る方法がありますけど、どの方法が自分にとって最適に感じるのか?でも変わって...

 

Apple Pencilは一長一短

Apple Pencil も確かに便利なのですが、何故だか分かりませんが、筆者の場合は画面の左下角からシュッと画面中央に向けてやった場合だけスクリーンショットが撮影できるのである。

同様に画面右下角から同じ感覚で何度も行っても(10回やって1回成功すれば良い方)画面のスクリーンショットを撮影できないため、あまり便利に感じません。

やっぱり利き手も関係あるのかな?と個人的に考えます。又は、単にやり方が悪いのかも知れません。