iPad 使い方!ウィジェットをホーム画面に固定&カスタマイズ方法

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadではスマホと同様にウィジェットに対応したアプリを利用する事が出来ます。何を配置するのか?個人差があるため、一概には何とも言えないと思います。

自分にとって最適に感じるウィジェットを配置する事になりますが、この場合ではどのように配置するのか?も関係あります。

全部縦にズラーと並べてしまうとスマートな表示とは言い難いので、見やすく管理されていない事になります。

幸いな事にウィジェットは重ねる事が出来るため、同じサイズの物は重ねてしまった方が便利です。

今回の記事は『iPadのウィジェットをホーム画面に固定&カスタマイズする方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad ウィジェット を利用する場合

スマホと同様に、iPadでもウィジェットを利用する事が出来ますが、実際に利用するにあたり理解しておいた方が良い機能があります。

ウィジェットは重ねて纏める事ができる

アプリのアイコンを重ねるとフォルダを作成する事が出来ますが、同じサイズのiPadウィジェットであれば重ねてスマートスタックできます。

重ねる事が出来るのは、あくまでも同じサイズのウィジェットに限定されるため、どのサイズも共通して重ねる事が出来るという訳ではありません。

但し、同じサイズのウィジェトを重ねて纏めたとしても便利に利用できるという訳ではないので、これまた注意が必要になります。

 

スマートスタックできない場合もある

基本的には、同じサイズのウィジェット同士であれば、重ねて纏める事が出来ますが、稀に何度やっても重ねる事が出来ない場合もあります。

その場合はウィジェットの一番下に配置される場合が多いです。その代表例を挙げると、ウィジェットで計算できる電卓+アプリになります。

 

スマートスタックした場合

同じサイズのウィジェット同士を重ねた場合では、どのようにウィジェットを確認すれば良いのでしょうか?

この場合は上下にスワイプ(フリック)する事で簡単に切り替える事が出来ますが、必ずしも便利という訳ではありまっせん。

何故か?と言うと、1つ下のウィジェットをタッチ操作で選択する場合に、現在選択されているウィジェットがクルクル回転されてしまう場合があるので不便に感じます。

上手くタッチ操作しないと、このような展開も発生します。

 

スポンサーリンク

ウィジェット対応アプリのインストール

実際にウィジェットをiPadで利用する場合では、既にインストールされているアプリの中から選択しようとすると、便利に感じる物が無い場合もあります。

ウィジェットに対応しているアプリ

残念ながら、全てのアプリがウィジェットに対応しているという訳ではないため、ウィジェットエリアに配置したいアプリが有ったとしても実際には利用できない場合もあります。

対応しているアプリは、アプリストアで「ウィジェット」で検索すれば表示されるため、その中から自分にとって最適に感じるアプリをiPadにインストールする事になります。

 

注意事項

① 見つからない
自分に最適なウィジェットが見つからない場合も多いです。

 

② メモ系
メモ系のウィジェットも有りますが、横画面表示に対応しているとは限りません。あくまでも表示のみという事なのかも知れません。

縦・横表示どちらでも対応できるウィジェットが便利に感じます。

 

スポンサーリンク

iPadでウィジェットをホーム画面に固定

ウィジェットを利用する場合では、ホーム画面のアプリのアイコンをどのように表示するのか?によって利用方法が変わってきます。

ホーム画面の設定

設定を開いて、ホーム画面とDockを開くと、アプリのアイコンをホーム画面にどのように配置するのか?を設定できるようになっています。

 

① アイコン数を多く表示
ホーム画面には多くのアプリのアイコンを表示したい場合は、「多く」をタップして✓をいれます。

 

② アイコンサイズを大きく
それに対して、アイコンの数は少なくて良いから、アイコンのサイズは大きく表示したい場合では、「大きく」をタップして✓をいれます。

 

ホームのアイコン数が多い場合

設定のホーム画面とDockでアイコン数を多く表示するを選択した場合では、「今日の表示をホームに固定」という機能を設定する事ができます。

通常ではOFFになっていますが、これをONにすると、ウィジェットを表示するエリアがホーム画面1ページ目とドッキングします。

それに対して、OFFの場合では、ウィジェットを確認したい場合に必要に応じて、左からスワイプして呼び出す事になります。

 

ホームのアイコン数が多い場合

設定のホーム画面とDockで、アイコンサイズを大きくするを選択した場合では、「今日の表示をホームに固定」という機能は設定できません

ウィジェットを表示したい場合は、必要に応じて、左からスワイプして呼び出します。

 

iPadでウィジェットのカスタマイズ方法

ホーム画面1ページ目にウィジェットがドッキングされている場合も含めて、ウィジェットを新たに追加 及び 編集・削除する場合ではどのように行えば良いのでしょうか?

ウィジェットを配置する場合

ホーム画面1ページ目にウィジェットがドッキングされている場合は、デジタル時計が表示されている場所を上に持ち上げるようにタッチ操作を行います。

一番下に小さく「編集」という文字が表示されます。ここをタップします。そうすると、今度は画面左上の角に+ボタンが表示されるため、+ボタンをタップします。

 

iPadホーム画面の整理方法!ランチャーウィジェット・アプリ活用
皆さん こんにちは! iPadのホーム画面は使う人によっても異なりますが、綺麗に整理整頓している場合もあれば、アプリのアイコンで満杯になっている場合もあります。 これは自分にとってどのような並び方が最適なのか?によっても...

 

ウィジェットを編集&削除

既に表示してあるウィジェットを削除したい場合は、削除したいウィジェットを選択して長押しすれば削除できるようになります。

新たに別のウィジェットを追加したい場合は、画面右側に表示されているウィジェット検索画面を上にスワイプ 又は 検索窓でキーワード検索します。

ウィジェットに追加したいアプリを選択(タップ)すると、ウィジェットが追加できるようになります。

 

ウィジェットサイズを指定して追加

そのまま「ウィジェットを追加」をタップしてはいけません。何故か?と言うと、表示されているサイズは自分にとって最適ではない場合があるからです。

左右にスワイプするとウィジェットサイズ(大、中、小)を変更できるため、自分にとって最適に感じるサイズを選択してから実際に追加します。

 

iPadウィジェット表示の便利な小技

ウィジェットエリアとホーム画面がドッキングしている場合では、ちょっとした便利に感じる表示方法を利用する事が出来ます。

iPadロック画面でも表示できる

iPadを利用する場合ではロックを解除する必要がありますが、この場合にロックを解除しなくてもウィジェットだけを表示する事も出来ます。

この表示方法は、一番便利に使える機能 iPad の便利な機能だと感じます。

ロック画面の状態で左端から右にスワイプしてウィジェットを表示する事が出来ます。わざわざロック画面を解除するまでもない場合に便利です。

 

非表示にできる

ウィジェットエリアをホーム画面に固定している場合に可能になりますが、表示されているウィジェットを非表示にする事ができます。

操作方法は至って簡単で、一番上に表示されているデジタル時計&日付を選択した状態で下にスワイプするだけです。

そうすると、デジタル時計&日付から下に配置されているウィジェットだけが非表示になります。再表示する場合は上にスワイプするだけです。