iPad購入しても「できる・できない」事もある!後悔しない活用を

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで自分のやりたい事を実現する目的で買ったは良いけど、実際に使ってみると、それがなかなかどうして難しいといった場面にも遭遇する展開もあります。

この場合では、iPad買ったは良いけど、購入目的の用途で利用できないので、新たに別の用途を見つけて利用しないといけない展開になってしまいます。

本来であれば、この用途は購入する前に事前に準備しておけば良いのですが、たいていの場合は第2・第3の選択肢を用意していないので、詰まってしまうのである。

今回の記事は『iPad購入しても「できる・できない」事もある!後悔しない活用を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは何をする目的で購入するのか?

新しいiPadが発売されると、不思議と欲しくなってしまいますが、買い替えや新しく購入する場合は、何をする目的で購入するのでしょうか?

iPadを選択するメリットは何だろう?

ふと、思うのですけど、iPadで自分のやりたい事って何だろう?と感じます。iPadじゃないと実現できない事って探すのは意外と難しかったりするからです。

2in1ノートPCでは出来ないけれどもiPadで出来る事を見付ける事ができれば良いのですが、何が有るんだろうね?と考えてしまいます。

何せ、2in1 PCであればタブレット端末としても利用できますし、Chromebook IdeaPad Duet や Surface proであればキーボードを着脱できるので、iPadのような使い方も行えるからです。

これらの魅力的なPCを選択しないで、iPadを選択するメリットっていったい何だろう?

 

iPadで何をする?

iPadで何をしたいのか?も購入する場合では関係ありますが、自分は何をしたいのでしょうか?こればっかりは自分のみぞ知る領域なので他人は分かりません。

何かしらの目的を達成する為に購入したいという事になりますが、私は◯◯だけを行う目的で購入しますと断言できるのか?も重要になります。

何故か?と言うと、色々ある活用できる用途の中から、オンリーワンの用途に特化して活用した方が継続的に利用できるからです。

自分はそのプランが既に用意されているのか?も考慮した方が賢明です。

 

スポンサーリンク

iPad購入してもやりたい事が実現できる保証はない

自分のやりたい事を実現する目的でiPadを買ったは良いけど、実際には実現できなくてアレコレもがいてしまった経験はありませんか?

iPad購入したは良いけど、自分の目的は達成できない

自分は◯◯をする目的でiPadを購入しても、実際には自分のやりたい事ができる保証がない状態で購入している場合が多いです。

いわゆる見込み発車になる訳ですが、この場合では当然の事ながら、自分の目的が達成できない場合もあります。問題はどの程度までの予測を立てているのか?になるのでは?と思います。

少なくとも70%は実現できる見込みを立てておかないと厳しい現実が待ち受けているのではないか?と個人的に考えます。購入当初は何も問題ないのですが1ヶ月ぐらい経過すると何かちょっと違うかな?と思うようになります。

 

実現できない場合はどうするのか?も検討を

iPadを購入する場合では、何かを行う目的で購入する訳なので、もしそれが実現できない事が判明したら、どうするのか?についても考慮しておく必要があります。

そうしないと、完全に詰んでしまうので、iPadは必要ないと感じたり、使い道に困ってしまう展開が訪れてしまいます。これでは、何の為にアレコレ考えて購入したのか?意味がありません。

第2・第3の選択肢も事前に準備しておく保険も重要になると考えます。とはいえ、頭では分かっていても実際にはそのようにならないのが実情なので、いきあたりばったりになるパターンも多いです。

 

iPadが得意としている分野で活用が最適

これはどういう事なのか?と思うかも知れませんが、iPadは確かに色々と便利に利用できるタブレット端末ですが、得意な分野もあれば不得意や苦手としている部分もあります。

自分が何か?をやる目的で購入する場合では、iPadが得意な分野での活用なのか?でも状況が変わってきます。仮に、苦手としているのに自分が求めてしまうと、アンマッチになるので上手く活用できない場合があります。

一番良い選択肢としてはウィンウィンの関係なので、iPadが得意としている分野で自分の目的を達成できる活用が望ましいです。

 

iPad活用は「できる・できない」を理解した上で購入が最適

iPadを購入する場合では、少なくともiPadで「できる・できない」事をよく理解した上で購入した方が、後々の活用する場合にも助かると思います。

iPadは便利だけど得意・不得意な部分がある

iPadは高性能なCPUを搭載していますし、グラフィックス性能も高く、ノートPCのようにキーボードやマウス、USBハブといったPC周辺機器も利用できるので上手く活用できれば最高に使いやすいと感じます。、

その反面、性能が高いが故に、過度な期待を抱いてしまう感じになりやすい不思議な魅力を兼ね備えているタブレット端末でもあります。

この過度な期待を求めてしまうと、iPadが不得意な部分に対してはをしたり、見えているけれども、なるべく考えないようにする傾向が強くなります。

というのも、せっかく買う気満々のところに、そんな部分にスポットライトを当ててしまうと買えなくなるので現実を直視しないのである。

自分にとって不都合に感じる部分デメリットになる部分を列挙して、よく検討しないと活用方法で悩む展開も訪れます。

 

自分の目的に対応できるのか?

iPadを購入したと仮定して、自分がiPadに求めている事は実現できるのか?又は、iPadじゃないと実現できない事なのか?をしっかり検討する必要があります。

もしかすると、iPadを買わなくても実現できる場合もあると思います。それなのにiPadを購入するのですから、明確な購入目的 及び 活用方法が必要です。

実現できるかも知れないといった状態の場合では、買わない選択も十分に有りなので、その決断が行えるのか?も重要になります。

 

買わない決断や選択も必要

スマホとパソコンとは異なり、iPadは必需品ではないため、有れば便利に使えるけれども無くても困らないガジェットになります。

ガジェットは使わないと利用しなくなる傾向があるので、活用できなくても継続的に利用する必要が発生します。果たして本当にこのような利用方法が行えるのか?をよく考えた方が良いです。

胸を張って出来る!と断言できる場合は購入しても問題ありませんが、条件付きで可能な場合は買わない決断も必要だと思います。

 

iPad 活用方法!買って使い道ない・困る・後悔より買わない選択
iPadシリーズを購入したは良いけど、実際に使ってみると意外と使えないかも知れないという事実に気が付いてしまう場合があります。 このような視点に気が付いてしまうと弊害も発生します。その弊害とは何なのか?と言うと、使い道がなくて...

 

iPad活用できないと後悔に繋がる

自分の目的を達成するためにiPadを購入したは良いけど、実現できなくて活用方法に悩んでしまうと、もうそれは買って後悔に直接結びついてしまいます。

後悔しないiPad活用ができるのか?

iPad購入する場合では活用できるのか?というリスクを併せ持つ事になるので、そのリスクについても十分な考慮が必要になります。

後悔しないiPad活用を実現するには、買う前にどれだけ活用できるのか?の情報収集 及び 実現計画を練り上げるのか?も関係してきます。

とはいえ、個人が綿密な購入計画を立てて買うのはたぶん少ないので、実際には机上の空論やカンピューターに頼る事になります。

でも、活用できる人もいれば活用できない人もいるので自分はどっちに属するのか?もよく理解しておいた方が良いと考えます。

 

見込み発車でiPad購入は避けるべき

何だかんだ言っても、最終的には見込み発車での購入に踏み切る場合が多いです。見込み発車の最大のデメリットは、実現できる可能性の有無になります。

実現できる可能性があるから購入に踏み切るのですが、iPadに関して言えば、これは避けた方が良いです。

自分が求めている内容とiPadが得意な分野が全く同じではない可能性があるので、可能な限り、このリスクは除去した上で買った方が活用に繋がる可能性が高いと思います。