iPadはイラスト&デザイン・ノート活用、Chromebookは?

iPad Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadとChromebookを所持していますが、iPadの場合は色々と便利に利用できているので、活用方法に悩んでしまうという展開が訪れた事は一度もありません。

それに対して、Chromebookの場合は、iPadとメインで利用しているWindows PCとで用途が被ってしまうので、活用方法に悩んでしまうパターンも実際にあります。

そんなChromebookはどんな用途に活用すれば最適なのでしょうか?とても興味深いです。

今回の記事は『iPadはイラスト&デザイン・ノート活用、Chromebookはどんな用途に活用? 』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook 使い道や活用方法で悩む

iPad や Chromebook の場合では、スマホやノートPCと用途が被りやすいので活用方法で悩んでしまう場合も多いのではないでしょうか?

iPadは活用方法で悩んだことはない

iPadに関して言えば、活用方法で悩んだ事はないと思います。厳密に言えば、悩んだ事もありますが、それはiPadを購入する前になります。

購入する前にある程度の用途を決めてから買っているので、購入後に悩む展開には至っておりません。購入前に一番悩んだのは、購入目的の用途が達成されてしまった場合はどうするのか?についてです。

この目的が喪失した場合への備えを予め用意してから購入に至ったので、それが幸いして保険はまだ使っていません。保険を用意しておくというのもどうかな?と思いますが、活用方法で悩んでしまうと、その分、余計な時間を費やす事になるので勿体ないです。

やっぱり、継続的にiPadを使うのであれば、購入目的で使うのが最適だと思います。

 

Chromebookは活用方法で悩む

Chromebookは、非常に残念な事に購入して直ぐに購入目的が達成されてしまったので大いに活用方法で悩みました。今でもこの選択は正しかったのだろうか?といった感じで自問自答します。

結論から先に言えば、とりあえずはiPadの苦手な部分を補完する役割にて活用する併用方法で落ち着いていますが、なんか用途的にイマイチに感じます。

用途がiPadとノートPCどちらにも奪われてしまう感じなので、併用というポジションは良くないのではないか?というのが、とりあえず的な結論になっています。

一時的には併用で問題ないですけど、これがずっと継続するのか?と言えば、たぶん難しいと思います。

 

スポンサーリンク

iPadはイラストやデザイン、ノート活用できる

iPadは、お絵かきツールとしても利用できるので、イラストやデザイン系の仕事 及び 趣味を持っている人にとっては最高の相棒になります。

イラスト・デザインの用途

Apple Pencilを利用して、イラスト・デザインする場合に活躍できるiPad。豊富なアプリも利用できますし、プロ仕様のイラストアプリも充実しているため、デザイン系の職種の場合では、趣味だけでなく仕事の用途にも活用できます。

趣味の用途だけでiPadを利用するのも1つの方法になりますが、全体的に考えると、ごく一部の時間のみを使っているイメージになるため、趣味プラスαの用途でiPadを活用した方が便利に使えます。

正に最適な用途と言った方が正解なのでは?と感じます。

 

ノートアプリを利用する用途

何だかんだ言っても一番便利に使える活用方法は、Microsoft OneNote for iPad に特化して利用する使い方。実際にはiPad標準のメモアプリも使っていますが、便利に使えます。

あと、ウィジェットも貼り付けているだけで、必要としている情報を収集する事ができるので、見る専門としての用途で使っています。

 

イマイチな活用方法もある

実際に何度も活用して特にイマイチに感じた活用は、iPadノートPC化になります。ロジクールFolio Touch を購入して、Surface Pro のように利用できるのですが、これがね・・・イマイチなのである。

先ず、重たいですし、iPadとドッキングするとメインで利用しているWindowsノートPCよりも重たいので、こんなの持ち歩けないよ!といった感じ。

持ち歩かないで自宅で利用する場合でも、入力作業がイライラするのである。キーボードに慣れていないという事情を考慮しても、さらに上回る変換のイマイチさ。iPad標準の日本語IMEが良くないと感じます。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー!使い勝手&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad Air 4 及び Smart Folio を購入して1ヶ月が経過しましたが、流石にiPad mini とは違って画面も大きくて使いやすいと感じます。 iPad mini 5も所持しているの...

 

Chromebookは、iPadとWindows PCとで用途が被る

Chromebookのポジションはどこら辺かな?と思ったら、iPadとメインで利用しているPCの中間に位置しているPCだと感じます。そのせいもあり、用途が被りやすいです。

iPadは、OneNote 活用をメインに使う

基本的にiPadはMicrosoft OneNote for iPad 及び Apple Pencilで利用するiPad標準メモを使う用途に特化しているため、活用方法に悩む事はないです。

仕事や趣味のまとめ的な用途でOneNoteを愛用しているため、使い慣れている事もあり、便利に活用できるのが便利に感じます。

特に便利に感じるのは、他のアプリから片道切符による一方通行にてデータ連携する勝手な差し込み挿入だったりします。

因みに、イラストやデザインの趣味はないので、この用途でiPadを利用していません。

 

Windows PCの用途

ブログ執筆も含めて、基本的には何でも、メインPCであるWindowsノートPCにて、用途は全て行っているので、これが無いと困ってしまう状態になります。

利用しているのは、魅力的に感じる Surface Pro ではなく、ごく普通のちょっと性能が良いノートPCです。自分の用途では高性能なCPUを搭載したノートPCは特に必要ないのである。

逆を言えば、高性能PCではないし、タッチ操作も行えないので、幅広い用途で活用できると言った方が良いかも知れません。

 

Chromebookの場合

ここで問題になるのがChromebook。ハッキリ言って、iPadの不得意や苦手な部分は、ちょっと性能が高いWindowsノートPCで代用できるので、Chromebookは活用方法に悩みます。

さらにはChromebookは、基本的にインターネットに接続していないと役に立たないので困る場面もあります。

結局のところ、iPadが苦手にしている作業を行う場合に特価して使っている場合が多いです。それは、つまり、iPadノートPC化の用途をChromebookで補完するパターン。

 

Chromebook 活用方法はiPadとの併用

iPadとメインで利用しているWindowsノートPCの中間的なポジションに該当するChromebookの便利な活用方法としては、たぶん併用しかないのでは?というのが個人的な見解になります。

iPad 併用する場合

ズバリ!iPadの苦手な部分は日本語入力になるため、この用途をChromebookで補完する活用方法となります。でも、実際にはこれだけでは用途的に少ないため、Chromeブラウザでネット閲覧や動画視聴の用途にも使うのが賢明の選択になります。

この2パターンであれば、iPad 及び Windows PC と上手く棲み分けを行う事ができるため、併用も可能になるのではないか?というのが個人的な見解になります。

現在は、正にこの用途で実践しているので、今の所はどうにか回転しています。でも、メインPCで全部行えてしまうので、リビングで利用するサブPCの用途になっている場合が多いです。

 

iPad と Windows PCに集約が最適な活用方法

筆者の場合は、これといった便利な活用方法を見出すことができないので、自分にとって都合の良いタイミングで、iPadとWindows PCに集約しようと考えています。

iPad と Windows PCの中間的なポジションに該当するPCは必要性に疑問符が出るといった方が正解になります。確かにあれば便利なのですが、便利だけでは良い活用方法ではありません。

とりあえずはiPadノートPC化の用途でChromebookを活用する使い方を行い、最適なタイミングが訪れたら集約するパターンとなります。