iPad活用できるウィジェットアプリは配置後も便利に使っている?

スポンサーリンク
iPad 活用 生活

 

皆さん こんにちは!

iPadでは豊富なアプリを利用できるので便利に使う事もできますが、その中にはウィジェット利用できるアプリもあります。

ウィジェットをiPadに配置する事でiPadをもっと色々な用途に利用できる幅も広がるので、使いようによっては便利に活用できる場合もあります。

でも、全てのアプリがウィジェットに対応している訳でもないので、本当に便利に利用できるのだろうか?と感じる事も少なくないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

今回の記事は『iPad活用できるウィジェットアプリは配置後も便利に使っている?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで利用できるウィジェット・アプリ

iPadには色々と便利に利用できる機能が多くありますが、その内の1つがウィジェットになります。この機能を利用する場合はウィジェットに対応したアプリを利用する必要があります。

ホーム画面に固定

iPadでウィジェットを利用する場合では、ホーム画面にウィジェットを固定することができます。固定するには設定の「ホーム画面とDock」を開いてAppアイコンを「多く」にセットするだけです。

ウィジェットを固定した方が良いのか?固定しない方が良いのか?は賛否両論があるので一概には何とも言えません。

どちらの場合でもロック画面で右にスワイプして表示する事ができるため、どちらでも問題ないのではないか?と個人的に考えます。お好みで好きな方を選択すれば良いと思います。

 

ロック画面でも利用できる

筆者の場合は、iPad Air 及び iPad mini を所持しており、ウィジェットを利用しているのは、iPad Air になりますが、ロック画面で利用できるのは素直に喜ばしいと感じます。

なぜか?と言うと、iPad Air の場合では、ロック画面を解除する場合では、Touch IDで指紋認証する必要があります。

別に認証しても全然問題ないのですが、iPad Air Smart Folio を開いて、直ぐに右にスワイプさせてウィジェット表示が便利です。

Touch IDするまでもない用途(現在の株価をチェック)といった場合では、ウィジェットをパッと見てカバーを閉じる事になるので、この利用方法が快適に感じます。ウィジェット計算できる電卓も同様になります。

 

スポンサーリンク

iPadでウィジェットを配置しても便利とは限らない

iPadでウィジェットを配置しているのにも関わらず便利に感じない!という場合もあると思います。これはどうしてなのでしょうか?

全てのアプリが対応している訳ではない

確かに利用すると便利に感じるのも事実なのですが、実際に利用できるウィジェットが少ないと感じるのである。

Appストアにはウィジェット対応アプリが豊富にありますけど、自分が求めているジャンルのウィジェットが無い場合の方が逆に多い感じがするのである。

これでは残念ながら、せっかく便利に利用できたとしても、配置するメリットが少ないように感じます。

 

自分にとって最適に感じるウィジェットが少ない

もう1つ該当する事が全てのアプリがウィジェットに対応している訳ではないので、その結果として、自分にとって最適に感じるウィジェットも見つからないのである。

これが見つからないと、配置しても意味がないので、差し障りのないカレンダーや天気予報、ニュースといった情報系を配置するような感じ。

でも、スマホでもウィジェットを利用できるので、iPadで利用しなくても特に問題ありません。

 

配置しているだけ

ウィジェットが便利に感じない理由の1つとして、配置していても、実際には単なる配置しているだけの利用になってしまう場合が多いので、あまり便利に感じない。

こればっかりは必ずしも、このように感じない場合もありますから一概には何とも言えませんが、配置したからといって便利とは限らないです。

 

スポンサーリンク

iPadで実際に利用しているウィジェット紹介

iPadを購入当初は色々と実際に配置して利用していましたが、最近では4個に集約されてしまった感があるため、そんなに便利に利用していないですし、便利に感じていません。

Launcher

ランチャーアプリのLauncherはウィジェットにも対応しているので、ホーム画面に配置してあるアプリのアイコンを全て1つのフォルダに格納した場合に役立つアプリです。

ウィジェットは大・中・小から選択できるため、それぞれ異なるサイズを配置しても問題ありません。実際に利用しているのは中サイズになります。アプリのアイコンを4つまで登録できます。

 

iPad活用方法!Launcherランチャーウィジェット・アプリ
iPadにアプリをインストールすると、ホーム画面にアプリのアイコンが並んでしまうので、いつの間にか?ズラーと並んでしまっている状態になります。 この場合のデメリットとしては、ホーム画面の整理整頓が面倒に感じてしまい、別にやらな...

 

WidgetCal

WidgetCalはカレンダーアプリになります。大サイズでカレンダーを表示できるので重宝しています。カレンダーに書き込む用途では使わないで、あくまでも表示専用としての利用となります。

とても見やすく、パッと見ても分かりやすい表示に感じます。

 

Yahoo!ファイナンス

趣味の1つが株式投資になるため、お気に入りの株式銘柄の株価も気になるため、気になる銘柄の株価をチェックする目的で配置しています。

いちいち株価を調べる必要がなく、iPadで確認するだけなので、快適に感じます。

 

電卓+

電卓+アプリは、ウィジェット計算できる電卓になります。電卓の場合では、基本的にサッと取り出して、パッと計算して、サッと仕舞うパターンが多いです。

正にこの用途に最適なのが電卓+アプリなのではないか?というのが個人的な感想になります。

 

iPad 活用方法!電卓はウィジェット計算できる電卓+アプリ使用
皆さん こんにちは! iPadには電卓アプリが初期インストールされていません。どうして何だろう?と思ってしまうのですが、自分で好きな電卓アプリを入れて下さいね!という事なのかも知れません。 でも、電卓アプリって本当に必要...

 

iPadウィジェットは配置しているだけの活用

確かに4つのウィジェットは実際にiPad Air に配置しているので利用している訳ですけど、便利に使っているとか活用しているという気分にはなりません。

実際の利用状況

唯一、1週間の内に5日程度、実際に確認しているのは、Yahoo!ファイナンスのウィジェットになります。株価チェックなので、パッと見れば目的を達成できるので利用している感があります。

電卓+アプリも確かにウィジェット計算できるので便利に使っていますが、1週間に1回使っているのかな?ともしかすると15日に1回ぐらいなんじゃないのかな?といった感じ。

さらにトドメの一撃は、ランチャーウィジェット。ハッキリ言って全く使ってないよね?と言った方が正解になります。その理由としいては、何だかんだ言ってもDockやSpotlight検索で事足りるのである。

特にSpotlightは簡易ランチャーとしても利用できるので、ランチャーウィジェットは必要ないかも知れません。

 

ウィジェット配置しているだけ

iPad Air では、実際に配置しているウィジェットは4つだけになります。iPad mini に関して言えば、ウィジェットは全く利用していません。

どっちが便利なのか?よく分からなかったので、比較検討する目的も兼ねて、そのようにしていますが、その結果はどうなのか?と言うと、別にウィジェットを配置していなくても、あまり気にならないです。

その日常に慣れてしまえば特に気にならないので、使っても使わなくても特に問題ないといった感じになります。たぶん、筆者の場合は便利に活用していません。