Apple Pencil 使い方!ツールの切り替え設定変更の方法

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadで、Apple Pencil 2を利用してデザインやメモなどを記入等を行っている場合では対応しているアプリでは、Apple Pencil 2だけでツールの着替えが行えて便利です。

標準では、鉛筆と消しゴムがセットになっているため、場合によっては、1つ前に使っていたツールと現在使っているツールを切り替えしたい場合もあります。

この場合ではiPadの設定でApple Pencil のツール切り替えを変更する事によって対応が行えるようになっています。

今回の記事は『iPadで、Apple Pencil 2 ツールの切り替えについての設定を変更する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで、Apple Pencil を利用する場合

iPadでは手書きでメモ入力やデザインを楽しむ事にも利用できるのがメリットに感じますが、この場合に必要なのが、Apple Pencil になります。

Apple Pencil 2を利用する

基本的には、Apple Pencil(第1世代、第2世代)を利用する事になりますが、色々な事情でiPad対応タッチペンを使う場合もあります。

Apple Pencil と iPad対応タッチペンの場合では機能も含めて、操作方法も異なる場合が多いのが特徴の1つになります。

どちらを利用した方が良いのか?は個々の判断に委ねられますが、可能ならば、Apple Pencil が良いのではないか?と個人的に考えます。

とはいえ、実際にiPad対応タッチペンも使っているため、一概には何とも言えないです。

 

iPadとApple Pencilの接続

iPad Air 及び iPad Pro と Apple Pencil 2 の接続はとても簡単です。iPad本体とマグネット接続 及び 自動ペアリング&ワイヤレス充電になっています。

Bluetooth接続の場合では、ペアリング設定が必要になりましたが、Apple Pencil 2 の場合は、この煩わしいペアリング作業が自動で行ってくれるので、とても便利に感じます。

 

Apple Pencil ペン先

Apple Pencil を利用する場合では注意事項があります。ペン先は消耗品なので、ペン先が摩耗したら交換する必要があります。

ペン先交換のタイミングは、実際の使用状況によっても異なるため、皆さん、一律的に同じという訳ではありません。

3ヶ月で摩耗する場合もあれば、6ヶ月で摩耗する場合もあります。この場合はApple 純正のペン先チップを購入して交換するのが賢明です。

何故か?と言うと、安価なペン先交換チップを購入した場合では、直ぐに摩耗してしまう事も実際に発生しています。

やっぱりApple Pencil のペン先に限って言えば、高くても純正品を選択しておいた方が良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil 2でツールを切り替える場合

iPadをApple Pencil 2 で使用中に鉛筆から消しゴムに変更する場合に便利に使える機能が、ダブルタップになります。

ダブルタップでツールを切り替えができる

Apple Pencil 2 は、とても便利な事に、iPad AiriPad Pro と接続する面をダブルタップする事で、鉛筆と消しゴムを切り替える事が出来ます。

鉛筆と消しゴムのパターンではなく、前回使用したツールと現在使用中のツールを切り替える 又は、カラーパレットの表示 も可能ですが、この場合は事前に設定を変更しておく必要があります。

因みに、iPadとの接続面であれば、基本的に何処をタッチしても切り替える事が出来る感じに見受けられますが、実際にはペン先に近い部分が最適です。

 

いつも鉛筆と消しゴムの2パターンではない

Apple Pencil 2 では、iPad Air / Pro とマグネット接続&ワイヤレス充電が行えるようになっていますが、このマグネット接続を行う面をダブルタップする事でツールを切り替える事ができます。

但し、標準設定で切り替える事が出来るのは、あくまでも鉛筆と消しゴムの2パターンだけなので、必ずしも便利に利用できるという訳ではありません。

場合によっては、少し前まで使っていたツールと現在使っているツールを切り替えて使いたいといった場合もあります。

このような場合に、標準パターンでは困ってしまいます。

 

標準設定を変更する場合

鉛筆と消しゴムの切り替えではなく、前回使用したツールと現在使用しているツールの設定に変更したい場合では、設定画面を開いて、Apple Pencil を開くと、ツールの変更が行えます。

必要に応じて、臨機応変に変更するのが賢明です。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil 2 ツール切り替え設定方法

Apple Pencil を使ってメモ書きやデザインの用途で利用している場合では、鉛筆とマーカー、消しゴムなどのツールを使うと思います。

Apple Pencil 2 ツールの設定変更を行う方法

① 操作方法
設定 → Apple Pencil → ダブルタップ

 

② ダブルタップ
Apple Pencil 2 をダブルタップした場合に、どのような操作を行うのか?についての設定を行います。標準では「現在使用中のツールと消しゴムの切り替え」にが付いています。

 

③ 選択
自分にとって最適に感じる設定をタップしてを入れます。

 

接続状態で設定変更を行うこと

Apple Pencil 2 が接続していない 又は 電源OFF の場合に、iPadでダブルタップの設定変更を行う事は出来ません。

何故か?と言うと、この場合ではダブルタップの設定変更が行えないからです。そもそもダブルタップの表示がないので、あれ?おかしいな?と思ってしまいます。

表示されていない場合では、Apple Pencil 2 のバッテリーが切れてしまっている 又は ペアリングされていない状態の可能性が高いので、先ずは充電も兼ねてiPadと接続するのが良いです。

 

Apple Pencil 2 レビュー!メリット&デメリット(iPad Air 4)
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と一緒に購入した Apple Pencil 2 もよく使っているアクセサリーの1つになっていますが、ロジクール Crayon for iPad と比べると充電方法もタイプが異なります...

 

Apple Pencil 2 ダブルタップの設定の補足

ダブルタップの設定は4種類から選ぶ事が出来ますが、4種類選んだ場合はどのようになるのか?についての紹介になります。

現在使用中のツール切り替え

現在使用しているツールが鉛筆と消しゴムの場合では、Apple Pencil 2 でダブルタップを行うと、鉛筆と消しゴムが切り替える事ができます。

現在使っているツールが鉛筆ではなくて、マーカー消しゴムの場合では、鉛筆とマーカーの組み合わせにしたい場合もあります。

この場合はマーカーから鉛筆に手動で切り替えした上で、設定で「現在使用中のツールと前回使用したツールの切り替え」に変更すればOKです。

 

カラーパレットの表示

カラーパレットの表示とは何なのか?と言うと、これは開けてみれば分かるのですが、Apple Pencil 対応アプリを開いている場合では、ツールをタップすると、ペン設定などの設定が表示されます。

鉛筆をタップすればペン設定、マーカーをタップすればマーカー設定といった感じに、このようなカラーパレットをダブルタップで開く事ができます。