iPad活用!USB Type-Cハブ必要?無くても便利に使える

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4を所持していますが、USB Type-C端子を搭載しているため、PC周辺機器のUSB Type-Cハブを利用することができるので、より一層に便利に使う事が可能になります。

という謳い文句になる訳ですが、これって果たして本当にUSBハブをiPadで使えば便利に活用できるのでようか?とても疑問に感じます。

確かに便利には違いないですけど、USBハブをいつも使っている訳ではないので有無はそんなに関係ないような気がします。

今回の記事は『iPad活用する場合ではUSB Type-Cハブは必要なのか?特に有無は関係なく便利にiPadを使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air Pro で利用できるUSB Type-Cハブ

iPad Air や iPad pro にはUSB-C端子が搭載されているので、PC周辺機器との連携も容易に行えるようになるので、便利に利用できる幅も広がります。

iPad Air Pro はUSB Type-C搭載

USB Type-Cが搭載されていると、PC周辺機器のUSB-Cハブが利用できます。USB-Cハブと言っても多くの種類があるため、USB Type-A端子やHDMIといった端子類の組み合わせによっても変わってきます。

iPadで利用する場合では、自分にとって最適に感じるUSBハブは何なのかな?も関係して来る場合もあるため、新たに購入する機会も出てきます。

特にiPad専用で利用できる直挿しできるドッキングタイプのハブはiPadと一体運用が行えるので便利に利用できるアイテムの1つになりります。

 

iPadでPC周辺機器が利用できるメリット

iPadでUSB Type-Cハブを利用した場合のメリットは何が有るのか?と言うと、実際にはそんなにメリット無いのではないか?というのが率直な感想になります。

もっともこれは、使用者によっても感じ方が異なるので、必ずしも筆者のように感じる訳ではないので一概には何とも言えないと思います。

あえて言えば、メインで利用しているPCで使っているWi-Fiワイヤレスマウスが簡単に利用できるので、iPadでマウスを使う場合では便利に感じます。

でも、Smart connectorに対応しているMagic KeyboardやロジクールFolio Touchを利用すればトラックパッドが搭載されているのでマウスを利用しなくても便利に使えるため、マウスは必要ないかも知れません。

 

スポンサーリンク

iPadにUSB Type-Cハブを利用すると便利に使える?

iPad Air Pro でUSB Type-Cハブを利用する機会にも恵まれますが、これを利用するとiPadが便利に活用できるようになる!と考えるのは時期尚早だと思います。

iPadでUSBハブは何に使う?

そもそもUSB Type-C搭載iPadで、USBハブは何に使うのでしょうか?パソコンとのファイル転送する場合では直接USBケーブルを接続すれば事足ります。

それに、USBケーブルを利用しなくても、Wi-Fiファイル転送アプリを利用すれば、無線でファイル転送できるため、邪魔に感じるUSBケーブル不要で転送できます。

USBメモリを利用する場合でも、Type-Cに対応しているUSBメモリも販売されておりますし、PCマウスを利用しなくてもタッチ操作やトラックパッド等でも便利に使えるので、一般的な用途であれば、特に必要性を感じないのでは?

 

USBハブが便利に感じる場面

USBハブが有った方が便利に感じる場面というのは実際には何度かあります。筆者の場合で言えば、USB Type-C 同士のデバイス間のファイル転送になります。

特に2in1 Chromebook やWindowsノートPCとiPad Air のファイル転送では基本的にSendanywhereというアプリを利用していますが、色々な事情でUSBケーブルを利用しないといけない場合もあるのが実情です。

この場合にUSB-Cハブが有って助かったな~と感じます。それ以外では、Windows PCで利用しているWi-FiワイヤレスマウスをiPadで利用する場合ぐらいです。

 

実際の利用頻度

iPadで利用する機会のあるUSB-Cハブの実際の利用頻度はどうなのか?と言うと、筆者の場合は1ヶ月の1~2回あれば十分といった感じです。

それぐらいに本当に使っていません。ハッキリ言って、iPad専用で一体運用できるUSBハブを購入しなくても全然OKなんじゃないのかな?というのが率直な感想になります。

 

iPadにUSB Type-Cハブを利用しなくても便利に使える

iPad Air USB-Cハブを利用している頻度はとても少ないので、別に利用できなくても特に問題ないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

USB-Cハブが無くても便利な理由

iPadを何の用途で利用しているのか?によっても変わって来るので、こればっかりは一概には何とも言えませんが、それでもあえて言えば、USBハブがなくても便利に使えるよね!と言った方が正解です。

確かに有れば便利に使えるけれども、無くても問題ないですし、困らないのがUSBハブなので、このアイテムはガジェットに該当します。

ガジェットは必需品ではないので、別に買わなくても問題ないので、もし購入するのであれば、実際の利用頻度がどのぐらい有るのか?をよく検討するのが賢明の選択です。

 

iPad専用に買う必要なし

魅力的に感じるiPad専用と銘打ってあるUSBハブもありますが、この場合でも、あれば便利に使えるかも知れないという感じで購入するのではなく、基本的に実際の利用頻度を考慮するのが賢明です。

確かに一体運用できれば便利に感じますけど、使っている時間が少ないのにも関わらず、USBハブをiPadに接続しているというのも、どうかな?と思います。

それなら別に既存のPCで利用しているUSBハブを利用すれば良いのでは?と考えます。

 

ファイル転送アプリも利用できる

あとUSBハブを利用する用途の1つにファイル転送も含まれますが、この用途は、USBハブを利用しなくても簡単に行えるので、特に問題ないのでは?

その代名詞とも言えるのがWi-Fiファイル転送アプリ。邪魔に感じるケーブル不要で無線ファイル送信できるのが魅力の1つになります。

とはいえ、メモリカードを利用する場合ではUSBハブの方が便利ですけど、そんなに多くないのでは?

 

iPad 活用方法!Sendanywhere ファイル転送アプリのレビュー
皆さん こんにちは! iPadでスクリーンショットやカメラ撮影した画像ファイルやPCから音楽データをiPadに転送する場合はどのように行っていますか? 特別なアプリを使わなくてもUSBケーブルとPCが有れば基本的には自由...

 

ファイル転送はSendanywhereアプリで対応できる

Windows PCやChromebook との間でファイル転送する場合では、USBケーブルがあれば基本的に便利に行なえます。但し、ケーブルの場合ではちょっと邪魔に感じるのも事実です。

スマホやPC間のファイル転送

ケーブルが邪魔に感じても何も問題ないよ!と思っている場合では、USBケーブルで行えば、とてもスムーズにファイル転送できるので何も問題ありません。

問題があるとしたら、そんなにスマートじゃない!と思う場合になります。この場合では、ファイル転送アプリを利用する事で対応可能です。

但し、スマホやデータ通信SIM搭載PCとの転送では、設定で「Wi-Fi利用時のみ送信」が行えるのか?も重要になるため、ファイル転送アプリならば何でもOKというのは良くないです。

アプリをインストールしたら、設定を開いて、ちゃんと確認も必要になります。

 

Sendanywhereについて

筆者の場合は、WindowsノートPCからiPad、ChromebookからiPad、WindowsノートPCからChromebook間の転送には基本的にSendanywhereというファイル転送アプリを利用しています。

何をするにも簡単に操作できて便利に感じているので利用しているのですが、デメリットもあります。それは、PDFファイルの転送には対応していない部分に尽きます。

iPadのストレージ内にある写真も含めて画像や動画、ミュージックといったファイルが格納されているフォルダにはアクセスできるのですが、他のフォルダにはアクセスできないので、必ずしも便利という訳ではないのが実情になります。

でも、このアプリは「Wi-Fi利用時のみ送信」を設定できるので、便利に使えます。