iPad mini 活用!WindowsノートPC所持でも便利に使える

スポンサーリンク
iPad 活用 生活

 

皆さん こんにちは!

一見するとWindowsノートPCを所持している場合では、タブレット端末のiPadを購入すると便利に使う事ができないのではないか?と感じる場合もあります。

でも、これは頭の中のイメージに過ぎないので実際に使ってみると、イメージとの違いも出て来るので、どうにか?なったりします。

でも、ディスプレイサイズは関係あると思うので、iPadと併用するのであれば、あまり近すぎないサイズの方が良いのではないか?と個人的に考えます。

今回の記事は『iPad mini 活用!WindowsノートPC所持でも便利に使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

メインで利用しているパソコンはWindwsノートPC

iPadを所持している場合でも何かしらのパソコンも併用して利用している場合が多いと思います。iPadと相性が良いのはMac関係ですが、筆者の場合はWindwsノートPCを愛用しています。

iPad Air、iPad mini を所持

メインで利用しているパソコンはWindwsノートPCになりますが、それとは別にChromebookやiPad Air、iPad miniも所持しています。

どれも現役で使い分けていますが、上手く併用するのはとても大変でかつ、難しいのが実情になるため、用途の重複も発生しているのが実情になります。

それでも、自分が求めている事を実現するには仕方がないので、いずれ一本化できるタイミングが訪れるまで現在の方法に活用するといった感じです。

たぶん、サブPCの用途で利用している3つのデバイスは一本化する事になると思います。

 

ノートPCも必要になるのが実情

iPad Air、iPad miniはキーボードやマウス、USBハブも利用できるので、ノートPCのように活用する事もできますが、それでもパソコンではないのでiPadに過ぎません。

どんなにノートPCのように利用できるようにiPadをパワーアップしたとしても、実際にはノートPCではないので、自分が求めている事が実現できないのである。

そのため、ノートPCをやめてiPadに乗り換える事はできないのが実情になります。だからといって、メインで利用しているPCはタブレット対応ではないので、iPadを代用できません。

結局のところ、iPadとWindows PCの併用による活用方法となっています。

 

スポンサーリンク

iPadとWindowsノートPC併用による活用

メインで利用しているWindows PCとiPad Air、iPad mini の併用による活用を行っているのですが、実際には本当にそんな事が可能なのか?についての紹介になります。

iPad AirとWindowsノートPCの併用はちょっと厳しい

WindowsノートPCは13インチ。iPad Airは10.9インチなのでサイズ的には近いです。この状態で、iPad Air とSmart connector経由でドッキング装着できるロジクールFolio Touchを利用すると重量が逆転します。

iPad Air + ロジクールFolio Touchの方がWindows PCよりも重たくなるので、iPadノートPC活用は最適な選択ではなくなります。

さらにiPad Air を片手で持つと重たいと感じる(両手で持っても重たく感じる)ので気軽にアチコチ持ち歩けるといった感じではないです。結局のところ自宅で利用するのが最適に感じます。

それならば何に使っているのか?というと、主にデジタルノートの用途になります。この使い方が特に便利に感じています。

 

iPad mini とWindowsノートPCは併用できる感あり

WindowsノートPCは13インチとiPad mini のパターン。iPad mini の場合では、ディスプレイ保護も兼ねるスタンドカバーのSmart Coverをいつも装着しており、主に通勤持参 及び ゲームに活用しています。

片手で持っても重たく感じませんし、iPad Air よりも薄いので持ちやすいです。片手で持ちながらタッチ操作できるのが便利に感じます。

この組み合わせは十分に有りなんじゃないのかな?と実感しています。

 

Chromebook

Chromebookは何に使っているのかな?と言うと、基本的には、iPad Air ノートPC活用の用途をChromebookで行っていると言った方が正解になります。

iPad Air でキーボード入力するよりChromebookで入力した方が圧倒的に便利に感じる反面、基本的にインターネットに接続していないと役に立ちませんから、Wi-Fiで利用できる環境下での使用となります。

 

スポンサーリンク

iPad mini とWindwsノートPCは上手く活用できる

おそらくメインで利用しているノートPCとベストパートナーの関係にあるのは、iPad mini だと個人的に考えます。その理由としては、用途が重複していないの部分に尽きます。

Windows PCは自宅で利用

メインで使っているノートPCは軽量の部類に入りますが、それでもバッグなどに収納して持ち歩くには十分に重たいと感じる重量に該当します。おそらく持ち歩いても良いと感じるのは1kg未満。

Windowsでは、Androidエミュレータを利用できるので、Androidゲームも利用できますが、ゲーム関係は全てiPad mini に集約しているのでスマホやパソコンでは行いません。

ディスプレイはタッチパネルではないので直感的な操作を行う事はできません。主にWi-Fiワイヤレスマウスで操作を行っています。

 

iPad mini は持ち歩ける

iPad mini は通勤持参とゲーム利用になりますが、通勤では1週間に1~2回ぐらい電車の座席に座れる可能性が訪れるので、iPad miniでの読書活用となります。

電車の座席に座ると睡魔が訪れる場合が多いと思いますが、いつも立っているのが当たり前になっているので、座席に座っても眠くなりません。普通にバッグから取り出して読書となるのである。

自宅に帰宅後はゲームもしているので、バッテリー持ちが悪いのでモバイルバッテリーが重たく感じます。

 

iPad mini 仕事活用!通勤に持参の用途が痛勤を快適にする
皆さん こんにちは! iPadを毎日の通勤に持ち歩くボディバッグに収納して持参しています。どうして持参しているのか?と言うと、そもそもの購入目的が通勤に持ち歩く為に買ったからです。 ただこれだけの理由で、毎日のように飽き...

 

iPad miniは用途が重複しないのが便利

筆者の場合は、ノートPCとiPad miniの関係に限って言えば、全く用途が重複していないので、便利に併用できる関係にあると考えます。

しかも無理やり用途を棲み分けているといった活用方法を採用していないです。というのも、iPad miniは通勤に持参するのを目的に購入しているので、使い道や活用方法に困る展開は今のところ、訪れていません。

 

iPadとノートPCは用途が重複しないように活用を

iPad mini と ノートPCは上手く併用できる関係にありますが、iPad Air はちょっと厳しい感があるので、うまく併用できていないのが実情になります。

iPad Air デジタルノート活用の実際

iPad Air ではデジタルノートでの活用に特化する使い方になっていますが、ESR iPad Airケース+Apple Pencil 2+iPad Air 4本体を持ち歩くのは重たいです。

ハッキリ言って、こんなの通勤バッグに収納して持ち歩きたくないと言った方が正解になります。そのため、主に自宅にて活用となっています。

デジタルノートと言っても色々と用途が有る訳ですが、それならば、どんな用途に使っているのか?と言うと、言語学習になります。

単語などを覚えるには昔から、書いて覚える学習法を採用しているため、書いて頭の中に詰め込むのである。紙のノート代わりに利用できるのでラッキーな反面、Apple Pencilのペン先が消耗品という事実に気が付き、がっくりといった感じになります。

 

ディスプレイサイズも併用に関係あり

iPadを上手く活用できなくて使い道に困ったりする場合もありますが、iPadが得意としている部分を上手く使える適切な用途があれば、基本的にはどうにか?克服できると思います。

もう1つ重要に感じるのは、ディスプレイサイズも少なからず関係あるのでは?と感じます。

メインで利用しているPCと近すぎると、アドバンテージが少なくなるので、結局のところ最後はよく利用しているPCの方を選択するのではないか?と考えます。

それなりにディスプレイサイズは考えた方が良いと思います。