iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー!使い勝手&メリット・デメリット

iPad レビュー
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad mini 5 及び Smart Cover を購入して1年が経過しましたが、現在も現役として便利に活用しています。

具体的にどんな用途で使っているのか?と言うと、通勤時に持ち歩く読書ガジェットとしての用途と自宅でゲームする用途の2パターンになります。

スマホでプレイしていたゲームを iPad mini に移行したお陰もあり、スマホのバッテリー持ちが非常に快適です。

そこで今回の記事は『iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー 及び 使い勝手&メリット・デメリット』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad mini 5 及び Smart Cover について

一緒に購入したのは、iPad mini 5、iPad mini Smart Cover、ロジクール Crayon for iPad になります。1ヶ月後に追加でスリーブケースも購入しています。

iPad mini 5 仕様

サイズ : 203.2mm × 134.8mm × 6.1mm
重量  : 300.5g
容量  : 64GB

チップ : A12 Bionicチップ
画面等 : 7.9インチ Retinaディスプレイ

端子等 : Lightning
認証等 : Touch ID(指紋認証)

その他 : ステレオスピーカー、8MPカメラ、Wi-Fi
同梱物 : Lightning充電ケーブル(1m)、電源アダプタ

 

iPad mini 5 Wi-Fi 64GB 購入

① Wi-Fiモデル
iPad mini の場合は軽量&コンパクトであるため、外出先にも持参する機会があります。実際の話、出張に持参 及び 通勤時の読書ガジェットとして使う目的で購入しています。

それなのにどうしてWi-Fiモデルを選択したのか?と言うと、オフラインでも読書は出来るのです。別に常時ネット接続しなくても問題ないと考えました。

 

② 容量64GB
Androidスマホでも64GBも利用した事が一度もないため、特に問題ないという判断になります。購入当初は安易な考えだったので今から思えば、この選択は正しくなかったと思います。

1年以上使い続けるのであれば256GBの容量が有った方が良いと個人的に考えます。

 

iPad mini Smart Cover

iPad mini のスタンドも兼ねるディスプレイ保護のSmart Coverは、ディスプレイに付着したホコリなどを綺麗に取ってくれるのが特徴になります。

購入したカラーはグレーなのですが、流石に1年も経過すると勲章のような感じで傷や汚れで汚らしくなっています。

でも、まだまだ現役といった感じで全然使えます。Apple純正品なので品質が良いんだと思います。

 

スポンサーリンク

iPad mini 5 使い勝手&メリット・デメリット

iPad mini 5 を1年間使ってみて感じた使い勝手やメリット・デメリットについての紹介になります。

iPad mini 5 デメリット

① 純正キーボード
iPad mini には純正キーボードであるSmart Keyboardが用意されていないため、入力を伴う作業を行いたい場合は別途Bluetoothキーボードを購入する必要があります。

Bluetooth接続の場合では稀に挙動不審な動きがあるので必ずしも最適という訳ではありません。何だかんだ言っても自分にとって最適なキーボードの有無が重要になります。

 

② ディスプレイ
iPad mini 5 は 7.9インチ Retinaディスプレイを搭載していますが、ディスプレイ上下のベゼル幅が太いので、ちょっと勿体ない感じになります。

 

③ Lightning充電端子
iPad mini 5 を充電する場合ではLightning充電ケーブルが必要になります。USB Type-C に対応していないので利便性が良くないです。特にUSBメモリと連携できないのが痛いです。

 

iPad mini 5 メリット

① 重量300.5g
iPad mini 5 Wi-Fiモデルの場合は重量が300.5gなので、愛用しているAndroidスマホよりも100gちょっと重たい程度になります。持ってもそんなに重たいと感じないのも魅力的です。

 

② コンパクトサイズ
iPad mini 5 はコンパクトサイズであるため、スマホのように片手で持てるのが特徴の1つになります。特にロジクール Crayon for iPad を使う場合では左手で持ちながら、右手で書く事が出来るため、スケジュール管理のシステム手帳としても便利に使えます。

 

③ Touch ID(指紋認証)
Face ID ではないため、マスクをしていても指紋認証できるのが便利です。

 

iPad mini 5 実際の使い勝手

1年間使った使い勝手になりますが、正直のところ、容量が64GBでは足りませんでした。256GBを購入すれば良かったというのが率直な感想になります。

購入してから8ヶ月を経過した頃から容量がパンク気味になって、PCにファイルを移動したり等の作業が伴いました。

毎日どのように使っているのか?と言えば、平日は通勤に持参して、休日はゲームプレイの用途というパターンで定着しています。電車通勤なので座席に座れたら読書ガジェットのパターンが多いです。

ゲームでも利用しているため、バッテリーは劣化しています。今直ぐの話では無いですがバッテリー交換しないと駄目なんじゃないかな?といった感じです。

 

iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー

iPad mini 5 と Smart Cover を購入してから1年経過してからの実際のレビューについての紹介となります。

イマイチに感じる部分

① iPad mini 本体
デメリットにも記載しましたが、ディスプレイのベゼル幅が太いのはイマイチに感じます。もうちょっと広ければ、違った視点で楽しめるのにな~と感じます。

 

② Smart Cover
表面はツルンツルンのテカテカといった状態で傷だらけで汚いです。単に使い過ぎてこのようになってしまったのか?それとも材質なのか?イマイチよく分かりません。

保護している部分がディスプレイ表面だけなので本体裏面は保護されていないのが残念に感じます。

 

便利に感じる部分

① AssistiveTouch
スクリーンショットが超便利です。AssistiveTouchのダブルタップでスクリーンショットできるようにカスタマイズしていますが超快適です。

 

② ウィジェット
ロック画面にて、指紋認証しないでフリックして呼び出せるので便利です。電卓ウィジェットを配置しているのですが、ウィジェットで計算できるので便利です。

 

実際の使用レビュー(ウィジェット活用)

ウィジェットは確かに便利なのですが、実際にはあまり使っていません。何故か?というと、全てのアプリに対応している訳ではないので本当に必要と感じているウィジェットが少ないからです。

それにAndroidスマホをメインで使っているため、ウィジェットを使わなくても問題ないというのが実情になります。

でも、ビジュル的にはiOS/iPadの方が優れていると感じるウィジェトがあります。特に乗り換え案内のNavitimeなど。

 

実際の使用レビュー(iPad mini ノートPC化)

iPad mini 活用法としてキーボードやマウスを利用してノートPCのように活用する方法もありますが、ハッキリ言って不向きになります。

先ず、メインで使っているパソコンのキーボードに慣れてしまっている状態なのでキー配列がメーカーによって異なります。

その結果、キーボードを見ながら入力になり易いため、作業効率は悪くなります。あとマウス操作もイマイチです。特に上下スクロール。タッチパッド操作の方が使いやすいでと思います。

 

iPad mini 折りたたみタッチパッド付キーボードのレビュー
皆さん こんにちは! iPad mini 5 及び Smart Cover で入力を伴う作業に利用するのがBluetoothキーボードになります。iPad mini の場合はApple純正のSmart Keyboard がない...

 

iPad mini 5 活用レビュー

iPad mini 5 をどんな用途で活用しているのか?についての紹介になります。通勤にも持参しているのでアプリは厳選しています。

購入当初~購入後3ヶ月まで

WPS Office をインストールしています。購入当初は出張にも持参していたのでOfficeアプリが無いと逆に困ってしまったのである。

でも、使い勝手については決して良いという訳ではないのが実情です。新規作成の用途で使うのではなく、あくまでもファイルを編集する用途で利用した方が良いという結論に到達しています。

意外と多用していたのが写真メモになります。書いても良かったのですが、写真メモの方が簡単に済ませる事が出来た事もあり、よく使っていました。

因みに購入後3ヶ月間はゲームアプリを1つもインストールしていません。

 

1年後の活用状況(電子ブック)

楽天koboなどの電子ブックアプリをインストールしています。電車通勤で座席に座る事が出来た場合に限り、iPad mini を通勤時の読書端末に使っています。

また、土日祝日などの休日にも読書ガジェットとして活用しています。ちょうど文庫本のようなサイズ感なので丁度良いです。

特に書店で書籍を購入するとバッグの中が重たくなってしまいますが、電子ブックアプリであれば何冊でも本棚に収納できて、それでいて重量は、iPad mini の本体重量300.5gで済みます。

 

1年後の活用状況(ゲーム)

スマホでゲームプレイしていた大航海時代6などをiPad mini でプレイしています。スマホのバッテリー対策も兼ねているので当初の目的は達成できて万歳といった感じです。

その結果、iPad mini のバッテリーが劣化するという結果に陥ってしまったので一長一短がありますが、スマホよりも大画面でタッチ操作がしやすいのでiPad mini に変更して満足しています。