iPad Chromebook 併用する活用ではアプリの共通化を

iPad Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadとChromebookの両方を所持している場合では、活用方法も重要になりますが、どのように活用すれば良いのでしょうか?

いわゆる併用となる訳ですが、この場合では両方で共通して利用できるアプリを使うパターンが良さそうに感じます。上手く連携できれば併用もまんざらでもないと考えます。

とはいえ、可能ならば、同じ用途で利用できるガジェットは一本化した方が活用方法も困らなくなると思うので、自分にとって都合の良いタイミングで一本化した方が良いと考えます。

今回の記事は『iPad Chromebook 併用する活用ではアプリの共通化を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook 併用する活用方法

iPadとChromebookを併用する場合は、相互の不得意な部分や苦手とする部分を補完し合う使い方を行うのが最適な活用方法になります。

iPadで苦手な事をChromebookで行う

iPadの副問や苦手な部分には何があるのか?と言うと、長文の文書作成が挙げられます。一見すると、Apple純正キーボードケースも利用できるので得意なのではないかな?と思ってしまいます。

残念ながら、これは間違いなのでは?と感じます。確かに見せ掛けではノートPCと言っても過言ではないぐらいに似ていますが、中身が伴っていないのである。

特にそのように感じるのは、iPad標準の日本語入力。ローマ字変換すると、ぜんぜん的を得ていない候補が最初に出て来るのでイライラする事も多いです。

このような入力を伴う作業はGoogle日本語入力が利用できるChromebookが最適に感じます。

 

Chromebookで苦手な事をiPadで行う

それならばChromebookが苦手としている部分は何が挙げられるのでしょうか?安価で購入できるChromebookを購入した場合では非力なCPUを搭載しています。

非力なCPUの場合では重たい作業には不向きなので、ゲームプレイや動画編集も含めてグラフィックス関係の作業は行わない方が賢明の選択です。

ゲームに関して言えば、プレイはできるのですが、快適にという訳にはいきません。やっぱりそれなりのPC性能も必要になると思います。

そのため、動画編集・イラスト・デザイン・手書き入力といった作業は、iPadに担当させるのが最適です。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook 併用する場合は連携できるアプリも必要

iPad と Chromebook を併用する活用方法の場合では、相互に連携できるアプリも必要になります。何故か?と言うと、データ共有しないと時間が勿体ないからです。

OfficeはGoogle系が便利

iPad と Chromebook を併用する場合では、連携できるアプリも必要になりますが、具体的にはどのようなアプリが良いのでしょうか?

Chromebookで入力した文書をiPadで編集するといった事が出来れば問題ないので、基本的にはOffice連携が最適になります。

でも、この場合では両端末にOfficeをインストールする必要があるため、必ずしも最適とは言えません。そのため、iPadChromebook 双方で利用するのであれば、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートを利用するのが最適です。

 

iPad 活用方法!Google ドキュメント・スプレッドシートのレビュー
皆さん こんにちは! iPadを仕事や生活用途に活用する場合では、Officeアプリも利用する場合があります。この場合では、正規版Officeである Microsoft Office を利用するのか?それともOffice互換ア...

 

ファイル転送

写真などの画像ファイルを相互にやりとりする場合では、ファイル転送アプリを利用する事になります。この場合では、iPad 及び Androidで利用できるSendanywhereが良さそうに感じます。

でも、このアプリでは、iPadのストレージ内に保存されているPDFファイルを転送する事ができないため、PDFに関して言えば、別の手段を検討した方が良いと考えます。

因みにUSBケーブルでの連携は行えます。ChromebookにUSB Type-Cハブを接続し、USBケーブルを iPad Air に接続する事で、iPadのストレージにアクセスできるようになります。

 

iPad 活用方法!Sendanywhereメリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPadやPC、iPadからスマホ、又はその逆のパターンで画像や音楽ファイルなどを転送する場合では、ファイル転送アプリがあると便利です。 PCとiPad連携であればアプリを使わなくてもUSBケーブル...

 

デジタルノート

iPadとChromebookの両方で実際に使っているデジタルノートは、Microsoft OneNoteを利用しています。使い勝手はどうなんだろうか?といった感じになります。

たぶん、iPadで利用している時間の方が圧倒的に多い事も関係してか、Android版よりもiPad版の方が使いやすいと感じます。そのため、Android版はあまり利用していないのが実情になります。

 

iPad 活用方法!デジタルノート OneNote 使用レビュー
皆さん こんにちは! iPadでノートアプリを利用する場合では、無料 又は 有料アプリをApp Storeからインストールして利用する事になります。 無料だと機能面で満足できない場合が多く、有料だと機能面が満足できる場合...

 

iPad Chromebook 併用する活用ではOfficeアプリを一本化

今までは、iPad と Chromebook を連携利用するという考え方は有ったのですが、共に並び立つ併用という考え方はありませんでした。それでどのように変化が有ったのか?についての紹介になります。

WPS Office を iPadで利用

iPadで使うOfficeアプリは、メインで使っているWindowsノートPCで利用のWPS Office 2 のiPad版を好んで利用していました。

ずっとこのアプリを使っている事もあり、操作方法も慣れてしまったので、他に変更するのは面倒かな?というのが継続利用の1つになっています。

それに、Windows版のライセンスでiPad版も利用できるので便利に感じていたのも理由の1つになります。

 

ChromebookではGoogleのOfficeアプリ

Chromebookの場合では、長文の文書作成も便利に行えるため、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートを利用しているのですが、iPadとの連携を考慮した場合では、必ずしも最適という訳ではないです。

というのも、連携するにはExcel形式にダウンロードした上で、読み込むといった手間が発生するので、WPS Officeに合わせるのか?で大いに悩みました。

使い勝手としては、WPS Officeの方が良さそうに感じるので、今さら変更するの?といった感じ。何せ、メインで使っているOfficeも絡んで来るので本当に悩みました。

 

Officeアプリは一本化

Windows PCで利用しているWPS Office 2は変更しないで、iPadとChromebookで利用しているアプリは共通化する選択を行っています。

流石に3つのデバイスで利用しているOfficeが全てバラバラというのは非効率的なので、どうにかして一本化するのが賢明の選択。

本来であればメインで利用しているPCに合わせるのが最適なのですが、サブPCの用途では必ずしも合わせなく良いのではないか?という結論に到達。

 

iPad Chromebook 相互で使うアプリは共通化も必要

iPadとChromebookを併用する活用方法を選択した場合では、使用するアプリの共通化を行うのが賢明の選択になります。その理由としては、統廃合時に、どっちに選択しても困らないように準備しておく必要があるからです。

併用による活用方法は一時的

併用の場合では、共に並び立つ事になるため格好良いイメージになりますが、実際にはあまり良い選択ではないと思います。

用途的にも被りますし、被ってしまうと、実際の利用頻度も減少する事を意味するので、ベストな活用方法ではないと感じます。

とりあえず一時的には併用という選択でも問題ありませんが、やっぱり、いずれは一本化した方が良いと思います。

 

いずれ一本化が必要になる

併用する選択を行った場合では、遅かれ早かれ、「何でこんな無駄な事をやっているのだろうか?」という事実に、いずれ気が付く事になります。

この時に簡単にスパッとどちらか?一方を切り捨てる事ができれば何も問題ないのですが、簡単にはそれが出来ないと思います。何故なら、相互に利用しているアプリがあるからです。

そのため、いつでも一本化できるようにiPadとChromebookで利用するアプリを共通化しておくのが最適です。アプリを共通化しておけば、どっちの機種でも操作方法はあまり変わらないので決断できると思います。

 

同じ用途で利用できるガジェットは1つで十分

iPadとChromebookの場合は、タブレット端末とノートPCになるので、同じガジェットではないですが、同じ用途で利用できます。

そのため、用途の奪い合いが発生する事になるのが実情です。このようなガジェットは1つあれば十分に感じるため、いずれ統廃合して一本化するのが賢明の選択です。