iPadからChromebookに乗り換えるメリット・デメリット

スポンサーリンク
iPad Chromebook

 

皆さん こんにちは!

iPadとChromebook 両方とも所持していますが、どっちも同じ用途で利用できるガジェットになるため、活用方法に悩む展開も意外と多いのが実情です。

それならば、いっそのこと、どっちかに一本化するというのも1つの方法になりますが、それならばどっちに乗り換えた方が最適なのか?も重要です。

乗り換えたは良いけど、やっぱり必要になってしまったでは話になりまでんから検討も必要になります。

今回の記事は『iPadからChromebookに乗り換えるメリット・デメリット 』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook 同じ用途で利用できる

iPad と Chromebookの場合はタイプは異なりますが、一般的な使い方をするのであれば、だいたい同じ用途で利用できる関係性になります。

一般的な使い方とは?

ここで言う、一般的な使い方とは何なのか?と言うと、ネット閲覧動画視聴といった場合が想定されます。本来であれば、おそらくゲームも含まれると思うのですが含めていません。

その理由としては、ゲームとなると話は別になるからです。ゲームの場合はそれなりの性能が求められるので、iPad一択になってしまうのである。

Chromebookでもゲームできますけど、iPadと比べたら比較にならないぐらいの差があると思います。とはいえ、これは性能面も関係して来るので、iPad並に高性能なChromebookならばゲームプレイも全然OKです。

ネット閲覧の場合では、自分にとって有益に感じる情報を日々取り入れていると思いますから、スマホよりも大画面で閲覧できるのが魅力的に感じます。

 

同じ用途で利用できる

iPad と Chromebookは、だいたい同じ用途での利用する事ができます。どちらも基本的にはインターネットに接続して利用するパターンが多いので、ネット利用するのであれば、どちらでも基本的には問題ありません。

豊富なアプリ、2画面分割、スクリーンショット、Dockやシェルフ といった感じで、両方とも全く同じではないですが、同様の事ができるように対応しています。

異なるのは搭載されているOS 及び 操作方法ぐらいです。どっちの操作方法が自分にとって便利に感じるのか?又は、拡張性があるのか?で判断するのも1つの方法になります。

可能ならば、同じ用途で利用できるガジェットは2つ並び立つのではなく、どっちかに一本化した方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

iPadからChromebookに乗り換えるメリット

ここでは、同じ用途で利用できるiPadからChromebookに乗り換える場合のメリットについての紹介になります。とはいえ、そんなに大したメリットがない感じだったりします。

安価で購入できる

正直な話、iPadからChromebookに乗り換えるメリットは実はそんなに無いのではないか?と感じます。あえて言えば、初期投資に要する金額が挙げられます。

iPad Air や iPad Pro と比べると安価で購入できる場合が多いのがChromebook なので、お財布と相談しなくて済むのがメリットの1つに該当します。

でも、これは新規購入時のメリットであって、乗り換えた場合のメリットではないです。それならば改めてメリットは何かな?と思ったら、それはたぶん、iPadで苦手としている作業に対応できる部分かも知れません。

 

日本語入力が快適(ブログ執筆にも使える)

iPadからChromebookに乗り換えた場合のメリットになるのが、日本語入力の快適さが挙げられます。

iPadにSmart KeyboardやMagic Keyboardなどのキーボードケースをドッキング装着してノートPC化を行った場合ではイマイチに日本語入力が感じます。Chromebook は、文書作成やブログ執筆する場合に非常に快適な日本語入力が行えます。

但し、これには前提条件があり、メインで利用しているPCでGoogle日本語入力をIMEに設定している場合に限定されるのではないか?というのが個人的な見解になります。

その理由としては、メインとサブの両方で同じIMEを利用した方が違和感なく使えるので快適性を維持できるからである。キーボードのサイズや配置が異なっていても日本語変換さえ良ければ特に違和感なく使えます。

 

スポンサーリンク

iPadからChromebookに乗り換えるデメリット

iPadでは色々と便利に使えるけれども、Chromebookでは便利に使えないと感じる事も多いのが実情になります。デメリットを考慮すると、iPadからの乗り換えは現実的には厳しいです。

iPadでは便利に利用できるが、Chromebookで便利ではない

① ウィジェット
iPadでは全てのアプリがウィジェットに対応していないので必ずしも便利とは言えませんが、それでもウィジェットを利用すると配置方法も簡単なので便利に使えます。

それに対して、Chromebookは、基本的にChromeの拡張機能で対応できるようになっていますし、便利に使えるウィジェットも少ないので乗り換えると困る展開も予想されます。

 

② ピクチャ・イン・ピクチャ。
Youtubeで動画視聴する場合では、動画を見ながら何か別の作業も行う場合があります。この場合に便利なのがピクチャ・イン・ピクチャの機能。

iPadであれば、Safariブラウザで簡単にワンタップで行えますが、Chromebookの場合はちょっと手間が発生します。

 

③ ダークモード
iPadの場合では、コントロールセンターを開いて、ダークモードの切り替えボタンを登録しておけば、いつでも簡単にライトモードとダークモードの切り替えが行えます。

それに対してChromebookの場合は、基本的にGoogle Chrome の拡張機能での対応に限定されます。

 

物足りなさを克服するのが難しい

① Google Chrome
Chromebookの場合は、基本的にGoogle Chromeにて全ての作業を完結するPCなので、Chrome以外のブラウザを利用する事ができません。

その代わりにPC版が搭載しれており、拡張機能も利用できるようになっているのが、せめてもの救いかも知れません。それでも、「物足りなさ」を感じます。

 

② スマートウォッチ
スマホと連携活用する場合が多いスマートウォッチになりますが、iPadともBluetooth連携できる機種もあります。でも、Chromebookの場合は専用アプリが利用できないのである。

 

③ アクセサリー等
iPadの場合では、Apple純正アクセサリーも有りますし、魅力的に感じる豊富なアクセサリーもネット通販等で購入できるので、自分にとって最適に感じる物が見つかりやすいです。

 

iPad Chromebook 比較!メリット・デメリットで選ぶ
皆さん こんにちは! iPad と Chromebook 2in1タイプを購入する場合では、十分な比較検討を行うと思います。これを怠ってしまうと、買ったは良いけど活用方法で悩む結果に陥る場合が多いです。 それならば具体的...

 

iPadからChromebookに乗り換えない選択が最適

結論から先に言えば、iPadからChromebookに乗り換えるの選択は賢明ではないというのが個人的な見解になります。やっぱり不便に感じる方が多いと思います。

乗り換えない選択の理由

Chromebookに乗り換えるデメリットを考慮すると、1つ1つは大した事ではないのですが、それが毎日となると話は別になります。

毎日の日常生活での利用では、どれだけ簡単に利用できるのか?も重要な要素になるので、少しでも手間なく使えるガジェットの方が便利です。

この便利さに慣れてしまうと、他のOSを搭載したガジェットに乗り換えるのは厳しいので、現実的には乗り換えない選択で落ち着くことになります。

どうしても気になるのであれば、安価で購入できるChromebookを購入して併用するパターンも1つの方法だと思います。

 

一長一短はあるけどiPadの方が活用できる

色々と便利に使えるiPadだったとしても、不得意や苦手な部分も当然の事ながらあります。自分が求めている事ができないから、Chromebook等に求めるというのも理解できます。

実際の乗り換えた場合のデメリットを考慮しないで、乗り換えるのは相当なリスクを伴うので、やっぱりiPadが良かったという結果にならないようにしないといけません。

そういう意味では、iPadとChromebookを併用して、デメリットを実際に体験してみた方が結果として良い判断になるかも知れません。

でも、あまり良い選択とは言えませんから、Chromebook以外の選択も視野に入れた方が良いです。