iPad 使い方!Spotlight検索の便利で役立つ使用方法

iPad 活用 方法
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを使う場合では、色々な機能やアプリを便利に活用して自分にとってベストな事に利用する事になります。

この場合では検索や「よく使うアプリ」などを使用する事になりますが、この時に便利に使える機能が既に用意されています。

それがSpotlight検索になります。呼び出す場合も至って簡単なので使い方によっては便利に利用できる機能の1つなっています。

今回の記事は『iPadのSpotlight検索の便利で役立つ使用(活用)方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadのSpotlight(スポットライト)について

Spotlight検索を利用しているのはどのぐらい居るのでしょうか?あまり使っていない場合も多いのではないか?と思いますが、意外と便利に使える機能だったりします。

Spotlight表示方法(呼び出す場合)

① 呼び出す場合
iPadの画面中央をタッチして下にスワイプするとSpotlight(スポットライト)を表示できます。

 

② 使用方法(実際に使う場合)
検索する場合に必要なキーボードは既に表示されているため、検索窓に検索したいキーワードを入力すればOK。

③ 検索する物が無い場合
検索したい事柄が何も無い場合でも役立つ機能があります。それはアプリのアイコンです。iPadでよく使っているアプリが表示されているので、ピンポイントで目的のアプリを起動できます。

 

簡単な計算も出来る

iPadには電卓アプリがインストールされていませんが、Spotlightを利用すると、簡単な計算も行えるようになっています。

簡単と言いつつ、操作方法はギコチないですが、「足し算」や「引き算」、「掛け算」や「割り算」も問題なく計算できます。

とはいえ、10キー表示でのタイピングでは無いので使いづらいと言った方が正解になります。

 

スポンサーリンク

iPadのSpotlight検索の活用

ハッキリ言って、残念ながらSpotlightで検索する事は少ないのではないか?というのが個人的な見解になります。検索はブラウザで行った方が便利に感じます。

あまり活用できないのが実情

Spotlight は検索する場合の用途で利用する機能になりますが、iPad内に留まらず、ウェブ検索も行えるので、ネットで調べたい事がある場合でも使用できます。

ネットで何か調べる場合ではWEBブラウザ検索アプリ利用する場合が多いので、どっちが使いやすいのか?ちょっと分かりません。

そもそもアプリを検索してまで利用するといった使い方を行っていないので、このような場合では役に立たないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

 

海外旅行の用途では活用できるかも知れない

Spotlight検索では、簡易電卓機能もあるため、計算する事もできますが、為替レートを調べる事も可能です。

ネット検索しなくても、「1ドル」や「1ユーロ」、「1元」といった感じに検索窓に入力するだけで、現在の為替レートを表示してくれます。

 

Spotlight検索は慣れが必要

ハッキリ言って、あまり利用していない検索機能になりますが、これを便利に活用するのであれば、毎日のように使って慣れてしまうのが最適なのでは?と思います。

習慣的にこの機能を利用するといった感じにならないと、便利に活用とまではいかないのではないか?と考えます。

 

iPadのSpotlightを電卓として使う

iPadには最初から電卓アプリがインストールされていないため、電卓が必要と感じている場合では電卓アプリをインストールする必要があります。

Siriでも計算できる

iPadには電卓アプリは初期インストールされていないため、電卓を使いたい場合はアプリストアから電卓アプリをインストールすると思います。

でも、iPadではアプリをインストールしなくても計算できる機能がいくつか用意されています。その内の1つがSiriになります。

Siriに話し掛けて音声で計算してもらう事が出来ます。タイピングする必要がないので使い方によっては便利に利用できると思います。

但し、音声認識になるため、言い方が悪いと上手く計算されない場合もあるので注意が必要になります。

 

Spotlightでも計算できる

Siri以外でiPadで計算する場合では、Spotlight検索を利用すると計算する事が出来ます。ここでは電卓専用のキーボードがないのがデメリットになります。

このデメリットを承知の上で、計算を行うのであれば、「足し算」や「引き算」、「掛け算」や「割り算」といった簡易な計算は問題なく行えます。

 

電卓機能はアプリが最適

iPadで電卓機能を利用する場合では、素直に電卓アプリを利用するのが最適に感じます。特にそのように感じるのはウィジェットに対応している電卓アプリです。

ウィジェット対応の電卓アプリの場合では、ウィジェットだけで計算できるので、わざわざアプリを開く必要がありません。

とてもスマートに計算できるので魅力的に感じます。因みに、「電卓+」アプリを利用しています。

 

iPadのSpotlightをランチャーアプリ代用で使う

ここでは、iPadのSpotlightをランチャーアプリのように利用する方法についての紹介になります。

ランチャーアプリとは?

ランチャーアップリって何だろう?と思うかも知れませんが、簡単に言えば、ホームアプリの事を指します。

スマホでホームアプリを利用すると、アイコンの配置方法などを自分好みに設定できるようになるため、使い方によっては便利に利用できるアプリの1つです。

 

ウィジェットに対応している場合もある

ランチャーアプリの中にはウィジェットに対応しているアプリもあるため、大・中・小サイズのウィジェットをiPadに配置して、そこからアプリを呼び出す事も出来ます。

iPadの場合では、アプリをインストールすると、ホーム画面にアプリのアイコンが並んでしまうため、いつの間にか、ホーム画面のページが増えてしまっている場合が多いです。

整理整頓をこまめに行なっていれば問題ないですが、怠ってしまうと整理整頓するのが逆に大変になってしまいます。

このような場合にウィジェットに対応したランチャーアプリを利用すると、整理整頓も出来て使い勝手も向上するのである。

 

Spotlightをランチャーアプリとして活用

アプリをインストールすると、ホーム画面にアイコンが並んでしまいますが、ランチャーアプリをインストールしなくても同様の機能をiPadで利用する事が出来ます。

それがSpotlight検索です。Spotlightを表示すると、6個のアプリのアイコンが表示されているのですが、これは日頃からよく使っているアプリだと思います。

さらに、Siriからの提案をタップすると、Siriが推奨するアプリが6個提案されるため、合計12個のアプリを選択できるようになります。

12個のアイコンが表示できれば、簡易なランチャーアプリと同様の機能に匹敵するため、この用途で活用するのも良いのではないか?と個人的に考えます。

 

iPad 使い方!AssistiveTouchを便利に使う方法
皆さん こんにちは! iPadを使う場合では用途によっても異なりますが、様々なiPadと連携できる周辺機器アクセサリーも利用する機会があります。 その内の1つがApple Pencilになります。確かに便利に利用できます...