iPad 使い方!2画面分割および2画面表示やめる解除の操作方法

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadでは、画面を分割して2画面表示でアプリを操作する事が出来ます。特に何かを行いながら、何かを行うといった場合に便利な機能になります。

例えば、左画面でウェブブラウザを見ながら右画面でYoutube動画を視聴するといった場合に役立つ機能になります。

また、2画面表示から、元の全画面表示に戻したい場合もありますが、このような場合はどのように行うのか?も知りたいです。

今回の記事は『iPadで2画面に分割して表示 及び 2画面表示をやめる場合の解除の操作方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで画面を分割して2画面表示する場合

2画面表示を利用する場合では、Dockも重要になります。Dockに配置されているアプリをドラッグ&ドロップして活用する事になります。

画面を2分割する場合はSplit View

通常アプリを開くと全画面で表示されますが、Split Viewの機能を利用すると、画面を2画面に分割して表示する事も可能です。

左右に「2分の1」又は「3分の2」と「3分の1」といった比率で分割する事も出来ます。どちらの場合でも分割するアプリによっては不便に感じるため、適しているアプリ選びが重要になります。

2画面表示で便利に感じるアプリは自分のみぞ知る領域になるため、自分で最適なアプリを見つけるのが賢明の選択です。

 

重ねて表示するSlide Over機能もある

先に起動しているアプリの上に浮いているように見せる表示方法も利用できます。この機能はSlide Over(スライドオーバー)と言います。

画面右端に隠して非表示する事も出来るので、必要に応じて臨機応変に呼び出す利用方法に最適に感じます。

とはいえ、先に起動してきるアプリの表示方法から比べると3分の1程度のサイズでの表示になるため、最適なサイズとは言い難いです。

 

スポンサーリンク

iPadで、画面を2分割する場合の操作方法

iPadで1画面から2画面に分割する場合ではSplit Viewの機能を利用します。この場合ではDockに画面分割して便利に利用できるアプリを追加しておく必要があります。

Dockに追加&配置するアプリ

Dockに追加するアプリは、たいていの場合は、よく利用するアプリを配置すると思いますが、これは正解でもありますけど、不正解でもあると思います。

Split ViewやSlide Overといったマルチタスク機能を利用する場合では、よく使うアプリの中でもマルチタスクに最適なアプリを配置しておいた方が便利です。

特にDockに配置できるアプリの個数が限られているため、何でもかんでも、よく使うアプリを詰め込んでしまうと、2画面表示の時に制約を受ける場合があります。

そのため、可能ならばDockに配置するアプリは用途に合わせて厳選した方が賢明の選択になります。

 

2画面分割する場合の操作方法

① アプリ起動
どのアプリでも良いので画面分割して利用したいアプリを起動します。先に起動したアプリが分割した場合に左画面に表示されるため、左画面で利用したいアプリが最適です。

 

② Dockを表示
画面下側からタッチ操作でDockを表示します。

 

③ ドラッグ&ドロップ
画面右側で利用したいアプリをDockからドラッグして画面の右端に持って行きます。先に起動しているアプリが少し左側に寄るので、それを確認してからアプリをドロップ(離す)します。

この場合に、アプリの枠が完全に分離しているのを確認した上で、アプリをドロップするのがコツになります。

因みに、先に表示しているアプリの上でドロップした場合は、Slide Overとして表示されます。この状態からSplit Viewにする事も可能です。

 

iPadで2画面表示をやめる解除の操作方法

2画面に分割した状態を解除する場合では2種類の解除方法があります。純粋に2画面表示をやめる場合と、画面分割ではなく重ねてSlide Overさせる場合になります。

Split ViewからSlide Overに切り替える方法

2画面に分割表示している時に重ねて表示したいといった場合もあります。この場合では必要に応じて臨機応変に表示方法を切り替える事で対応できます。

この場合は、左右どちらのアプリでも良いのですが、アプリの上部の中央に横棒が表示されているため、この横棒をタップして下にドラッグします。

そうすると左右どちらか?のアプリが全画面表示に切り替わるので、その状態でドロップするとSlide Overになります。

 

2画面分割から1画面(全画面)に変更方法

2画面に分割している状態から1画面に変更したい場合ではどのように行えば良いのか?も気になると思います。

この場合では、画面中央(分割している境目)に縦棒が表示されているため、この縦棒をタップして、そのまま左右どちらか?の画面端にスワイプする事で2画面分割を解除する事ができます。

 

Slide Overを解除する操作方法

Split Viewの状態を解除して1画面に変更する事が出来るのであれば、当然の事ながらSlide Overを解除する方法もあります。

画面右端にスワイプすると非表示(表示を隠す)になってしまうので、根本的な解決とは言えません。

それならば、どのように行えば良いのか?と言うと、画面分割の状態にした上で縦棒を左右どちらかの画面端にスワイプして移動するのが最適です。

 

iPad 使い方!Split View と Slide Over 使用方法
皆さん こんにちは! iPadでは、画面を左右に分割表示できる Split View と アプリを重ねて浮いているように表示できる Slide Over の2種類のマルチタスク機能を利用する事が出来ます。 どちらの機能も...

 

Appスイッチャーを表示してアプリを終了する方法

あまりオススメできない方法になりますが、Appスイッチャーを表示してアプリを終了した上で再度、アプリを表示するという方法もあります。

余計な操作(手間)が増えるので、現実的ではないと思います。

 

iPadで2画面表示のメリット&デメリット

一見すると、画面を2画面で利用できると便利に感じてしまいますが、画面を分割したからといって、そんなに便利に感じない場合もあります。

画面を分割しても不便に感じる

使用しているアプリによっても異なりますが、本来であれば1画面(全画面表示)で利用していたので便利に感じていましたが、これを分割表示してしまうと逆に不便に感じます。

何故か?と言うと、画面いっぱいに表示されていたから便利に利用できるのであって、これを分割してしまうと作業スペースが半減する事になるので不便に感じるのである。

このように感じるアプリはSplit Viewを利用するのは不向きだと思います。その代表例に該当するのがOffice系アプリなのではないかな?と考えます。

 

同時に何かを行いたい場合は便利

Split View を使って画面を2画面にに分割した場合では、同時に他のアプリを利用する事が出来るようになるため、用途によっては便利に利用できます。

その用途は具体的に何があるのか?と言うと、恐らく勉強学習の用途が該当するのではないか?と個人的に考えます。

実際の話、筆者の場合は言語学習の用途で、このSplit View を利用しています。左画面に参考書を表示して、右画面にノートアプリといった使い方になります。

でも、この使い方が便利に感じるのはiPad Pro 12.9インチだと思います。11インチサイズのiPadだったとしても画面を分割するとちょっとサイズが小さいため、記入しやすいとは言い難いです。

 

2画面表示は使い分けする方法が最適

iPadでSplit View や Slide Over を利用する場合では、この機能を利用したからと言って、必ず便利に使えるという訳ではないため、必要に応じて臨機応変に使い分けするのが最適になのではないか?と思います。