iPad mini NIDOOタブレットケースのレビュー(スリーブケース)

スポンサーリンク
iPad レビュー

 

皆さん こんにちは!

iPad mini 5 及び Smart Cover を外出先に持参する場合ではタブレット端末に適しているスリーブケースがあると便利です。

そのままバッグに入れてしまっても良いのですが、iPad mini Smart Cover の場合はディスプレイ側しか保護されないので良い選択とは言い難いと思います。

そこで今回の記事は『iPad mini NIDOOタブレットケース(スリーブケース)のレビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad mini NIDOOタブレットケースについて

8インチ・タブレットケースであるNIDOOスリーブケースについての紹介になります。iPad mini 5 を収納する目的で購入しています。

NIDOOタブレットケースの仕様

サイズ : 233mm × 160mm × 20mm

重量  : 110g

カラー : ブルー

メーカー: NIDOO

表面素材: 防水コーティング加工

 

NIDOOスリーブケースの特徴

① 2ルーム構造
8インチタブレットケースなのに2ルーム構造になっているのが特徴の1つになります。こんな小さなケースなのにフロント部分にファスナーポケットを搭載しています。

フロント・ファスナーポケットのサイズは、130mm × 148mm になります。

 

② インナー部分
ダウン素材を採用しているため、手で触っても分かるぐらいにフカフカ柔らかいです。

 

フロント・ファスナーポケット

ファスナーポケットのサイズは、130mm × 148mm なのですが、実際に収納する場合は120mm幅未満のグッズ収納となります。

というのも、ファスナー部分が有るため、これを考慮する必要があるからです。因みにファスナー開閉にも注意が必要です。

NIDOOのロゴステッカーが有るのですが、丁度この部分にファスナーで閉めるため、開閉時に影響を受ける場合があります。

 

スポンサーリンク

NIDOOタブレットケースのメリット・デメリット

Smart Cover を装着した状態のiPad mini を収納する目的で利用するNIDOOタブレットケースのメリット・デメリットについての紹介になります。

デメリット

Lightning充電ケーブルの電源コンセントが収納できないのでデメリットに感じますが、Lightningケーブルを収納できるため、特に問題ないです。

というのも、通勤時ではスマホのモバイルバッテリーも持参しているため、Lightning充電ケーブルがあれば緊急的なバッテリー切れ対策としても利用できるからです。

それに、そもそも平べったい形状なので電源コンセントを収納できるスペースは何処にもありません。

 

メリット1(充電ケーブル収納)

フロント部分にファスナーポケットを搭載しているのが便利です。サイズ的には小さいので、本当に便利に使えるのか?疑問に感じますが、Lightning充電ケーブルを収納できるのは便利です。

 

メリット2(ファスナーポケット)

意外と気が付きにくい部分に該当しますが、iPad mini で使うデジタルペンシルのロジクール Crayon for iPad を収納できるのは重宝します。

サイズ的には絶対に収納できないと思うのですが、実は斜めに入れる事で収納できてしまうのである。

でも、斜めに収納すると、Lightning充電ケーブルは収納できるのですが、他の物は何も収納できないので一長一短があります。

 

スポンサーリンク

iPad mini NIDOOタブレットケースのレビュー

iPad mini 5 を通勤時に収納する目的で購入したNIDOOタブレットケース(スリーブケース)についてのレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

イマイチに感じる部分

実際にiPad mini NIDOOタブレットケースを使ってみると、色々と気になる部分も見えて来るものです。その中でもイマイチに感じたのはフロント・ファスナーポケットになります。

やっぱり何かを収納するにはそれなりのサイズが無いと使い勝手が悪いです。基本的にLightning充電ケーブルだけを収納するだけで良いので目くじらを立てる必要はないのがせめてもの救いです。

でも、このように感じるには筆者だけだと思うので、他の第三者の場合ではどのように解釈するのか?気になります。

 

メインルーム内は気持ち良い

メインルーム内はフカフカのフリース(ダウン)素材になっている事もあり、手を突っ込んで触ってみれば一目瞭然なぐらいに気持ち良いです。

iPad mini を収納しないで手袋として使っても良いぐらいに手がポカポカ温まります。そのぐらいにフカフカなので、しっかりiPad mini 本体をカバーできるのが素晴らしいです。

 

実際の使い勝手

NIDOOタブレットケースにiPad mini を収納した上で、通勤で使用しているCabinZero 11L ボディバッグに入れて通勤の持ち物の1つになっています。

意外と便利に感じるのが、iPad mini に Smart Cover を装着した状態でメインルームに収納できる点になります。

流石にスムーズに出し入れ出来るという訳ではないですが、収納に関して言えば特に問題ないのが重宝します。

さらに、この状態でロジクールCrayon for iPadをメインルームに収納できる点がグッドです。筆者の場合は2本所持しているため、Crayon for iPadを2本収納しています。

 

iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー!使い勝手&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad mini 5 及び Smart Cover を購入して1年が経過しましたが、現在も現役として便利に活用しています。 具体的にどんな用途で使っているのか?と言うと、通勤時に持ち歩く読書ガジェ...

 

NIDOOタブレットケースの使用レビュー

ここではロジクールのデジタルペンシルをメインルームとフロント・ファスナーポケットに収納した場合の使用感についての紹介になります。

メインルームにロジクールCrayonを収納した場合

Smart Cover を装着した状態で、iPad mini 及び ロジクール Crayon for iPad をメインルームに収納した場合での使い勝手は必ずしも満足できるという訳ではございません。

全部まとめてメインルームに収納できるのは重宝するのですが、この場合ではフロント部分にあるファスナーポケットに影響が及びます。

具体的にはLightning充電ケーブルは収納できるのですが、それでお腹いっぱいといった感じになってしまうのである。

さらにはパッと見た状態で、いかにも出っ張っている感じに見えるため、デジタルペンシルを収納する場合は2本入れた方が丁度よいと思います。

 

ファスナーポケットにロジクールCrayonを収納

メインルームに収納した場合ではその代償としてフロント・ファスナーポケットに影響を及ぼす事になりますが、それならばファスナーポケットに収納するとどうなのか?についての紹介です。

そのまま縦に収納しようとすると、ファスナーを閉める事が出来ないため、必然的に斜めに収納する事になります。

斜めに収納すると、まだ全然余裕があるため、Lightning充電ケーブルも一緒に入れる余裕がありますが、入れ方には注意が必要になります。

充電ケーブルも一緒に入れる場合は先にLightningケーブルを入れてからデジタルペンシルを入れた方が良いと思います。

何故か?と言うと、デジタルペンシルを取り出す場合にケーブルが邪魔になります。