iPad Chromebook 比較!仕事に活用できるのはどっち?

iPad Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadとChromebookはどっちの機種が仕事に使えるのかな?と思う場合も有ります。この場合ではどのような判断基準を行えば良いのか?悩むと思います。

iPadの場合だと本体価格やApple純正アクセサリーも含めてると、それなりの高い金額になってしまうので、お財布との相談も必要になります。

それに対して、Chromebookの場合では、お財布との相談が必要ない価格帯で購入できる場合が多いので、魅力的に感じるのでは?と思います。

でも、魅力的に感じるというだけで購入してしまうと活用方法で苦労するパターンも実際には多いので注意も必要になります。

今回の記事は『iPad Chromebook 仕事に活用できるのはどっち?の機種なんだろう?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook 両方とも魅力的なガジェット

サブPCを購入する場合では、iPad と Chromebook どっちにしようかな?と悩む場合もありますが、この場合ではどっちが魅力的なガジェットなのか?も重要になります。

iPadは高いけど人気がある

安価で購入できる無印iPadもシリーズの中に含まれていますけど、一般的に便利に使うのであれば、USB Type-Cが搭載されている iPad Air 又は iPad Pro が良いと感じます。

これらの機種はそれなりに価格も高いですし、魅力的に感じるアクセサリーも含めると、それももう立派な金額になってしまいます。

でも、人気がありますから不思議と欲しくなってしまう展開になるのである。それも豊富に利用できるアプリがあるからかも知れません。

 

Chromebookは安価で購入できる魅力

Chromebookの魅力的に感じる部分は何があるのか?と言うと、iPad Air よりも安価で購入できる場合が多いという部分に尽きます。

それ以外に魅力的な部分は有るのかな?と考えると、「うーん」何があるかな?といった感じ。というのも、このPCの場合、インターネットに接続していないと使い物にならない場合が多いので、iPadと比べると魅力的に物足りなさを感じます。

あえて言えば、Androidスマホで利用できるアプリがChromebookでも使えるのも魅力的かも知れません。

 

スポンサーリンク

iPadは、仕事に活用できるのか?

iPadはとても人気のあるタブレット端末なので、仕事にも利用している場合も多いのではないか?と個人的に考えます。でも、本当に仕事で便利に使えるのかな?と思ってしまいます。

iPadの特徴

① 高性能
高性能なCPUやグラフィックを搭載している事もあり、とても性能の高いタブレットPCになります。

 

② デザイン系に強い
お絵かきツールとしての用途にも向いているので、オプションのApple Pencilを利用した使い方がとても便利に使えます。

 

③ ノートPC化
Apple純正のSmart Keyboard や Magic Keyboard をドッキング装着すると、ノートPCのように利用できます。

 

iPadの得意・不得意な部分

① 手書き入力は得意
iPadでは、Apple Pencilを利用できる事もあり、手書き入力お絵かきといった作業は得意中の得意になります。

 

② ゲームも得意
iPadは一般的なノートPCよりも高性能なCPUを搭載しているため、ゲーム用途にも向いています。

 

③ キーボード入力は不得意
iPadは、Apple純正のSmart Keyboard や Magic Keyboardを利用して、ノートPCのように利用できますが、キーボード入力は不得意な部分に該当します。

見た目では得意なんですけれども中身が伴っていないのである。特に日本語入力を行う場合は不向きになるのでは?と感じます。

 

仕事に活用する場合(iPad)

iPadを仕事に使うのであれば、提案型の営業 又は デザイン系の仕事に向いています。ノートPCのように利用できますが、この用途には向いていません。

仕事で使う目的で、魅力的に感じるキーボードケースを購入しなくても良いのではないか?と思います。

 

Chromebookは、仕事に活用できるのか?

Chromebookを所持している場合では、どのような用途に使っているのでしょうか?iPad Air よりも安価で購入できる事もあり、性能的には低スペックに該当する場合が多いです。

Chromebookの特徴

① 安価で購入できる
iPad Air よりも安価で購入できる場合が多いため、お財布と相談しないで購入できるメリットがあります。

 

② 非力なCPU
安価購入できるChromebookの場合は、搭載されているCPUが非力な場合が多いです。CPUも含めて性能が低スペックの場合は重たい作業には向いていません。

 

③ データはクラウドに預ける
基本的にChrome OSの場合は、データをクラウドに預ける使い方になります。その代わりに起動に掛かる時間はとても早いです。

 

④ Google Chrome
Chromebookの最大の特徴として、挙げられるのがGoogle Chromeになります。基本的に全ての作業をChromeブラウザで完結するためのPCとなります。

Androidアプリにも対応していますが、全てのアプリに対応している訳ではありません。

 

Chromebookの得意・不得意な部分

① 日本語入力は得意
Google日本語入力をメインで使っているPCでも利用している場合に限りますが、とても快適に使えます。長文入力でも全然問題ありません。

 

② ゲームは不得意
Chromebookは、iPad Air や iPad Pro よりも安価で購入できる場合が多いため、非力なCPUを搭載している場合が多いです。ゲームプレイなどの用途は、非力なCPUでは向いていないと思います。

 

③ ネット利用は普通
ネット閲覧や動画視聴といった作業に関して言えば、Google Chromeを最大限活用できるので、一般的な事は何も問題ありません。

ChromeブラウザのPC版を搭載しているので拡張機能も利用できるのが便利に感じます。

 

仕事に活用する場合(Chromebook)

Chromebookを仕事に活用するのであれば、得意な部分を活かすのが賢明の選択になります。長文などの入力作業に利用する使い方であれば仕事の用途にも十分に対応できます。

但し、インターネットに接続できる環境である事が求められます。ネットに接続していない場合は役に立ちません

 

iPad Chromebook 比較!IdeaPad Duet レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air を購入する時に大いに悩んだなのが、Chromebook になります。用途的にどっちを購入した方が良いのか?大いに悩みました。 特にノートPCのようにキーボード入力も想定していたので...

 

iPad Chromebook 仕事に活用できるのか?の比較

iPad と Chromebook どっちが仕事に使えるのか?という比較をしてもしょうがないというのが個人的な見解になります。こればっかりは個々の仕事内容も異なるので仕事に使える場合もあれば、活用できない場合もあるからです。

iPadはどのような仕事に向いているのか?

① デザイン系
iPadはデザイン系のアプリも豊富にありますし、手書きできる便利ツールであるApple Pencilも利用できるので、お絵かき等のイラスト(デザイン系)の仕事をしている場合は十分に活用できます。

 

② 営業系
営業用ツールとして実際に利用している企業も多いので、営業にも向いています。特に顧客に提案する用途には最適に感じます。

 

③ 出張の用途
一見すると、出張の用途にも対応できるのではないか?と考えてしまいがちになりますが、たぶん不向きなのではないか?と個人的に考えます。

紙のノート代わりに利用するのであれば問題ないですけど、キーボードケースをドッキング装着して外出先で入力作業を行う用途に不向きです。

 

Chromebookはどのような仕事に向いているのか?

iPadノートPC化のデメリットは、iPad本体とドッキングするとノートPC並の重量になってしまいます。さらには、日本語入力もイマイチに感じる場合が多いので、そこまでしてiPadに拘る必要はないと断言できます。

それに対して、Chromebookは、Google日本語入力が特に快適に利用できるので、文書を作成する作業に向いています。

でも、インターネットが利用できない場合では、全くではないですけど役に立たない場合が圧倒的に多いため、オフラインでの活用は不向きになります。

 

総合的な結論

iPadやChromebookは一長一短があるので、仕事に利用するのであれば、Windows PC 又は Macbookなどが良いのではないか?というのが結論になります。

何だかんだ言っても、PCの方が便利に使えるので、PCの不得意や苦手な部分を補完できる使い方が行えるガジェットがあると便利に活用できると思います。

それがiPadなのか?Chromebookなのか?は個人差があるので一概には何とも言えません。