iPad Chromebook 比較!ウィジェット 追加&使い方(カスタマイズ)

スポンサーリンク
iPad Chromebook

 

皆さん こんにちは!

スマホでウィジェットを利用している場合も多いと思います。ホーム画面に貼り付けているだけで、必要としている情報を簡単に収集できる便利ツールになります。

このウィジェットをiPadやChromebookでも利用できるのですが、それぞれ配置方法が異なるのが特徴の1つになります。それもその筈で、異なるOSなので仕方ないといった感じです。

それならばどっちのウィジェットが便利に利用できるのか?というのも気になると思います。

今回の記事は『iPad と Chromebook ウィジェット追加 及び 使う方法(カスタマイズ)の比較』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook ウィジェットについて

ウィジェットを利用できると配置しているだけで必要に感じている情報などを見たり、電卓等で計算できたりするので便利な機能だと思います。

iPad

iPadの場合では、ホーム画面にウィジェットを固定して表示したり、固定しないで別々に表示したりする事ができるようになっています。

また、同じサイズのウィジェット同士を重ねて表示するスマートスタックにも対応している場合もあるため、複数のウィジェットを効率的に配置できるのも便利に感じます。

とはいえ、全てのアプリがウィジェットに対応している訳ではないので、利用したいのに、自分にとって最適に感じる物が見つからないといった事も意外と多いです。

 

Chromebook

Chromebookでは、Chromeブラウザに拡張機能を追加することでウィジェット表示に対応できるようになっています。

標準ではウィジェット表示に対応していないのである。しかも、iPadのようにホーム画面(壁紙のページ)に配置するのではなく、あくまでもChromeブラウザ内のタブの中にウィジェットを配置する事になります。

ちょっと違和感を感じると思いますが、そもそもChromebookの場合は、Chromeブラウザで何でも行うPCなので、このような表現方法になるのである。

 

スポンサーリンク

iPad ウィジェットを追加&使う方法

ここでは、iPadでウィジェットを追加 及び 編集・削除する場合の操作(カスタマイズ)方法についての紹介になります。

iPad ウィジェット 配置する設定

iPadでウィジェットを利用する場合は、ホーム画面に固定して表示するのか?それとも固定しないで利用するのか?を設定するのが賢明の選択になります。

どっちが良いのか?は使用者の判断にお任せになりますが、どっちでも特に問題ないと思います。因みにこの設定は何処で行うのか?というと、

設定を開き、「ホーム画面とDock」をタップすると、アイコンの数を多く表示するのか?又はアイコンを大きく表示するのか?を選択できるようになります。

アイコンを多く」に設定すると、ウィジェットが固定化されます。「アイコンを大きく」に設定すると、ウィジェットとホーム画面は固定しないで、別途ウィジェットエリアが表示されます。

 

iPad ウィジェットの配置 及び カスタマイズ方法

① 一番下のウィジェット
ホーム画面でウィジェットを表示した上で、一番下のウィジェットを表示します。

 

② 編集
一番下に小さく「編集」が表示されるのでタップします。

 

③ +をタップ
画面左上に+が表示されるので、をタップします。

 

④ ウィジェットを編集&削除
既に表示してあるウィジェットを削除したい場合は、削除したいウィジェットを選択して長押しすれば削除できるようになります。

別のウィジェットを追加する場合は、画面右側に表示されているウィジェット検索画面を上にスワイプ 又は 検索窓でキーワード検索します。

ウィジェットに追加したいアプリを選択(タップ)すると、ウィジェットが追加できるようになります。

 

iPad 使い方!ウィジェットをホーム画面に固定&カスタマイズ方法
皆さん こんにちは! iPadではスマホと同様にウィジェットに対応したアプリを利用する事が出来ます。何を配置するのか?個人差があるため、一概には何とも言えないと思います。 自分にとって最適に感じるウィジェットを配置する事...

 

スポンサーリンク

Chromebook ウィジェットを追加&使う方法

ここでは、Chromebookでウィジェットを追加 及び 編集・削除する場合の操作(カスタマイズ)方法についての紹介になります。

Chromebook ウィジェットを配置できない

Chromebookでウィジェットを利用したいな~と思った場合も有るのでは?と思います。Chromebookではとても残念な事にホームの壁紙の画面にウィジェットを配置することができないのである。

でも、Chromeブラウザの拡張機能を利用することでウィジェットに対応できるようになります。但し、あくまでもChromeにて対応する事になるため、基本的に壁紙では利用できません。

 

Google Chrome の拡張機能で対応できる

Chromebookでは基本的に、何を行うにもGoogle Chromeで完結するという考え方になっているため、ウィジェットを利用する場合は、Chromeの中に表示するというパターンで対応できるようになっています。

この場合は拡張機能を追加する事で、ウィジェットを表示できるようになります。拡張機能をタップすると、Chromeのタブの中にウィジェットが表示されるというイメージになります。

画面サイズによっても表示方法が異なります。というのも、13インチのWindows PCで表示する場合では縦3列表示なのですが、10インチのLenovo IdeaPad Duet で表示すると縦2列表示となります。

実際に利用している拡張機能は「ProductivityTab – Custom Homepage Dashboard」になります。

 

ProductivityTab – Custom Homepage Dashboard

① Chrome
Chromeを開いている状態で、右上にあるメニューをクリックし、その他のツールの中にある拡張機能を開きます。

 

② Chromeウェブストア
拡張機能を開くと、左上にメニューがあるので開いて、一番下のChromeウェブストアをクリックしてアクセスします。

 

③ ストア検索
「ストアを検索」に欄に「ウィジェット」と入力し、一覧表示されるので、左側のメニューから拡張機能をクリックします。

 

④ 拡張機能をみつける
ProductivityTab – Custom Homepage Dashboard が下の方に表示されるので、これをクリックすると、「Chromeに追加」が表示されます。

 

⑤ Chromeに追加
Chromeに追加すると、利用できるようになります。ウィジェットを編集する場合は、右上に表示されている三本線のメニューをクリックするとウィジェットが表示されるので、ここをクリックします。

 

⑥ ウィジェット選択
ウィジェット一覧が表示されるので、気に入った物を選択してクリックすると、配置サイズを選択できるので、最小可変にカーソルを合わせてドラッグ&ドロップすると好きな場所に配置されます。

 

iPad Chromebook ウィジェットの使う場合の比較

ここでは、iPad と Chromebook のウィジェットをカスタマイズする場合の比較についての紹介になります。OSが異なるが故に表現方法も異なるのが実情になります。

カスタマイズ 及び 便利なのは iPad

OSが異なるが故にウィジェットを使う場合の表現方法も違う訳ですが、この部分は純粋に比較する事はできません。その上で、この部分以外での比較とさせて頂きます。

Chromebookの場合はGoogle Chromeの拡張機能を追加する事で、ウィジェットにも対応できるようになりますが、iPadでは、そもそも標準ウィジェット対応しているため、iPadの方が使いやすいと思います。

ちょっとChromebookの場合は拡張機能という方法に辿り着くまで時間を要する感じなので、ハードルが高めに感じます。

 

Chromebook のウィジェットはイマイチ

実際にChromeに拡張機能を追加して、利用していますが、あまり便利に使えないと言った方が正解になります。というのも、日本語表示に対応しているのが少ないからです。

天気予報や時計、カレンダーなどは英語表示で何ら問題ありませんが、その他のウィジェットはどうかな?と感じます。

結局のところ、電卓やニュース、天気といった物しか配置していないのが実情になります。