ChromebookからiPadよりWindowsに乗り換えを

iPad Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebookを所持している場合では、物足りなさを感じる場合もあります。そのため、同じ用途で利用できるiPadシリーズに乗り換えを検討する場合もあると思います。

そもそも、ChromebookとiPadはPCとタブレット端末なので純粋な比較を行う事ができないと思います。でも、友人や同僚がiPadを所持している場合では不思議とiPadに心が傾いてしまうのである。

でも、Chromebookから乗り換える場合では、総合的に考慮してもWindows PCに乗り換えた方が良いと考えます。

今回の記事は『ChromebookからiPadに乗り換えするよりWindows PCに乗り換えを』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ChromebookからiPadに乗り換えた場合に困ること

Chromebookから乗り換えでiPadを選択した場合では、実際に困る事もあります。ここではどんな事に困るのか?についての紹介になります。

キーボードが必要になる

Chromebookの場合ではタブレット端末もありますが、基本的にノートPCタイプの方が多いため、キーボードが必要になります。

iPadにはSmart Connectorに対応したSmart KeyboardやMagic Keyboard、ロジクールFolio Touchなどのキーボードケースを利用できるため、ノートPCのように使う事もできます。

また、Bluetooth接続キーボードも利用できるので、豊富な周辺機器アクセサリーも利用できます。とはいえ、これらの魅力的な周辺機器を全て揃える事になると、それ相応の金額も必要になるのが実情になります。

 

Google Chrome拡張機能

iPadに乗り換えた場合では、Google Chromeをインストールする場合もありますが、この時に拡張機能が利用できない事に気が付きます。

Chrome iPad版では拡張機能が利用できないため、Chromebookでよく利用していた場合では困ってしまう場合もあります。

これはどうにもならないため、素直にPCにてChromeを利用するしか方法がありません。

 

iPadでは代用できない

基本的にChromebookはノートPCですが、iPadはタブレット端末なので、ChromebookをiPadで代用する事はできません。

でも、実際にはiPadに乗り換えるメリットの方が多いため、あまり気にならない場合が多いと思います。

 

スポンサーリンク

iPadからChromebookに乗り換えた場合に困ること

iPadから乗り換えでChromebookを選択した場合では、実際に困る事もあります。ここではどんな事に困るのか?についての紹介になります。

ウィジェット利用

iPadからChromebookに乗り換えた場合に困る事と言えば、ウィジェットになるのではないか?と考えます。Chromebookでは基本的に壁紙の画面でウィジェットを貼り付ける事ができないです。

さらに、基本的にGoogle Chromeにて何でも行う仕様のノートPCなので、ウィジェットを利用する場合もChromeブラウザのタブの中で実現する事になります。

又は、Androidアプリでウィジェットが利用できる物も有るので、そのようなアプリをインストールして利用する方法となります。

そこまでして利用するのか?それとも諦めるのか?は個々の判断に委ねられます。

 

便利に感じる操作方法

iPadでは何をするにも便利なタッチ操作で行える事が、Chromebookでは簡単とは言い難いです。2画面分割や複数アプリ起動などは行えますが、iPadのように操作が簡単ではないです。

ダークモード・ライトモードへの切り替えの場合でも、Google Chrome拡張機能にダークモードを追加する必要があります。

とはいえ、拡張機能を追加してしまえば、その後の作業はワンクリックなので簡単に利用できるのも事実です。

 

便利なアプリ

iPadで利用していたアプリをChromebookでも利用できるのか?という問題も発生します。ChromebookではAndroidアプリも利用できるので、そんなに困らないのでは?と感じます。

でも、全てのAndroidアプリが利用できるという訳ではないですし、横画面表示に対応していない場合もあるため、このような場合では困るパターンに該当します。

 

iPadからChromebookに乗り換えるメリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPadとChromebook 両方とも所持していますが、どっちも同じ用途で利用できるガジェットになるため、活用方法に悩む展開も意外と多いのが実情です。 それならば、いっそのこと、どっちかに一本化す...

 

ChromebookからiPadよりもWindows PCに乗り換えが便利

ここでは、ChromebookからiPadに乗り換えるのではなく、Windows PCに乗り換えた方が賢明の選択なのではないか?という紹介になります。

ChromebookからiPad乗り換えはメリットが多い

基本的に、ChromebookからiPad乗り換えは困る事が多いのではなく、メリットの方が圧倒的に多いのが実情になります。

それなのに、どうしてWindows PCなのか?になりますが、確かにメリットの方が多いけれども、デメリットも無視できないのである。

iPadに乗り変えると、Google Chromeの拡張機能が利用できないですし、iPad標準の日本語入力がイマイチに感じます。それならばGoogleキーボード(Gboard)をインストールすれば良いのでは?と考えると思います。

これを入れると、余計に使い勝手が悪くなります。スマホと同じ入力方法になってしまうので、入力が逆に大変です。この事を考慮すると、Windows PCが良いのではないか?という結論に到達します。

 

ChromebookからWindowsは相性が良い

もう1つ重要になるのが、乗り換えた場合に現在の利便性を維持したまま、次の機種も便利に使えるのか?という要素も考慮が必要になります。

幸いな事にWindows PCであれば、Chromebookを代用できるので困る事は少ないです。デメリットが有るとすれば、価格が高い部分ぐらいだと思います。

Chromebookの場合は安価で購入できるのが魅力的ですが、Windows PCはそれなりに性能が高い機種を購入しないと、何をするにも困ってしまう場合もあります。

Google日本語入力もインストールできるので、日本語IMEを合わせる事ができるのもポイントが高いです。

 

ChromebookからiPadに乗り換えるメリット・デメリット
皆さん こんにちは! Chromebookを所持している場合では、Androidアプリも利用できますが、基本的には何を行うにもGoogle Chromeにて完結する必要があるので、物足りなさを感じる場合があります。 何故...

 

Windows PCならばChromebookを代用できる

ChromebookからiPadに乗り換えても代用できないですが、Windows PCであれば代用できるので、乗り換えるとすれば、iPadではなくWindowsが良いと思います。

iPadはChromebook代用できない(併用による活用)

ChromebookからiPadに乗り換えた場合では、代用する事ができません。この場合では、iPadとChromebookを併用するパターンでの活用方法となるのが実情になります。

確かに併用も1つの方法になりますが、相互に用途が被ってしまうので最適な選択とは言い難いです。一時的に併用するパターンが望ましいです。

 

Google Chrome PC版

Windows PCにインストールするGoogle ChromeはChromebookに標準搭載されているのと同じPC版になるため、Windows PCであればChrome拡張機能も利用できます。

その代わりに、Androidアプリが利用できなくなりますが、ゲームであれば、BluestacksなどのAndroidエミュレータを利用する方法もあります。

 

Surface Pro などの 2in1 PCも多い

Lenovo IdeaPad Duet などの 2in1 タイプの場合では、タブレットにもなるので便利に感じますが、Windows PCでもSurface Pro のように2in1タイプもあります。

とはいえ、Microsoft製品なので、それなりに価格も高いので、お財布との相談も必要になるのが実情になります。