Apple Pencil互換iPad専用スタイラスペンのレビュー

スポンサーリンク
iPad レビュー

 

皆さん こんにちは!

iPadで手書き入力やタッチ操作を行う場合に有ると便利なApple Pencilになりますが、充電する場合では本体にドッキングさせる必要があったりします。

これでは充電中はApple Pencilを使用する事が出来ないという事を意味するので、さてどうしようかな?といった感じになります。

正にこのような場合に便利なのが、iPad対応スタイラスペン(タッチペン)になります。Apple Pencilよりも安価で購入できる場合が多いので、2台目の需要としても経済的だと思います。

今回の記事は「Apple Pencil互換iPad専用スタイラスペンのレビュー」についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil互換iPad専用スタイラスペン

iPad mini 5 及び iPad Air 4 で利用する目的で、パームリジェクション機能搭載iPad専用タッチペンを購入したので、その紹介になります。

iPad専用スタイラスペンの仕様

品名  : パームリジェクション機能搭載iPad専用タッチペン

サイズ : 167mm × 89mm 、13g

充電方法: USBtoDCケーブルによるUSB充電

充電時間: 1~2時間(連続使用 10~15時間)

省電力 : 30分自動電源OFF機能を搭載

 

Apple Pencil 2 に似ている外観

購入した決めてとも言えるのが、Apple Pencil 2 に似ている部分になります。iPad Air 4 で利用する場合では、一体運用できる方が便利に感じます。

マグネット吸着に対応していれば見た感じ、いかにもApple Pencilといった状態になるため、これならば問題ないと思いました。

とはいえ、触り心地は若干ですが異なるので、好みにもよる部分が有るかも知れません。でも、触り心地に関しては申し分ないと言っても過言ではないぐらいに持ちやすくて書きやすいです。

 

持ちやすい形状

Apple Pencil 2 の場合では、持ってみると何か細めに感じるので、シリコンカバーを装着して使っていますが、今回購入したiPad専用タッチペンの場合は丁度よい持ちやすさだと感じます。

シリコンカバー不要で利用できるので、意外と便利かも知れません。

 

スポンサーリンク

iPad専用スタイラスペンの便利な機能

パームリジェクション機能搭載iPad専用タッチペンの便利な機能についての紹介になります。ここでは主に3つの機能について紹介したいと思います。

パームリジェクション対応

iPadでデザインやイラストなどでスタイラスペンを利用する場合では、ディスプレイ上に手を置く場合もありますが、この時に誤操作する場合があります。

誤操作すると効率的な作業も行えなくなるので不便に感じます。このような誤タッチ防止に対応していると便利に作業が行なえます。

幸いな事にパームリジェクション機能に対応しているため、自然体で作業に集中できます。

 

Apple Pencil代替ESR iPadタッチペン・レビュー!パームリジェクション機能対応
皆さん こんにちは! iPadシリーズでデジタルペンシルを利用する場合ではApple純正のApple Pencil(第1・第2世代)又はロジクールCrayon for iPad を使う場合が多いです。 でも、色々な事情で...

 

マグネット吸着に対応

Apple Pencil 2 の場合は、iPad Air 及び iPad Pro とマグネット吸着する事が出来ます。マグネット吸着できるとスタイラスペンとiPadを持ち歩く場合に便利です。

但し、マグネット吸着に対応していない機種は、この機能を利用できません。可能ならば、利用できるiPadで使った方が良いと思います。

 

初期設定不要

このiPad専用タッチペンは電源ONにすれば、初期設定不要で直ぐに利用できます。Apple Pencil の場合ではiPadとペアリングが必要にになりますが、その設定なしで使えるのである。

ペアリングも含めて初期設定が必要な場合だと、ちょっとハードルが高いような気分になってしまいますが、その心配がないのは良いと思います。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil互換iPad専用スタイラスペンのレビュー

パームリジェクション機能搭載iPad専用タッチペンのレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

触り心地は抜群に良い

純粋にスタイラスペンの外観を触った場合の感じ方としては、Apple Pencil(第2世代)よりも触り心地が良いと感じます。

病みつきになると言っても良いぐらいに、この触り心地は良いと思います。

 

イマイチに感じる部分

パッと見た感じApple Pencil(第2世代)のように見えるiPad専用タッチペンになりますが、イマイチに感じる部分があります。

それは電源ON状態のLEDになります。電源ONでは白色のライトが点灯するのですが、昼間に使うと非常に見えづらいです。

夜間であればパッと見でも分かるのですが、ちょっと見えづらいと思います。

 

ペン先交換チップが付属

便利か?どうか?は別として、ペン先交換チップが2個付属されています。実際の交換サイクルはどの程度なのか?も気になりますが、残念ながらまだ使い始めて日が浅いので、どのぐらいで交換時期を迎えるのか?分かりません。

毎日のように頻繁に利用していれば早くて3ヶ月程度で、そのタイミングが訪れると思うので、購入して3ヶ月後に期待するしかありません。

 

Apple Pencil 2 レビュー!メリット&デメリット(iPad Air 4)
皆さん こんにちは! iPad Air 4 と一緒に購入した Apple Pencil 2 もよく使っているアクセサリーの1つになっていますが、ロジクール Crayon for iPad と比べると充電方法もタイプが異なります...

 

評価 及び レビュー

① マグネット吸着
iPad Air 本体に今回購入したiPad専用タッチペンを近づけると自然にドッキングします。ドッキング面は平べったい形状になっている電源ボタンがある面となります。

と、思いきや、実はそうではありません。何と!丸みを帯びている面でもマグネット吸着が行えるのである。でも、吸着は弱いのであまりオススメできません。

 

② 自動電源OFF
電源ボタンを押してオン状態にしてから何も使わないで30分後に自動で電源OFFになります。一見すると便利そうに感じますが、ちょっと微妙に感じます。

 

③ 実際の感度
iPad対応タッチペンで一番重要になる部分なのではないか?と考えるのは感度になります。実際に使ってみると、感度はApple Pencilの方が断然に上と感じます。

ペン先を見比べて見ると分かりますが、細くて小さいので、これが影響しているのかな?とも感じます。

 

iPad対応スタイラスペン使用レビュー

ここでは、実際にiPad専用タッチペンをiPad mini 5 及び iPad Air 4 で利用してみてどうだったのか?についての紹介になります。

iPad mini 5 で使用

iPad mini での使用感はちょっと微妙に感じます。ディスプレイに触れた場合の角度によっても感度が変わって来るみたいです。

これもまだ使い慣れていないのが一因だと思うので、使い慣れるまでの辛抱かも知れません。そこまで待っているほど忍耐がある訳でもないため、急ごしらえとして、Apple Pencil用のペン先カバーであるNIB Coverを装着して使っています。

このペン先カバーを装着すると、全てがバッチグーといった感じでタッチ操作が軽快になるのである。

 

iPad Air 4 で使用

iPad Air 4 ではどうなのか?と言うと、結論から先に言えば、利用できません。というのも、ガラスフィルムを貼付しているため、全くの無反応なのである。

購入店に問い合わせたところ、ガラスフィルムを剥がして利用して下さいとの事だったので、それなら iPad Air では Apple Pencil で問題ない!という結論に到達しました。

 

ペン先カバー NIB Cover 装着して使用

iPad mini で、今回購入したiPad専用タッチペンを利用する場合では、NIB Coverを装着しています。

これを装着すると操作性グレードアップするので筆者にとっては必需品に近いポジションに該当します。だからと言って、真似する必要はないので、あまり気に留める必要はありません。