iPad活用では電子書籍を購入して読書や勉強学習が省スペースで便利

スポンサーリンク
iPad 活用 生活

 

皆さん こんにちは!

iPadを所持している場合では活用方法に悩んでしまう場合も珍しくないと思います。基本的には一通りあらゆる用途に使えるのですが、それが自分にとって最適ではなかったりします。

結局のところ、どの活用が最適なのか?自分自身があまりよく分からないといった状態になったりするので試行錯誤を繰り返す事も多いです。

イラストやデザイン、デジタルノートのような使い方が便利に感じますけれども、その用途と使っていない場合ではあまり魅力的に感じませんから、余計にどうしようかな?といった感じ。

それならば読書や勉強・学習に活用するのも1つの方法になります。

今回の記事は『iPad活用では電子書籍を購入して読書や勉強学習が省スペースで便利』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadはイラスト・デザイン・ノート活用に便利

iPadは何の用途に活用するのが最適なんだろうか?と思いますが、グラフィック性能が高いので、おそらくイラストやデザイン系のアプリを利用した活用が得意なのでは?と感じます。

Apple Pencil連携活用

イラスト・デザイン系アプリを利用する場合では、Apple PencilなどのiPad対応スタイラスペンも必要になります。流石に指先のタッチ操作だけで細かい作業を行うのは厳しいです。

Apple Pencilがあれば、細かい作業も実際のペンと同じ感覚で行えますし、ペンの切り替えもダブルタップで行えるので効率的に利用できる場合が多いです。

唯一、不便に感じるのは、使いたい時にまさかのバッテリー切れという場合もあります。この場合ではiPad本体とマグネット吸着して充電する必要があるため、この時が不便に感じます。

そのため、予備的に市販で購入できるiPad対応タッチペンも用意しておくと便利だったりしますが、実際にはそんなに活用できる機会が少ないのでも何とも言えないもどかしさがあります。

 

デジタルノート活用

タブレット端末として活用する場合では、紙のノート代わりに利用できるデジタルノートアプリを利用するのも1つの活用方法になります。

有料・無料で利用できる便利なノート系アプリも多いので、自分にとって最適に感じるアプリも見つかると思います。さらにはApple Pencilを利用して手書き入力できるので、スケジュール管理の用途にも対応できます。

どのノートアプリが最適に感じるのか?については、実際にインストールしてみて使ってみないと分からない部分もあります。

おすすめアプリで選ぶも良し!とりあえずお試しで使って判断するのも良いと思います。

 

スポンサーリンク

iPadで勉強や学習の用途も有意義に感じる活用方法

iPadは色々と便利に使えるガジェットでかつ、タブレット端末になりますが、Apple Pencilを利用して勉強や学習用途に活用するのも1つの方法になります。

iPad勉強・学習法

iPadで勉強や学習に活用する場合では、Split View画面分割による学習法というのがあります。おそらく賛否両論と言った方が正解なのではないか?と個人的に考えます。

その理由としては、11インチサイズのディスプレイを全画面で利用すれば大画面で作業が行えるので見やすいですし、作業も問題ありません。

でも、ここでSplit Viewで2分割してしまったら、今までは前面を利用できていたのに半分の大きさで作業を行わないといけないので単純比較はできないですけど、イマイチに感じる場合も有るのでは?と思います。

その反面、左右どちらかに電子書籍の参考書デジタルノートアプリを利用できるため、iPadで勉強活用が行えるようになります。

 

勉強や学習に活用も1つの方法

iPadでは勉強や学習用途に利用できるアプリも豊富に有るため、自分にとって最適に感じるアプリが見つかる可能性が高いです。

例え、見つからなくても、自分自身の応用力や今まで培ってきた経験でどうにかカバーする事も可能ですから、勉強や学習用途に活用するのも1つの方法になると考えます。

 

Apple Pencilを利用する場合

iPadを勉強や学習に活用する場合では、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンも使う機会が多いのではないか?と考えます。この場合では、ペン先が摩耗するので交換も必要になります。

どの程度のタイミングで交換が必要になるのか?はどのぐらい使用しているのか?によっても異なるため、一概には何とも言えません。

実際にペン先を交換した事がありますが、市販で購入できる安価な商品を購入すると、直ぐに摩耗になる場合もあるので、何だかんだ言っても純正品の方が良いのでは?と感じます。

 

Apple Pencil 使い方!ペン先は消耗&摩耗するので交換も必要
皆さん こんにちは! iPadを購入する時に、Apple Pencil も購入すると思います。勿論、Apple Pencil は買わないでiPad対応タッチペンを選択する場合もあります。 Apple Pencil を頻繁...

 

スポンサーリンク

iPad電子書籍を購入&読書で省スペース化も現実的

現実的なiPad活用方法としては、デザインやデジタルノートも含めた学習活用が最適に感じますが、その派生(延長線)上にあるのが電子書籍での読書ではないか?と感じます。

iPad勉強活用でも電子書籍

iPadをデジタルノートに活用する場合では、勉強や学習といった用途に利用する場合が多いのではないか?と感じます。もっとも仕事にも使えるので自分さえ良ければ、どんな用途にも対応できます。

iPadで紙のノート代わりに利用するのであれば、参考書も必要になる場合があります。紙のノートをiPadにしたのですから、参考書も電子書籍という方法も十分に魅力的感じます。

iPadはSplit ViewやSlide Overというマルチタスク機能もあるので、画面を分割したり、アプリを重ねて表示したりすることで、電子書籍を読みながらデジタルノート記入という勉強法も有効な活用方法になります。

但し、この勉強法が必ずしも便利という訳ではないのも実情です。何故か?と言うと、何か?をしながら何か?をする事になるので画面サイズを分割する必要があるからです。

これでは、半分のスペースになってしまうので、その分作業の効率も悪くなります。

 

趣味が読書なら電子書籍もあり

趣味が読書に限らず、人は誰しも何かしらの書籍を購入する機会にも恵まれるので、この用途でiPadを活用できます。書籍の場合では1冊あたりの重量がありますし、それなりにスペースも取るので本棚も必要になります。

でも、iPadで電子書籍での読書活用であれば、紙の書籍ではないので本棚も必要ないので、自宅の省スペース化にも繋がります。

紙の書籍の場合では、どんどん増えていってしまうので、本棚内で所狭しで窮屈になっている場合も多いので、後で読み直すといった場合に取り出しが大変だったりします。

そのため、iPad電子書籍での読書も有効な活用方法に感じます。

 

iPad Office活用はあまり便利ではない

iPad活用方法としては、生活や仕事に活用するのが最適に感じますけれども、その中でもOffice系アプリを利用して仕事に活かしたりする場合もあります。

iPadでOffice系アプリ

iPadには標準で、AppleのOfficeアプリがインストールされているので、別途、Microsoft Officeや他のOffice互換アプリをインストールしなくても良いです。

文書作成はPages、表計算はNumbers、プレゼンテーションはKeynoteで対応できます。とはいえ、これらのアプリに使い慣れていない場合では利用しても使いづらいと感じるのが実情になります。

結局のところ、使い慣れているお気に入りのOfficeアプリを利用する事になる場合が多いですが、iPad版Officeが有料で利用できる場合では躊躇する場合もあります。

ここで躊躇すると、選択肢としてはiPad標準アプリ 又は 無料で利用できるOfficeアプリの2択になるので、使い慣れていないが故に、実際にiPadで使っても便利に感じません。

 

外付キーボード起用しても快適ではない

iPadにはSmart connector対応のSmart KeyboardやMagic Keyboard、ロジクールFolio Touchなどのキーボードケースを利用できるのでノートPCスタイルで使う事もできます。

仮にノートPC活用を行った場合では、見た目はノートPCなんですけど、中身はiPadなので、利用しているアプリもiPad版になります。

PC版ソフトウェアでは全ての機能が利用できる場合が多いですが、iPad版では機能限定バージョンだったりするので、同じOfficeアプリを利用していても制約を受ける事も多いです。

さらには長文入力の場合でもキーボード活用したからといって、PCよりも快適に利用できるという訳ではないので空回りする場合も意外とあります。