iPad 使い方!Split View と Slide Over 使用方法

スポンサーリンク
iPad 活用 方法

 

皆さん こんにちは!

iPadでは、画面を左右に分割表示できる Split View と アプリを重ねて浮いているように表示できる Slide Over の2種類のマルチタスク機能を利用する事が出来ます。

どちらの機能も使ってみれば便利に感じますが、全てのアプリが対応しているという訳ではないため、実際には便利に使えない場合もあります。

そこで今回の記事は『iPadでSplit View 及び Slide Over を利用する場合の操作方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadはマルチタスクで利用できる機能がある

iPadでマルチタスクを利用する場合では、Split View 及び Slide Over の機能が利用できます。どちらの場合でも基本操作は同じなので操作方法は簡単だと思います。

iPadでマルチタスクを利用する場合

iPadでマルチタスクの機能を利用する場合で必ず必要になるのがDockになります。Dockにはアプリを追加して配置できる場所になります。

たいていの場合は、Dockに配置されているアプリは「よく利用するアプリ」が多いと思います。何故か?というと、一番使いやすい場所だからです。

基本的にはよく使うアプリをDockに配置しても何ら問題ありませんが、マルチタスクの機能を利用する場合においては必ずしも最適という訳ではありません。

臨機応変にDockに配置しているアプリを変更する事も必要になります。

 

Dockに配置するアプリについて

Split View 及び Slide Over に共通している事はいずれの場合でもDockからアプリをドラッグ&ドロップする必要があるという事に尽きます。

Dockに配置しているアプリのみ Split View 及び Slide Over の機能を利用できるようになるため、Dockに配置するアプリも重要になります。

よく使うアプリの中から2画面表示に適していると感じるアプリをDockに追加 及び 配置するのが良いのではないか?と考えます。

 

Apple PencilでDockを表示する方法

アプリを起動中にSplit View 及び Slide Overを行う場合では、Dockを表示する必要があります。でもApple Pencilを利用している場合では、Dockを表示できません。

この場合では、AssistiveTouchのカスタムアクションの設定を変更すると、Apple PencilでもDockを表示できるようになります。

 

スポンサーリンク

iPadでSplit View(スプリットビュー)を使う方法

左右にアプリを表示するパターンで、iPadを2画面表示したい場合では、Split Viewという便利な機能を利用する事になります。

Split View(スプリットビュー)について

iPadでアプリを左右に分割して表示する場合の機能がSplit Viewになります。左右に「2分の1」又は「3分の2」サイズに表示できます。

アプリを使いながら、他のアプリを表示するといった使い方が出来るため、仕事や生活の用途で便利に使える機能の1つになります。

但し、左右に画面を分割したからといって、どのアプリも便利に利用できるという訳ではないので、注意も必要になります。

さらには、画面を左右に分割すると、作業スペースも小さくなるため、使いやすいとは言い難い場合もあります。

 

Split View の使用方法

① アプリ起動
先ず、どのアプリでも良いので画面分割して利用したいアプリを起動します。

 

② Dockを表示
画面下側からDockを表示します。

 

③ ドラッグ&ドロップ
画面右側で使いたいアプリをDockからドラッグして画面の右端に持って行きます。そうすると、先に起動してあるアプリは少し左側に寄ります。

ドラッグしているアプリと先に起動しているアプリの枠が完全に分離しているのを確認した上で、アプリをドロップします。

そうすると綺麗に左右に2画面でアプリが表示されます。

 

iPad 使い方!Split View スプリットビュー操作方法
皆さん こんにちは! iPadで、2画面表示(画面分割)で作業を行いたい場合に便利に使えるのがSplit View(スプリットビュー)になります。 本来であれば画面いっぱいでアプリを利用するところ、画面を分割して2画面表...

 

スポンサーリンク

iPadでSlide Over(スライドがオーバー)を使う方法

iPadで全画面でアプリを使いながら、もう1つのアプリを浮いているように表示させる場合はSlide Overという機能を使います。

Slide Over(スライドがオーバー)について

iPadでマルチタスクを利用する場合では、画面を左右に分割できるSplit Viewという機能もありますが、あたかも浮いているように見せる表示方法もあります。

この表示方法がSlide Overになります。先の起動しているアプリの上に重ねて表示させるのですが、先に表示しているアプリは全画面で表示できますが、上に重ねているアプリは3分の1のサイズでの表示になります。

 

Slide Overの機能

① 非表示にできる
Slide Overさせているアプリを終了させないで非表示にする事が出来ます。この場合は画面右端に払うようにタッチ操作を行うだけで非表示にできます。

 

② 呼び出せる
非表示にしたアプリを使いたい時に呼び出す事が出来ます。この場合は画面右端から画面中央の向けてなぞるように呼び出します。

 

③ 重ねる事ができる
Slide Overさせたアプリは重ねる事ができる。また、重ねたアプリは切り替える事も可能。

 

実際の操作方法

① アプリ起動
先ず最初に全画面で利用するアプリを起動します。これは何でも良いと思います。

 

② Dockを表示
画面下側からタッチ操作でDockを表示します。

 

③ アプリをドラッグ&ドロップ
Slide Overしたいアプリを選択してドラッグして、全画面表示しているアプリの上で、ドロップします。

 

iPad 使い方!Slide Over スライドオーバー使用方法
皆さん こんにちは! iPadで、マルチタスク機能を利用する場合では、画面を左右に分割表示できる Split View と アプリを重ねて、あたかも浮いているように表示できる Slide Over を利用する事が出来ます。 ...

 

Split View と Slide Overの使い勝手

基本的に途中まで操作方法が同じのSplit View と Slide Overになりますが、それぞれ一長一短に感じる部分もあります。

Split View メリット&デメリット

画面を左右に分割してアプリを2画面で表示できる機能であるSplit Viewの一長一短に感じる部分は、画面を分割したからと言っても便利に使えるとは限らない部分に尽きます。

一見すると、2画面で作業が行えるようになるため、便利そうに感じてしまいますが、使用するアプリによっては逆に不便に感じる事もあります。

その代表例に該当するのが、Excel等のOfficeアプリが該当するのではないか?と感じます。これは筆者の場合だけかも知れないため、一概には何とも言えませんが、逆に不便に感じます。

1画面で使えば、画面いっぱいに表示されて見やすいのですが、分割してしまうと横にスクロールする必要が発生します。

画面分割で利用するアプリは厳選した方が賢明の選択になります。

 

Slide Over メリット&デメリット

あたかも浮いているように表示できるSlide Over の一長一短に感じる部分は、非表示する部分になります。

アプリを画面の右側に隠す事ができるのは確かに便利に感じますが、画面左側には隠す事が出来ないため、ちょっと使い勝手が悪いように感じます。

 

マルチタスクの使い勝手

Split View と Slide Overの使い勝手は、何のアプリを利用するのか?によっても状況が変わって来ますが、基本的には便利に使える機能だと感じます。

筆者の場合は、言語学習の用途でSplit Viewを使い、翻訳アプリをSlide Overで使っています。必要な時にサッと呼び出せるので意外と便利だったりします。