ChromebookはiPadとWindows PCと用途が被る

スポンサーリンク
iPad Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebook・iPad・Windows PCの3つのデバイスを所持している場合では、使い分けというか?活用方法と言えば良いのか?ちょっとよく分かりませんが、やりくりが大変になります。

というのも、どれを取っても用途が被るのである。とはいえ、不動のポジションにいるWindows PCは用途が被っても何ら問題ないのですが、ChromebookとiPadは真面目な話、どっちもどっちといった状態に陥ります。

最初は併用していても、その内に無駄に気がつくので、それまでに最適な活用方法を見つけないと、Chromebook・iPadは勿体ない使い方を行ってしまう可能性が高いです。

今回の記事は『ChromebookはiPadとWindows PCと用途が被るので併用が難しい』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook Windows 用途が被るのが悩み

同じ用途で利用できるガジェットを複数所持していると、用途も普通に被ってしまうので、必然的に用途の奪い合いが発生します。

iPad 用途

① iPad mini 5
主に通勤ゲームの用途で利用しているのが、iPad miniです。300gという軽さでかつ片手で持てるので外出時に持ち歩く用途では便利に感じます。

それでいて、スマホよりも大画面でかつ、操作もしやすい事もありゲーム用途にも最適といった感じなので、スマホゲームを完全にiPad miniに移行して利用となります。

 

② iPad Air 4
主に、学習や紙のノート代わりに使っているのが、iPad Airです。Apple Pencilで、手書き入力も行えるので便利に使えます。

ロジクールFolio Touchキーボードケースも所持していますが、ノートPC化の用途は完全にChromebookに移管したので、この用途では使っていません。

 

Chromebook 用途

主に、iPad Air ノートPC化の用途 及び ネット閲覧・動画視聴の用途で使っているのが、Chromebook Lenovo IdeaPad Duet になります。

キーボードやスタンドを着脱できるのでタブレット端末としても利用できますが、この用途はiPadに任せている関係で、2in1ノートPCの用途として使っています。

 

Windows PC 用途

何を行うにもメインで使っているのは、WindowsノートPCになります。13インチで重量は1.3Kgあるので、外出時に持ち歩く場合では重たく感じるので、可能ならば持ち歩きたくないです。

そのため、持ち歩く用途に関して言えば、iPadで済ませていますが、一長一短があるので、ちょっとイマイチだったりしています。

Chromebookの場合はネットに接続していないと役に立ちませんから、持ち歩く用途に不向きなのである。

 

スポンサーリンク

iPad mini 及び iPad Air を併用する活用方法

iPad mini 5 、iPad Air 4 の2つのiPadを所持して、実際に併用していますが、画面サイズが異なるのも影響してか?両方とも並び立つ活用方法(併用)になっています。

現状では併用した活用方法

iPad miniとiPad Airは用途で分けてしまっている関係で、上手く併用できている状態になりますが、それでも無駄があるように感じます。

とはいえ、通勤に持参する場合では、iPad Air は持ち歩けないので必然的にiPad miniという選択になってしまいます。

だからと言って、毎日のように通勤で使っている訳でもないため、もしかするとiPad miniは統廃合の対象にしても問題ないかも知れません。現状では、この併用方法は上手く機能していると思います。

 

今後は一本化を計画

確かに現状では、iPad miniiPad Air併用による活用方法は上手く機能していますが、今後もずっとこの状態という訳ではないと思います。

いずれ一本化も必要になる時期が訪れると思うので、準備だけはしておいた方が良さそうに感じます。

特にiPadの場合では、個人で利用するのであれば1つあれば十分というのが個人的な見解になっているので、遅かれ早かれ一本化を計画しています。

そうしないと、同じ用途で利用できるiPadが2つ有っても上手く活用できないと思うからです。

 

iPad mini 仕事活用!通勤に持参の用途が痛勤を快適にする
皆さん こんにちは! iPadを毎日の通勤に持ち歩くボディバッグに収納して持参しています。どうして持参しているのか?と言うと、そもそもの購入目的が通勤に持ち歩く為に買ったからです。 ただこれだけの理由で、毎日のように飽き...

 

スポンサーリンク

ChromebookはサブPCとして活用

Chromebook も所持していますが、こちらはWindowsノートPCのサブ用途としての使い方で活用しているのですが、いつの間にかiPadと用途が被っていたりします。

iPadとChromebook使い分けは難しい

頭では使い分けするのは簡単だろう?と考えていても実際には意外と難しい事が判明しています。iPadはここまで、Chromebookはここまで、Windowsは・・・と決めていても、いつの間にかゴチャ混ぜになってしまっている感じ。

こうなってしまうと、結局のところ、よく利用する端末で行った方が便利に感じてしまうのである。或る意味、必要に応じて臨機応変に使い分ける事ができるので便利かも知れませんが、無駄な行動だったりします。

やっぱり用途が被ってしまうが故の仕方のなさかも知れません。

 

Google Chrome

Chromebookの便利に感じる部分は、何といってもGoogle Chrome PC版が搭載されている事に尽きます。拡張機能が利用できるのでインターネットに接続していれば、WindowsノートPCの用途をカバーできるのである。

でも、インターネットに接続していない場合ではガラクタとは言いませんけれども、役に立たない場合が多いので、Windows PC のサブとしての使い方になってしまうのが実情になります。

加えて、iPadと同じ用途で利用できるガジェットでもあるので、非常に悩ましいノートPCと言った方が正解になります。

 

iPadとWindows PCと連携できる

iPad Chromebook Windows PC はそれぞれ、連携した活用も行っています。この場合に利用するアプリは2つあり、ファイル転送はSendanywhere、デジタルノートはMicrosoft OneNoteを利用しています。

文書作成や表計算アプリに関して言えば、iPadと連携できるように、Googleドキュメント及びGoogleスプレッドシートに一本化しています。

WindowsではWPS Office 2を利用しています。

 

iPad Chromebook 併用する活用ではアプリの共通化を
皆さん こんにちは! iPadとChromebookの両方を所持している場合では、活用方法も重要になりますが、どのように活用すれば良いのでしょうか? いわゆる併用となる訳ですが、この場合では両方で共通して利用できるアプリ...

 

WindowsノートPCはiPadやChromebookと連携

全てにおいて何でもどんな用途にも使っているのがWindowsノートPCになります。iPadとChromebookとの連携においても中核を担います。

ファイル転送

① iPadとファイル転送
iPadとの連携では基本的にUSBケーブルを利用して写真などの画像ファイルをPCに転送しています。SendanywhereのWindowsソフトを利用すればiPadともファイル転送できます。

 

② Chromebookとファイル転送
Chromebookとファイル転送する場合では、ファイル転送アプリのSendanywhereを利用しています。

本来であればUSBケーブルにて行いたいところですが、PCとPCとではダメなんですよね~。そういう理由でアプリを使っています。

 

Microsoft OneNote

基本的にiPadでOneNoteを利用していますが、ノートブックの名称変更をしたい場合はiPadでは出来ないので、Windows版で行っています。

そんなに頻繁に名称変更しないので忘れた頃に行う場合が多いです。その他にはタグのカスタマイズを行う場合に利用するパターン。

でも、iPadではカスタマイズしたタグは利用できないので、全く意味がありません。

 

Google日本語入力

Windowsで利用できる日本語IMEはGoogle日本語入力を利用しています。筆者の場合は全てにおいて、Google日本語入力が最適に感じています。

Chromebookで入力作業を行う場合にも同じIMEなので便利に感じます。でも、iPadにGoogleキーボードをインストールすると良くないです。

入力方法がスマホと同じになってしまうので使い勝手が非常に悪くなるのである。インストールするOSによって、こうも使い勝手が変わるんだな~というのが分かって良い勉強になりました。

 

iPadとChromebookはどっちか?に一本化が最適

iPad Chromebook Windows PC 3つのデバイスを所持している場合では、どうしても用途が被ってしまうので、勿体ない使い方は仕方ないのが実情になります。

サブPCとして使えるガジェットは一本化

本当であれば、メインPCで何もかも全てカバーするのが望ましいのですが、外出先に持ち歩くといった場合では、起動も早く便利なモバイル端末も必要になります。

この際、メインで利用するPCは不動のポジションにした上で、サブPCとしても利用できるガジェットのiPad 及び Chromebookは一本化するのが賢明の選択ではないか?というのが結論になります。

とはいえ、直ぐに一本化できないのは事実なので、第1段階としてアプリを共通化した上で、どっちか?の端末を統廃合するのが賢明だと思います。