iPad活用方法!Launcherランチャーウィジェット・アプリ

iPad 活用 アプリ
スポンサーリンク

 

iPadにアプリをインストールすると、ホーム画面にアプリのアイコンが並んでしまうので、いつの間にか?ズラーと並んでしまっている状態になります。

この場合のデメリットとしては、ホーム画面の整理整頓が面倒に感じてしまい、別にやらなくても良いか?といった気分になりやすいです。

何故か?と言うと、今更感があるので、正直のところ、そんな面倒な作業はやりたくない!と言った方が正解になります。

それならばもっと簡単でかつ簡潔に対応できるランチャーアプリを利用した方が便利に感じます。

今回の記事は「iPadにインストールしておくと便利に役立つアプリはLauncherウィジェット」についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Launcher ランチャーアプリ

iPadを購入したら、必ずではないのですが、インストールしておいた方が便利に使える可能性が非常に高いのではないか?と思うアプリの1つがLauncherになります。

iPadホーム画面の整理整頓に役立つ

Launcherアプリはどんなアプリなんだろう?と思うかも知れませんが、名称の通りのランチャーになります。

主にウィジェットで利用するアプリと言った方が正解なのではないかな?と個人的に考えます。

というのも、iPadにアプリをインストールすると、アイコンで満杯になってしまうので、どうにかしたいと考える場合もありますが、この場合に役立つアプリになります。

どのように役立つのか?と言うと、全部丸ごとアイコンを1つのフォルダにまとめてしまってっも便利に利用できるアプリなのである。

 

iPadでウィジェットが利用できる

このアプリの最大のメリットがウィジェットになります。大・中・小のサイズのウィジェットを配置できます。

このウィジェットの中にアプリを登録できるので、ホーム画面のアプリ・アイコンを全てフォルダ化した場合でもウィジェットからアプリを起動できるようになります。

よく利用するアプリはDockに追加する場合が多いですが、Dockはマルチタスク専用に特化して、それ以外のアプリはランチャーウィジェットから起動するといった使い分けが行えます。

 

Dockはよく使うアプリを配置してはいけない

Dockにアプリを配置すると、便利に使えるので、それならば頻繁に利用するアプリのアイコンを配置したくなってしまうと思います。

この選択はよくないです。何故か?と言うと、Split ViewSlide Over で利用するアプリは人によっても異なるため、多い場合もあれば少ない場合もあります。

Dockには全てのアプリを配置できないため、厳選する必要があるため、マルチタスクで利用できるアプリをDockに追加するのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

iPadアプリ Launcher メリット&デメリット

ここでは、iPad Launcherアプリをインストールした場合のメリット・デメリットについての紹介になります。

インストールするメリット

LauncherアプリをiPadにインストールするメリットとしては何があるのか?と言うと、ウィジェットを利用できるという点に尽きます。

その反面、これ以外のメリットは無いと言った方が正解になるのも事実なので、あまり必要性を感じない場合も多いです。

ウィジェットの場合では基本的に配置して情報を確認するといった用途に特化する場合が多いですから、この機能を利用しなくてもiPadを便利に使えるからです。

 

インストールした場合のデメリット

逆にLauncherアプリをiPadにインストールした場合のデメリットについての紹介になります。一見すると、デメリットは無さそうに感じます。

でも、実際には何かしら有るものです。それは、使い方がイマイチ分からない場合が多いというのが実情になります。

使い方が分からないので、色々とアレコレ自分で触ってみて使い慣れるしか方法がないので非効率的ですけど、結果的に功を奏する事になるので、それはそれで良いと思います。

 

Launcher 一長一短

それならば、一長一短に感じるのは何なのか?と言うと、ハッキリ言って、実際にLauncherウィジェットを使ってみると、登録するアプリは少なくてOKという現実に気が付きます。

インストールする前までの頭の中のイメージでは、大サイズのウィジェットを配置すれば全てが解決できるといった感じなのですが、ある事に気が付いてしまうと、そんなに必要性を感じないのである。

iPadには標準で簡易ランチャー機能が搭載されているのである。Spotlight検索は簡易なランチャー機能があるので大いに悩みます。

 

iPad 使い方!Spotlight検索の便利で役立つ使用方法
皆さん こんにちは! iPadを使う場合では、色々な機能やアプリを便利に活用して自分にとってベストな事に利用する事になります。 この場合では検索や「よく使うアプリ」などを使用する事になりますが、この時に便利に使える機能が...

 

iPad Launcher ランチャーアプリ使用レビュー

iPad Air 4 で利用しているLauncher ウィジェット(ランチャーアプリ)の使用レビューを紹介したいと思います。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

イマイチに感じる部分

① 使い方
デメリットにも記載しましたが、使い方がイマイチよく分からないので使い勝手に影響を及ぼしてしまう部分があること。

 

② 登録アプリ
実際にアプリを登録してみると、そんなに登録しなくても良い事に気が付くので、4つのアイコンを登録できる中サイズで丁度よい事(大サイズは必要ない事に気が付く)

 

Spotlight検索よりも使える

iPadには簡易ランチャー機能であるSpotlight検索という便利な機能がありますが、これを利用すれば別にランチャーアプリをインストールしなくても良さそう感じます。

でも、実際に何度か利用してみると、やっぱりちょっと足らないかも知れない事に気が付くので、結局のところ、簡易ランチャー機能では物足りなさを感じてしまいます。

そのため、使っても使わなくてもLauncherアプリはインストールしておいて損はないのではないか?という結論に到達しています。

 

Launcher 評価・レビュー

純粋にホーム画面に並んでいるアプリのアイコンを整理整頓したいといった用途で使うのであれば便利に使えますが、それ以外の用途で利用スル場合は大いに悩めるのではないか?というのが個人的な見解になります。

インストールした頃は、ホーム画面の整理整頓が目的だったので大いに活躍しましたが、この目的が達成されてしまうと、そんなに頻繁に利用しているという訳ではないのが実情になります。

何だかんだ言っても、Dockに追加したアプリの方がよく利用していると断言できるため、超重要に感じるアプリをウィジェットに配置しない限り、サブに終わってしまうのではないか?と考えます。

 

iPad Launcher ランチャーウィジェット活用

ここでは実際にどのようにLauncherウィジェットを活用しているのか?についての紹介になります。あくまでも筆者の場合になるため、参考にはならないと思います。

基本的にウィジェットに配置しているだけ

ウィジェットなので、重ねてスマートスタックできるのがとても便利に感じます。重ねているのはカレンダー、Navitimeなので必要に応じて切り替えできるのが良いです。

いつも表示しているのはNavitimeなので、Launcherウィジェットは確かに利用しているけれども実際にはウィジェットエリアに配置しているだけになっている感じです。

それでも、ここから取っ払ってしまうと、必ずと言って良いほど、そのタイミングで必要に迫られる場面が突発的に発生するので、取っ払う事もできず、この用途での利用となります。

配置していれば良いので、これはこれで良いのかも知れません。

 

登録しているのはGoogleアプリに特化

Launcherウィジェットに登録しているアプリは、Googleアプリに特化しています。Google Chrome、Youtube、Gmailの3つのアプリ。

Gmailは、Gmailウィジェットが超便利に感じるので今は使っていません。Google ChromeはDockに配置していないため、Launcherウィジェットから起動できると便利に感じます。

特に、iPadでWordPressを開く場合ではGoogle Chromeを利用する必要があるため、この時に、特に必要性を感じるのが実情になります。