iPadノートPC化よりChromebook併用して活用が使える

スポンサーリンク
iPad Chromebook

 

皆さん こんにちは!

iPadで入力を伴う作業を行う場合では、キーボードも必要になりますが、この場合ではどのようなキーボードを利用するのでしょうか?

Apple純正のSmart KeyboardやMagic Keyboardといったキーボードケースを購入する場合も多いのではないか?と考えます。

でも、これらのキーボードを使ったからと言って、そんなに便利に感じないのではないか?と思うのは気のせいでしょうか?使い慣れていないだけならば、問題ないですけど・・・

今回の記事は『iPadノートPC化よりChromebook購入して併用が使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadでキーボード入力する場合

iPadで入力を伴う作業を行う場合では、ソフトウェア・キーボード 又は Apple純正のキーボードケースなど利用する場合が多いと思います。

Smart Keyboard、Magic Keyboard

iPadには、Smart Connector経由での接続に対応しているApple純正のSmart Keyboard、Magic KeyboardやロジクールFolio Touch などのキーボードケースを利用できます。

Smart Connectorに対応していると、別途充電しなくてもキーボードを利用できるので便利に感じます。利用したい時にバッテリーが切れていたりすると不便ですから、iPadから給電できると使いやすいです。

また、トラックパッドが搭載されていれば、PCマウスを利用しなくて済むのでネット閲覧や動画視聴する場合でも便利に感じます。

 

ソフトウェアキーボード

iPadには、ソフトウェア・キーボードを表示できるので、別にSmart Connectorに対応のキーボードケースを購入しなくても問題ありません。

とはいえ、基本的にはディスプレイの半分以上がキーボード表示になってしまうため、必ずしも最適とは言い難いのが実情になります。

フローティング・キーボードに表示方法を変更すると、キーボードサイズは小さくできますが、キーも小さくなってしまうので、タッチ入力では使いづらいです。

Apple Pencilで入力を行う場合に便利な表示方法なのではないか?と考えます。

 

Bluetoothキーボード

Bluetooth接続に対応した折りたたみキーボードも利用できます。Bluetooth接続の場合では基本的に充電が必要になるので、使いたい時にバッテリー切れという事も珍しくありません。

iPadで利用するのであれば、iClever IC-BK08のようなタッチパッドを搭載しているキーボードが便利に利用できるのでは?と思います。

 

スポンサーリンク

iPadノートPC化しても便利に使えない

ここでは、どうしてiPadにSmart Keyboard、Magic Keyboardなどのキーボードを接続してノートPC化しても便利に使えないのか?についての紹介になります。

iPad標準の日本語入力

iPad標準の日本語入力に慣れている場合であれば、長文の文書作成でも問題ありませんが、ローマ字入力した場合の変換候補がベストではないです。

自分が求めている変換候補ではない場合の方が圧倒的に多い感じがするので、使いづらいと感じます。よくこんなんで便利に使えるよな~と不思議に思ってしまうぐらいです。

もしかすると、ローマ字入力だから、こんな感じになるのかな?それともユーザー辞書を先に整備いないとダメなのかな?といった感じ。

 

短文入力ならば問題ない

短い文書を作成する程度の入力であれば、日本語入力の不快さをあまり感じないで入力が行えますが、これでは何の為にApple純正のSmart KeyboardMagic Keyboardを購入したのか?意味がないと思います。

それなりに長文入力も考慮したから購入したのでは?と思います。この程度の入力作業であれば、別にキーボードケースを利用しなくても、ソフトウェア・キーボードで十分です。

 

キーボード入力の作業

Magic Keyboard や ロジクールFolio Touch にはトラックパッドが搭載されているので、マウスを利用しなくて済むので便利に感じます。

これらのキーボードケースを購入しても、実際には果たしてどのぐらいの入力を伴う作業が有るのでしょうか?そもそもiPadを所持している場合では、メインで利用しているPCも所持していると思います。

iPadノートPC化しても、結局はメインで利用しているPCで入力する場合が多いのが実情になるため、あまり用途がないのでは?というのが個人的な見解になります。

 

iPad 活用方法!キーボードやマウスを利用しても便利に使えない
皆さん こんにちは! iPadシリーズは、PC周辺機器のキーボードやマウス、USBハブ等を接続して利用する事が出来るため、ノートPCのように使えるという魅力を持っています。 この特徴を上手く活用する事で、入力を伴う作業に...

 

スポンサーリンク

iPadノートPC化よりChromebook併用の検討を

ここでは、iPadにキーボードケースをドッキング装着してノートPC化するよりもChromebookを購入して、この用途に活用する使い方が良いのでは?についての紹介になります。

iPadは長文入力に不向き

どうしてiPadノートPC化よりもChromebookを検討した方が良いのか?は、iPad標準の日本語入力がイマイチに感じるので長文入力に不向きである事に尽きます。

キーボードを購入したのに、長文入力に不向きだったら、そんな購入しない方が良いと感じます。頭の中のイメージが良い印象になってしまっていると、不思議と欲しくなってしまうのが実情です。

少なくともiPadでキーボードを利用する場合では、長文入力する事を実際によく考えた方が良いです。iPad標準で入力できる日本語は自分にとって最適に感じるのか?これが全てです。

 

Chromebookは iPad Air より安価で買える

Chromebookの場合では、iPad Air よりも安価で購入できる場合が多いので、お財布と相談しなくても購入できるメリットがあります。

Windows PC のように、2in1 PC もラインナップされているので、iPadのようにタブレット端末として利用できる場合もあります。

とはいえ、安価で購入できるChromebookだったとしても、Apple純正のキーボードケースよりも購入金額は高いです。

 

Chromebook iPad 併用

Chromebookを購入すると、iPadから乗り換えないといけないのかな?と思ってしまいますが、乗り換える必要はないです。

逆に乗り換えると、不便に感じる場合の方が圧倒的に多いため、Chromebookは併用による活用方法が良いと考えます。

 

iPadはノートPC化しない使い方が最適

ここでは、iPadはキーボードケースを利用してノートPC化しない使い方の方が便利に活用できるについての紹介になります。

iPadの不得意の部分は利用しない

iPad標準の日本語入力に関しては、使えないから、Googleキーボード(Gboard)をインストールして使ってみたのですが、入力方法がスマホと同じになってしまうので、これまた不便に感じました。

iPadなのにスマホと同じ入力方法というのは不便極まりないので、iPadで入力作業は向いていないと思います。そのため、入力作業には利用しない選択に徹するのが良いのではないか?というのが個人的な結論に到達しています。

 

iPadではデジタルノートが便利に使える

基本的に、iPad Air では、デジタルノートであるMicrosoft OneNoteやiPad標準のメモアプリを主に利用していますが、この使い方が一番便利に利用できると感じます。

Apple Pencilで手書き入力も行えるので勉強や学習用途にも向いているので、この用途であれば、紙のノート代わりとしても使えます。

但し、書いて覚える学習にiPadを活用する場合では、1つだけデメリットが発生します。それはApple Pencilのペン先が摩耗します。

使い方によっても交換頻度は変わってきますが、筆者の場合は3~7ヶ月程度でペン先を交換している場合が多いです。安価で購入できるペン先を利用すると、直ぐに摩耗するので、ペン先は純正品が良いと感じます。