iPad買って後悔しない活用は何か?生活・仕事・勉強・ゲーム活用?

iPad 活用 生活
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで自分のやりたい事を実現する目的で購入したは良いけど、実際には買ったも活用方法に悩んでしまったりすると、後悔する展開に陥ります。

購入する前は、それなりに何に使うのか?どんな用途に使うのか?なども含めてアレコレ検討を重ねた上で購入しているのにも関わらず、後悔する結果になる場合もあります。

これは購入前の検討が甘かった!と言えるのですが、検討を重ねたからといって最適な活用に繋がるとは限りません。それなのに自分以外の人はうまく活用できていたりすると、余計にもがいてしまう事も多いです。

今回の記事は『iPad買って後悔しない活用は何か?生活・仕事・勉強・ゲーム活用?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad買ったは良いけど後悔する事もある

iPadを買ったのにも関わらず、活用できなくて後悔するという展開は大変宜しくないのですが、たぶんこれは誰しも訪れる可能性が高いです。

iPad購入前の検討の甘さ

iPadを買って後悔する要因の1つとして考えられるのが、購入前にどれだけ検討したのか?ではないでしょうか?それなりに多くの時間を費やしている場合が多いのに何故?といった感じ。

たぶんこれは、検討している内容がずれているのも1つの要因ではないでしょうか?iPadを買う場合では、どの機種にするのか?で多くの時間を費やす場合が多いですけれども、それは一番最後で良いと感じます。

もっとそれ以前に考える事があるのでは?と思います。特にiPadを買う事で、自分にとってどんなデメリットがあるのか?やiPadは何をする目的で買って、その為には何のアプリを使うのか?など。

この2つさえ明確に答えが出ていれば機種選びで迷う事は少ないと思います。

 

適切な用途を準備していない

iPadを買って後悔する場合では、検討の甘さも要因の1つですが、それ以外にiPadが欲しいや買いたいという欲求が前面に出てしまって、購入後の実際の用途を準備していない場合になります。

とにかく何か?が欲しくなると、自分にとって都合の良い部分を追求する感じになるので、あまり不都合な面は見えない(実際には見えているけど、触れないようにしている)場合が多いです。

何故か?と言うと、これに触れてしまうと、せっかく買いたい欲が全開なのに買わない選択をする可能性も発生するからです。

実際に何の用途で使うのか?をしっかり考えて事前に用意さえしておけば、活用できなくて後悔する展開に陥るのは少ないと思います。

色々と総合的に考慮した結果、iPadを買わない選択を決断できる人も実際にいます。

 

スポンサーリンク

iPad購入では継続できるオンリーワンの用途が必要

iPad所持している場合では、うまく活用できない事も実際にあります。活用できないと後悔にも繋がるので何の為に買ったんだろう?といった感じ。

iPadの携帯性

スマホの場合では毎日TwitterやLINEといったSNSしか利用していない場合も多いのではないでしょうか?ハッキリ言ってそんなに大した用途では使っていないのにも関わらず、それがないと困ります。

それに対してiPadはと言うと、スマホよりも大画面で利用できますが、その反面、携帯性が悪いので、どこかに持ち歩くにはバッグでの移動となります。

 

毎日継続できる用途が必要

iPadの最大のデメリットは、スマホパソコンの用途に被ってしまう部分に尽きます。スマホを大画面化したようなタブレット端末なので、当然といえば当然です。

用途が被ってしまうと、iPadで利用できる事が少なくなる事に直結するので、iPadじゃなければダメな用途を見付ける必要があります。スマホやPCでは実現できない何か?

これが無いと残念ながら継続して利用するのはとても厳しいのではないか?と感じます。

 

必需品ではないiPadを購入するという意味

iPadはスマホとパソコンと異なり、ガジェットに該当するタブレット端末になります。ガジェットの場合は、別になくても困らないカテゴリになります。

つまり、それは有っても無くても基本的には問題ない事を意味するので、買ったら最後、壊れるまで 又は 不要になるまで継続して使い続ける必要があります。

それに対して必需品の場合では、それが無いと生活に困るので、別に毎日使わなくても特に問題ありません。そのため、iPadを購入したら必需品の用途を与えてあげる必要があります。でも、そんな用途はいったい何なのかな?

 

役立ってこそ活用なのでiPadを生活用途に利用するしかない

iPadは有れば便利に感じるけれども無くても困らないガジェットに該当するので、活用方法に悩む展開に陥る場合もあります。何かの用途に役立つ使い方に徹するしかなさそうです。

生活用途に活用

iPad活用を考えるのであれば、やっぱり生活用途に活用するのが最適に感じます。生活用途といっても幅が広いので、どの用途に適しているのか?は自分で見出す必要があります。

特に毎日の日常生活で何をしているのか?は自分しか分からないので、何が良いのか?は自分で決める必要があります。といっても実際にはネット閲覧や動画視聴、レシピ閲覧といった感じの用途に落ち着いてしまう場合が多いです。

残念ながらこれらの用途では、スマホやパソコンでも行えるので、あまり良い選択とは言えません。

 

iPad活用!何に使う?何をする?明確な用途があれば活用できる
皆さん こんにちは! iPadを所持している場合では、毎日の日常生活で色々な用途に使っていると思います。仕事や勉強にも使えるので非常に便利なタブレット端末なのではないでしょうか? でも、必ずしもこのような展開にならない場...

 

仕事に活用

iPadを仕事に活用している人も居るので自分も同様にビジネス用途に活用してみると、ある事に気が付きます。それは、どうして他の人は便利に使えるのに、自分が活用できないのだろうか?この違いは何?といった感じ。

それもその筈で、便利に使っている人は少なくとも自分よりも長くiPadを使っていたり、仕事用途での経験も多いので便利に使えるのである。おそらく試行錯誤を何度も繰り返した上で、現在のスタイルで利用していると推察できます。

でも、自分はその人達と比べても日が浅いので、うまく活用できないのは仕方ないのである。

 

勉強・学習に活用

Split View画面分割による学習法もありますけど、あれは12.9インチiPadでの話なんじゃないのかな?と個人的に考えます。iPad Air で2画面分割して同じようにやっても作業スペースは狭くて便利に感じません。

紙のノート代わりに利用できるデジタルノートアプリを活用して勉強や学習に利用するのが現実的に選択になるのでは?と思いますが、手書き入力が多くなるとペン先も摩耗しやすくなるのでウ~ンという気分。

Apple Pencilのペン先が摩耗しないようにしながら、学習活用もなかなか難しい。

 

継続して活用できる使い道はiPadゲーム活用

それなりに高い金額を出費して購入したiPadをゲームに特化する活用方法はあまり好ましくないというのが個人的な見解になります。

ゲーム活用はオススメできない

iPadゲーム活用をお勧めできない理由の1つとして、USB Type-C対応のiPadを購入した場合が該当します。

iPad AiriPad Pro が該当しますが、周辺機器アクセサリーも含めて、それなりに高い金額を出費して購入になるため、うまく活用できないからといってゲームに特化して良いのだろうか?というもどかしさ。

それならば、発想の転換や視点の変更などを行う事によって第3の選択肢も見えて来るのではないか?と感じるからです。とはいえ、考える時間に多くの時間を投入する事もできないのも実情です。

 

iPadゲーム活用は買い替え後の古い機種が最適

iPadを継続して利用している場合では、途中で新しいiPadに買い換える場合もあります。この場合では、今まで愛用していたiPadが不要になります。

売却できるのであれば売っても問題ありませんが、二束三文の買取金額の場合では売却しないで自宅で利用する選択となるのでは?と思います。

この場合では、iPadをゲーム専用端末に再活用するのが最適に感じます。何故か?と言うと、新しく購入すると、全てにおいて新しいiPadに興味や関心が移るからです。

その結果、必然的に今まで愛用していた旧機種は使わなくなるので自宅で眠る展開になります。でも、ゲームに特化する活用ならば毎日プレイする事になるので必需品に近い存在になる可能性が高いです。