iPad Air 折りたたみタッチパッド・キーボード使用レビュー

iPad レビュー
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air でキーボードを利用する場合では、Apple純正の Magic Keyboard や Smart Keyboard、ロジクール Folio Touch を利用する場合が多いと思います。

でも、色々な事情でこれらの魅力的なキーボードを利用できない場合もあります。iPad Air とドッキングしたら思っていたよりも重たかったといった場合など。

このような場合では軽量に感じる Bluetooth 接続のキーボードを利用する場合もあります。

そこで今回の記事は『iPad Air で、折りたたみタッチパッドキーボードの使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Airで使う折りたたみタッチパッドキーボード

iPad miniをノートPC化する場合に使っている折りたたみタッチパッド・キーボードのiClever IC-BK08は、iPad Airでも利用する事が出来ます。

iClever IC-BK08 折りたたみキーボードの仕様

通常使用時 : 278mm × 90mm
折りたたみ : 158mm × 90mm × 15mm

重量    : 208g

接続方式  : Bluetooth

付属品   : MicroUSB充電ケーブル、専用のキーボードケース

 

折りたたみキーボードの特徴

① Bluetooth接続
iClever IC-BK08 はBluetooth通信で、iPad Air と接続します。ワイヤレスで通信できるため、便利に感じます。

 

② タッチパッド
折りたたみ部分の右側に左右クリックボタン付のタッチパッドを搭載しています。

 

③ 専用ケース
流石に折りたたみキーボードだけあって、携帯時に持ち運べるように専用カバーケースが付属されています。

 

携帯性抜群

このキーボードは折りたたみ式という事も関係して携帯性が特に優れています。折りたたんだ状態で「158mm × 90mm × 15mm」というサイズ感。

ふかふか感のある専用のカバーケースも付属されているので申し分ありません。

 

スポンサーリンク

折りたたみキーボードのメリット&デメリット

iClever IC-BK08 折りたたみキーボードの一長一短についての紹介になります。どのような製品にも何かしらの一長一短に感じる部分があります。その一例を紹介します。

デメリット

最大のデメリットはコンパクトさが仇になっていると感じます。携帯性抜群のコンパクト仕様になっているため、妥協しないといけない部分が多くなっています。

具体的にどの部分が妥協しているのか?というと、キーボード 及び タッチパッドになります。

特にキーボード&タッチパッドは特に重要だと思いますが、携帯性とコンパクトさを求める場合ではサイズ等に制約を加える必要があります。

そのため、どうしてもサイズが小さくなってしまいます。この部分さえ気にしなければ十分に使えるキーボードになります。

 

メリット

コンパクトさがデメリットに感じましたが、逆にメリットでもあります。何せ、Apple純正のiPad用キーボードよりも圧倒的に軽量だからです。

持ち運びに関しても一体運用できない代わりに軽量さでカバー出来るので、外出先に持ち歩くといった場合では重宝するキーボードになります。

何だかんだ言っても重量はとても重要です。重たいとその分、疲れやすくなるため、外出先に持ち歩く場合では、とにかく軽量の方が便利で最適になります。

 

一長一短

折りたたみキーボードの一長一短に感じる部分は、Bluetooth接続かも知れません。ワイヤレスでキーボードを利用できるのは確かに便利です。

でも、稀に挙動不審な動き方をする場合があります。特にタッチパッドのカーソルが勝手に動くのである。いつもじゃないので、そんなに気にしなくて良いのですが、でもちょっと気になります。

やっぱりiPadシリーズでキーボードを使う場合は、Smart KeyboardなどのAppleストアで購入できる製品が良さそうに感じます。

 

iPad Air+折りたたみキーボードの使用レビュー

iPad Air で Bluetooth接続の折りたたみタッチパッド・キーボードを利用して入力作業を行った場合の使用レビューについての紹介になります。

イマイチに感じる部分

① タッチパッドの大きさ
残念に感じるポイントは無かったのですが、タッチパッド・サイズの小ささはちょっと不便に感じます。特に手のサイズが大きい人の場合では操作しづらいのでは?と感じます。

 

② 数字キーが小さい
特にイマイチに感じた部分は一番上に並んでいる数字キーになります。ハッキリ言って小さいので表計算アプリやExcelを利用する場合は使いにくい感じです。

 

便利に感じる部分

① コンパクトさ
携帯性に優れている折りたたみキーボードなので、コンパクトの観点から考慮すると申し分ないというのが本音になります。

何せ、サイズが小さいながらもタッチパッドを搭載しているにも関わらず軽量(208g)なので、機能面においては申し分ありません。

 

② サイズ
折りたたんだ状態で、158mm × 90mm × 15mm というのも驚異的です。

 

実際の使い勝手

稀に挙動不審な動作をするタッチパッドのカーソルは全く考慮しないで、純粋に使い勝手についての紹介になります。

外出先で使うキーボードに特化するのであれば、十分に使えるキーボードに感じますが、自宅で使う場合では満足ではタッチパッドが小さいので満足できません。

しっかり打ち込みできるのですが、ワンボタンで利用できる便利なキーが無いので、Fnキーを利用するパターンになります。

素直に iPad Air は Smart Connectorで利用できるキーボードを使った方が便利に感じます。

 

iPad mini 折りたたみタッチパッド付キーボードのレビュー
皆さん こんにちは! iPad mini 5 及び Smart Cover で入力を伴う作業に利用するのがBluetoothキーボードになります。iPad mini の場合はApple純正のSmart Keyboard がない...

 

ロジクールFolio Touchとの比較

筆者の場合はロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードを所持しているため、折りたたみキーボードと使い勝手の比較を紹介します。

携帯性で比較

携帯性で比較する場合では2つの比較ポイントがあります。1つは純粋に重量での比較になりますが、もう1つは、iPad Air と一体運用した場合の比較になります。

キーボード単体で使用できないため、iPadと一緒に考慮しないといけない要素になります。

本来であれば、ドッキングすればノートPCスタイルで利用できるロジクールFolio Touchに軍配があがりますが、残念ながら軽量ではないため、そのような結果にはなりません。

折りたたみタッチパッドキーボード(IC-BK08 )に軍配があがります。その理由としてFolio Touchは想定以上に重たいので、多少の不便さがあっても、そんなに問題になりません。

 

ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケース(iPad Air 4)レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 で入力を伴う作業を行うにはキーボードが必要になります。 幸いな事に iPad Air 4 には Smart Connector が搭載されているため、Apple純正の Smar...

 

タッチパッドで比較

ロジクールFolio Touch と iClever IC-BK08 折りたたみキーボードに共通しているのはタッチパッドの搭載になるため、この使い勝手についての比較になります。

とはいえ、結論から先に言えば、圧倒的にロジクール Folio Touchが全てにおいて便利だと実感できます。比較するまでも無いのが実情になります。

その一例として、タッチパッドのサイズです。サイズが大きい方が広いスペースを利用できるため、とても軽快に使用できます。

それに対して、折りたたみキーボードの場合は折りたたみという特性が有るが故に制約しないといけない部分があるので、どうしても仕方がない部分もあります。

 

入力作業で比較

① タイピング
実際のタイピングで比較する場合では、1つ1つのキーサイズが大きいロジクールFolio Touchに軍配があがります。キーサイズが大きい方が入力がし易いので便利に感じます.

 

② 打ち心地
しっかりキーボードを叩く事が出来るのか?という基準で考慮した場合では、iClever IC-BK08に軍配が上がります。

キーを打った場合にしっかり叩く事が出来るので入力している気分を味わえます。