iPadホーム画面の整理方法!アプリのアイコンはフォルダ化&移動(別ページに移動)

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadのホーム画面に並んでいるアプリのアイコンはそのままにしておくと、どんどん増えていくため、気が付いた時にはホーム画面のページがいくつも増えているといった状態になりやすいです。

この状態でも別に問題ないのですが、いざ!アプリを使う時に探す手間が発生するので時間が勿体ないと思います。

気が付いた時に整理整頓しておいた方が無難です。この場合では具体的にどのような方法を利用すれば良いのでしょうか?

そこで今回の記事は『iPadホーム画面のアプリのアイコンはフォルダ化して別ページに移動する整理方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad ホーム画面はアイコンが多く並んでいる

iPadではアプリをインストールすると、ホーム画面にアイコンが配置されます。このアイコンを削除するとアンインストールされてしまうため、結局のところ、ホームのどこかに配置しておく必要があります。

iPadホーム画面のアプリの配置

iPadではアプリをインストールすると、ホーム画面にアイコンが配置されます。このアイコンを削除するとアンインストールされてしまいます。

この場合だと確実にホーム画面にアイコンがこれでもか!と言わんばかりに並んでしまうため、見づらくなってしまいます。

ホーム画面が見づらくなると弊害として、アプリを使う時に「あれ?」何処にアプリが有るのかな?といった感じに探す手間が発生するため、パッと見て直ぐに分かる場所に配置しておくのが最適です。

 

何処にアプリが有るのか?直ぐに分かる場所

パッと見て、アプリが直ぐに分かる場所はいったい何処なのでしょうか? おそらくDock 又は ホーム画面の1ページ目だと思います。

どちらか?にアプリを配置すれば、探す手間を掛けないでアプリを開く事が出来ると思います。とはいえ、ここにアプリのアイコンを集約するのは至難の技に感じる場合もあります。

というのも、既に多くのアプリをインストールしてある状態では簡単に整理するのは難しいのが実情になります。

可能ならば、iPadを購入した時点で済ませておきたいところです。

 

スポンサーリンク

iPadホーム画面のアイコンを整理する方法

ホームに並んでいるアイコンを整理する場合では、具体的にどのような方法があるのか?についての紹介になります。

よく使うアプリは優先的にDockに追加

よく使うアプリはDockに追加して格納するのが最適です。Dockに追加すればSplit View や Slide Over を利用してマルチタスクする場合に最適です。

但し、マルチタスクしたからと言って、必ずしも便利にアプリが利用できるという訳でもないので注意が必要になります。

特にiPadでExcelなどのOfficeアプリを利用する場合では、画面分割して利用すると、使い勝手が悪くなる場合もあります。

画面を分割しないで利用した方が便利に使えるアプリも有るため、そのようなアプリはホーム画面1ページ目に配置するのが良いと思います。

 

アイコンを重ねてフォルダ化

ホーム画面に並んでいるアプリのアイコンはフォルダ化して纏めてしまうのが最適に感じますが、ただ単に纏めてしまうのは良くないです。

このアプリはどんな用途に使うのか?といった感じで目的別に纏める 又は、単にあまり使わないアプリだけを纏めてしまう等の分け方もあります。

自分にとってどのように纏めた方が最適に感じるのか?を優先するのが最適に感じます。それさえ固まれば、アイコンを重ねてフォルダ化してしまえば良いです。

 

フォルダ化した場合の配置場所

アイコンを重ねてフォルダ化した場合では、ホーム画面の1ページに配置するのか?それとも2ページ以降に配置するのか?も関係あります。

フォルダに詰め込んでも、あまり使わないフォルダを最初の1ページ目に配置する必要はないと思います。

そういうフォルダは2ページ目以降に配置した方が良いため、フォルダ化した場合では別ページに移動も有効な手段になります。

 

ホーム画面のアイコンはフォルダ化&別ページに移動

アイコンを重ねてフォルダ化する場合ではフォルダ名称も重要ですが、用途別に纏めるた上で、ホーム画面のどのページ移動(配置)するのか?も重要になります。

ホーム画面2ページ目に配置した方が良いアプリ

そもそもアイコンを重ねてフォルダ化する場合では、よく使うアプリではない可能性が高いです。何故なら、よく使うアプリはDockに追加するからです。

Dockに追加できないアプリの中で、比較的に多く使うアプリはホーム画面の最初のページにアイコンを配置すると思います。

ホーム画面に配置しなくても良いアプリは邪魔なのでフォルダ化して纏めてしまうといったパターン。

 

初期インストールされているアプリ

iPadには最初からインストールされているアプリもあります。このようなアプリは必ず利用するという訳ではないと思います。

それなのにホーム画面で幅を利かせている状態なので、邪魔に感じる場合が多いです。こういうアプリは重ねてフォルダ化してホーム画面の2ページ目以降に移動してしまうのが最適です。

この場合では、このフォルダは何のアプリが格納されているのか?がパッと分かるような名称にしておく必要があります。

例えば、「Apple」など。

 

フォルダ化のデメリット

アイコンを重ねてフォルダ化した場合ではデメリットもあります。フォルダを開かないとアイコンがとっても小さい表示になってしまうのでパッと見て分かりにくいです。

フォルダを開けると最大で16個までのアイコンは表示されますが、17個以降のアイコンは表示を切り替える必要が発生します。

この場合では必ず17個目以降をアイコンを確認するのか?分かりません。

 

ランチャーウィジェット・アプリという方法もある

iPadのホーム画面を綺麗に整理整頓する場合では、アイコンを重ねてフォルダ化して別ページに移動してしまうのが最適に感じますが、ランチャーウィジェット・アプリを利用する方法も便利です。

ランチャーウィジェット

iPadのウィジェットエリアに配置できるランチャーウィジェット・アプリが有るので、これを利用するとフォルダ化して別ページに移動したアプリも直ぐに呼び出す事が出来るようになります。

ウィジェットサイズも大・中・小の3タイプから選択できる場合が多いので、自分にとって最適に感じるサイズを配置できます。

また、ウィジェットなので重ねてスマートスタック出来るため、同じ大きさのウィジェットで纏める事も容易になります。

 

利用しているランチャーウィジェット・アプリ

実際に使っているのは、Launcher という名称のアプリになります。簡単お手軽にウィジェットを配置できるので便利に使っています。

でも、実際に利用しているのは小さいウィジェットになります。筆者の場合はGoogle関係のアプリ(Chrome、Gmail、Youtube)をウィジェットに表示しています。

YoutubeはDockに追加した方が便利に感じるため、Dockにも追加しています。

 

ランチャーウィジェットとDockの併用を

よく使うアプリは基本的にDockに追加して利用すると思いますが、多くのアプリを追加できないのがデメリットに感じます。

そこでDockに追加できないアプリへの対応として。ランチャーウィジェット・アプリも活用して、使い勝手を良くする方法が最適に感じます。

 

iPadホーム画面の整理方法!用途別にアプリを纏めてフォルダ作成
皆さん こんにちは! iPadのホーム画面に並んでいるアプリのアイコンはどのように整理しているのでしょうか? 何も整理しないでいると、いつの間にか?ズラーっとホーム画面で並んでしまうので、あまり使っていないアプリを利用し...