iPad本体とアクセサリーは同時購入して良い物と良くない物あり

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad本体を購入する場合では、周辺機器アクセサリーを同時購入する場合も多いと思います。

何故か?と言うと、1つずつ購入すると面倒に感じますし、後から購入する場合だと自分のやりたい事が実現するまでに時間が掛かってしまうからです。

これではせっかく購入したのに、いつになったら自分のやりたい事ができるのか?といった気分になるため、結果的に活用方法にも影響が出る可能性も否定できません。

今回の記事は『iPad本体とアクセサリーは同時購入して良い物と良くない物あり』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad本体と周辺機器アクセサリーについて

iPadを利用する場合では、大きく分けて2種類の利用方法があります。1つはiPad本体だけで使うのか?もう1つは周辺機器アクセサリーも含めて活用するのか?

iPad本体だけで利用する?

iPadの場合は基本的にタブレット端末なので、周辺機器アクセサリーを利用しなくても便利に使う事ができるガジェットになります。

指先のタッチ操作でも十分に便利に使えるので、手書き入力さえ行わなければ特に問題ないと感じます。また、キーボード入力する場合でもソフトウェアキーボードが利用できます。

流石にフローティング表示する場合ではタッチ操作では厳しいと感じますが、それ以外では別途外付キーボードを利用しなくても使えるので便利です。

 

周辺機器アクセサリーも含めて活用する?

iPadには魅力的にアクセサリーも豊富にあるため、自分にとって最適に感じる活用方法として周辺機器アクセサリーを購入して利用する場合もあります。

この場合では、タブレット端末としても利用できますし、必要に応じて、ノートPCのようなスタイルで入力を伴う作業に活用する事も可能になります。

また、お絵かきできるアプリを利用する場合では、Apple PncilなどのiPad対応スタイラスペンも利用できるため、活用の幅も広がります。

 

スポンサーリンク

iPad本体と同時購入して良いアクセサリー

iPadシリーズを購入する場合では、iPad本体と一緒に同時購入しても問題ないと感じる周辺機器アクセサリーもあります。

Smart Cover、Smart Folio

iPad本体のディスプレイ保護を担う役割を持つカバーケースのSmart Cover(Smart Folio)は同時購入しても問題ないアクセサリーの1つになります。

Apple純正品なので価格もそれなりに高いですが、価格に見合った機能を兼ね備えているので賛否両論はありますけど、概ね満足できるのではないか?と感じます。

とはいえ、確かにディスプレイ保護に関しては申し分ないと感じますが、外側の部分にスポットライトを当てると、ところがどっこい必ずしも最適とは言い難いです。

何せ、白っぽい汚れが目立つので、購入する場合はカラーを考えた方が良いかも知れません。又は、市販で購入できる相当品に近い商品を買うのも1つの方法になります。

 

Apple Pencil(第1、第2世代)

Apple Pencilは仕事や趣味がイラストやデザイン系の場合では、お絵かきできるアプリも利用する機会が有りますが、それ以外でも手書き入力するツールとしても利用できるので便利に感じます。

手書き入力しなくても指先のタッチ操作感覚で利用できるので、どの場面においても使える機会が多いのではないか?と感じるため、iPad本体と同時に購入しても特に問題ないアクセサリーの1つになると思います。

でも、Apple Pencilに近い感覚で利用できる安価で購入できる相当品も市販で購入できるため、どっちを購入した方が良いのだろうか?と悩んでしまう場合もあります。

基本的にはApple Pencilを購入して、必要に応じて、予備的な用途で利用するのも1つの方法です。

 

iPad本体と同時購入すると良くないアクセサリー

iPadシリーズを購入する場合では、iPad本体と一緒に同時購入しない方が良いと感じる周辺機器アクセサリーが有るのをご存知でしょうか?

キーボードは同時購入しない方が良い

iPad本体と同時購入してはいけない周辺機器アクセサリーと言えば、Smart connectorに対応したキーボードケースも含めてキーボードなどが挙げられます。

どうしてなのかな?と思うかも知れませんが、iPadで実際にソフトウェアキーボードを利用してみてどうなのかな?を確認した上で購入した方が良いからです。

実際にローマ字変換による入力を試してみて、ピンポイントに自分にとって最適に感じる日本語が候補として表示されるのか?を確認しないでキーボード購入はオススメできません。

短文だけで判断するのではなく、長文入力や普段あまり使わない言葉を入力してみてチェックした方が良いです。

 

Smart connector対応キーボードケースは要検討

iPadにはトラックパッド搭載のMagic KeyboardロジクールFolio Touchキーボードケースがありますが、これらのキーボードを購入する場合も要検討が必要になります。

どちらの場合もSmart connectorに対応しているのでiPad本体から給電できる事により、別途充電しなくても利用できるのが便利です。

特に、両方ともそれなりに重量があるため、iPad本体とドッキング装着して利用する場面をイメージして要検討が必要になります。

11インチサイズのノートPCに見合った重量なのか?が検討課題の1つになります。

 

USB Type-Cハブも要検討を

iPad Air Pro の場合では、USB Type-Cハブを利用できるので、iPad Air Pro を購入する場合では、ネット通販で購入する場合も多いと思います。この選択は待った!を掛けた方が良いです。

というのも、連携するキーボードケースによって、どのタイプのUSB Type-Cハブが利用できるのか?も変わって来るからです。

先ずはiPad本体 及び ドッキング装着するSmart connector対応キーボードケースを実際に確認してから購入するのが賢明の選択になります。

直挿しできるタイプなのか?それとも直挿しできないタイプなのか?を確認しない状態での購入は賢明の選択ではないです。

 

iPad Air キーボードケースの選択方法はUSB-Cハブ使用で選ぶ
皆さん こんにちは! iPad Air を購入した場合ではキーボードケースも購入する場合があります。特に入力を伴う作業を行う場合ではキーボードが有ると便利です。 幸いな事に、Appleストアで販売している iPad Ai...

 

iPad周辺機器アクセサリーは活用を

iPadと連携して利用する目的で購入した周辺機器アクセサリーは実際には使っていない場合も有るのでは?と思います。というのも、便利に感じるからといってアレコレ購入するけれども実際の用途とマッチしていないからです。

iPad周辺機器アクセサリーは活用しているのか?

iPadと連携すると便利に使える 又は 使えるかも知れないといった感じで購入した様々なiPad周辺機器アクセサリーはどのぐらい利用しているのでしょうか?

何だかんだ言っても実際によく使っているのはSmart Cover(Smart Folio)やApple Pencilなのではないでしょうか?
何せキーボードケースの場合では、メインPCがあるのにも関わらず、そんなにiPadを利用して入力作業が必要になるのか?という事も考慮しないといけません。

実際の話、どんなに多く見積もったとしても、メインで利用しているPCよりも少ないと思います。これでは活用しているのかな?といった気分になるのは気のせいでしょうか?

せっかく購入したのですから、使い倒さないと勿体ない反面、使いこなせない日常とのせめぎ合いが現実かも知れません。

 

活用を考慮した買い物を心がける必要あり

iPadで利用すると便利に感じるからアクセサリーも必要といった場合だと、実際の活用を考慮していないので、継続的に利用するとは限りません。

その結果、魅力的に感じるアクセサリーが出現すると、つい購入してしまう悪循環になりやすいと思います。このような買い方をするのではなく、実際の活用を考慮したアクセサリーを購入した方が良いです。

そうすれば、余計な出費を抑制にも繋がるため、生活にも配慮した活用方法となるのでは?と個人的に考えます。