iPad Chromebook 比較!Dock シェルフ 使い方

スポンサーリンク
iPad Chromebook

 

皆さん こんにちは!

iPad と Chromebook にはそれぞれ、Dockとシェルフという便利でかつ似ている機能が用意されています。ここにアプリのアイコンを配置しておくと便利に使えるので非常に分かりやすいです。

それならば全く同じに使えるのかな?と思ってしまいますが、そこはOSが異なるが故に全ての機能が同じという訳ではないのが実情になります。

Dockとシェルフの違いや使い方も含めて理解しておくと、ipad Chromebook どっちを選んだ方が良いのかな?と検討する時に役立ちます。

今回の記事は『iPad と Chromebook で利用するDock シェルフ 使い方』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook 利用するDockとシェルフについて

iPadにはDock、Chromebookにはシェルフというアプリのアイコンを格納しておく便利な機能があります。それぞれ名前が違う程度で同じに利用できる機能なのですが、実際に使ってみると異なる部分もあります。

iPadのDock

① アイコン格納数
Dockに格納できるアプリの数はiPadシリーズ全て同じではありません。画面サイズによっても格納できる数量が決まっているのが特徴の1つになります。

 

② マルチタスクで利用
基本的には、よく使うアプリをDockに追加しておく場合が多いですが、実際にはマルチタスクで利用できるアプリを追加しておいた方が良いのが実情になります。

 

③ Apple Pencil
Apple Pencil でDockを表示する場合は、AssistiveTouchのカスタムアクションを利用すると、表示できるようになります。でも、カスタムアクションは最大で3つまでしか設定できないため、調整に難航する場合もあります。

 

Chromebookのシェルフ

① アプリを追加
Chromebookでよく使うアプリをシェルフに追加しておくと便利に利用できます。

 

② ウェブサイト
Chromebookのシェルフには、アプリだけではなく、ウェブサイトも追加する事ができます。

 

③ ウェブサイト追加方法
シェルフに配置したいな~と思うウェブサイトが有った場合は、右上のメニューボタンをクリックして、「その他のツール」をクリックし、ショートカット作成をクリックします。

そうすると、ランチャー内にショートカットが作成されるので、右クリックしてシェルフに固定します。

 

スポンサーリンク

iPadでDockの使い方 及び アプリの追加

ここでは、iPadで便利に利用できるDockの使い方 及び アプリの追加方法などについての紹介になります。特に画面を分割する場合によく利用すると思います。

Dockの使い方

① ホーム画面
ホーム画面では常にDockが表示されています。

 

② アプリ起動中
アプリを起動中に2画面分割する場合は、画面下側からタッチ操作で上に少しなぞるように持ち上げるとDockが表示されます。

 

③ Appスイッチャー
似ている操作として、Appスイッチャーがあります。こちらは画面下側から画面中央で一旦停止すると起動するアプリ切り替え機能になります。

 

Dockにアプリを追加する方法

Dockにアプリを追加する場合では、どのように行えば良いのでしょうか?基本的にはドラッグ&ドロップにて追加する事になります。

ホーム画面にて、Dockに追加したいアプリを選択してドラッグし、そのままDockの中に入れ込むように持って行き、離すと追加されます。

Dockから外す場合はドラッグ&ドロップで取り出せば良いので簡単です。

 

Apple Pencil 使い方!DockとAppスイッチャー表示方法
皆さん こんにちは! iPadでApple PencilなどのiPadタッチペンを使いながらDockやAppスイッチャーを表示したいと思った事は有りませんか? このような場合ではタッチ操作で表示する事になりますが、ちょっ...

 

Dockはマルチタスクで利用できるアプリが最適

Dockに配置するアプリは、よく使うアプリを配置するのが良さそうに感じますが、Split ViewSlide Over で利用するアプリをDockに追加して配置しておくのが賢明の選択です。

というのも、Dockに追加できるアプリは数が限られているため、全てのアプリを追加する事ができません、そのため、2画面分割や複数のアプリを起動する場合に利用できるアプリを厳選して配置するのが良いと考えます。

 

スポンサーリンク

Chromebookでシェルフの使い方 及び 右クリック

ここでは、Chromebookで便利に利用できるシェルフの使い方 及び アプリの追加方法も含めて関連する内容についての紹介になります。

シェルフは位置を変更できる

Chromebookで、よく利用するアプリはシェルフに追加して配置しておくと便利に使う事ができますが、このシェルフは左・右・下の3箇所に位置を固定する事ができます。

どのように固定するのか?と言うと、マウスでドラッグ&ドロップではなく、シェルフの上にカーソルを移動した上で、右クリックすると「シェルフの位置」を指定できるようになります。

デフォルトでは下に固定されていますが、左や右の位置に配置する事もできるようになっています。

 

シェルフにアプリを追加&解除する方法

Chromebookのシェルフにアプリのアイコンを追加するにはどのように行えば良いのか?と言うと、ランチャーを開いて、アプリの一覧を表示します。

シェルフに固定したいアプリを右クリックすると「シェルフに固定」が表示がされるので、ここをタップします。そうすると、シェルに追加されます。

また、シェルフに配置されているアプリを解除したい場合も当然の事ながら有ると思います。この場合の基本的には同じ操作になります。

シェルフから外したいアプリにカーソルを合わせて右クリックすると「固定を解除」が表示されるので、ここをタップします。

 

Chromebookで右クリックする方法

そもそもChromebookで右クリックする場合はどのように行えば良いのか?疑問に思う事はありませんか?マウスを利用していれば右クリックできます。

でも、マウスを使わないで右クリックは出来ないのでは?と思う事も実際にあります。Chromebookに搭載されているタッチパッドはクリックしかできません。

それならば右クリックは出来ないのでは?と思いますが、ちゃんと右クリックできるのである。

タッチパッド上で2本指同時にクリックすると、右クリックと同じ操作が行えます。

 

iPad Chromebook 「Dockとシェルフ」どっちが使いやすい?

ここでは、iPad のDock操作 及び Chromebook のシェルフ操作はどっちが便利に感じるのか?についての紹介になります。あくまでも筆者の視点になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad Chromebook どちらも便利

ハッキリ言えば、実際に使ってみると、どっちも便利に感じるのので甲乙つけがたいと言った方が正解になります。

というのも、iPadの場合では、ドラッグ&ドロップでアプリを追加&解除できますし、Chromebookの場合は右クリック操作で追加&解除できるので、どっちでも問題ないと思います。

この他の要素としては、感じ方好みの部分が加味される程度になるため、これは個々の判断で決めて頂ければ良いです。

 

iPad より Chromebook が便利かも?

あえて、どっちの機能(Dockやシェルフ)が便利なのかな?という究極の選択を行うのであれば、Chromebookなのではないかな?と思います。

iPadのDockの場合では必ず画面の下側に配置になりますが、Chromebookの場合は「左、右、下」好きな位置に配置できるので柔軟性に配慮されています。